ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

望水(伊豆)の宿泊記①ムーンロードスタンダードの部屋紹介

半年間の海外勤務を経て帰国したたーちゃん(夫)。「温泉行きたい!」というリクエストにより、兼ねてから気になっていたこちらのホテルへ宿泊です。感想を一言で述べると「コスパ高すぎ」です。

望水(伊豆)とは

伊豆にある温泉です。

  • 一休評価4.56
  • 伊豆熱川駅から送迎あり、全33室
  • 今回はムーンロードスタンダードルームに宿泊
  • 2名2食ガゼボエステ45分付61,655円

 

一休ダイヤモンド特典は以下。

  • 「SUNDARI(スンダリ)」のバスアメニティセット
  • HEAVENLY SPA GECCAオリジナルボディローション

>>一休から望水を予約する

望水(伊豆)の宿泊記 チェックイン

お家から3時間半、車を走らせやっと到着。なんとなく「東京からだと、箱根も熱海も伊豆もそんな変わらん」と思っちゃうのですが、全然違いますよね・・・果てしなく遠い。

到着すると「鍵貸してください」と、そのまま駐車してくれました。なんとバレーパーキングがデフォルトです!早速びっくり。ハレクラニ以来です。

ウェルカムティーは柚茶的なものでした。

ロビーは最上階の8Fに位置しています。同じく伊豆・風の薫と同じ構造です。確かに、入ってすぐに海がパアッと見えるとテンション上がりますね。

予約していたプライベートガゼボの利用時間が迫っていたため、ササッと館内説明してもらいました。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード 部屋紹介

本日のお部屋はこちら、2020 年にリニューアルされた「ムーンロードルーム」の「青野」というお部屋。ちょうど先日、青野くんの幽霊の漫画を読んでいたところで、ゾッ。

じゃん。部屋に対して玄関が超広いと思いました。館内は、写真にある軽い下駄みたいなもので歩けます。見切れてますが、除菌シート(新品)が丸ごと置かれてて贅沢。

お部屋の全貌はこんな感じ。海しか見えない窓が特徴。ムーンロードとはそのまま月の道、満月の夜には月に反射する1本の道が海に浮かぶそう。この日は満月の3日ほど前だったのですが、一晩中曇っていて月とは会えず・・・。

月見るヒマないほど、宿泊体験が充実していたので満足ではあります。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード ミニバー

まずはお部屋入って左手のミニバーから。広くてなんだか仰々しい雰囲気も感じます。

目を引くのがど真ん中に鎮座するこちらのお茶っ葉。香りを楽しむためのものらしい。贅沢です。酔っ払って寝る直前に焚いてみました。ストンと眠りにつけたのは、香りのおかげなのか、アルコールのおかげなのか。

右手にはネスプレッソとお水です。水がDHC製。たぶん近隣にはDHCが運営する赤沢温泉ホテルがあるからでしょう。部屋に現物のDHC製品がたっぷり置いてあるという温泉。行ってみたいものです。

ネスプレッソはこちらの4カプセル。ガゼボ行ったり、エステしたり、ラウンジでお酒飲んだり、イベントたくさんで飲むヒマなく。

冷蔵庫内はこんな感じ。全て有料です。しかし、このフロアの宿泊者が食事前に利用できるラウンジでは、この辺りのドリンクが無料提供されていました。ラウンジについては次回詳しく紹介します。

その上にはホテルの推しお土産。お腹が空いて空いてしょうがないたーちゃんは、右のハコ(中身はクッキー)に手を出していました。1,000円くらい。

その下はお茶セット。こちらも忙しさを理由に手をつけず。

ちなみにお茶セットの下には電話&メモ。ガゼボエステの用意ができた時にコールしてくれました。

さらに空っぽの冷蔵庫も用意されています。お酒持ち込みで部屋飲みするにも◎ですね。

ミニバーのお隣にはテレビ。朝、ご当地テレビみたいなのを流していると、カワイイご当地アナがドローンの体験をしていました。話題になってるわりに、実際に飛ばしてるのって見たことないかも。

お隣にはBOSEのスピーカー。ヒーリング系のCDが置かれておりました。

ソファはこんな。 スエードっぽくて居心地良い。

右に見切れているのがクローゼットです。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード クローゼット

クロゼットの中身はこんな。

棚の上段にはエステセット。脱毛で履く紙パンツ、バスローブ、タオルなどがセットになってます。事前にこちらに着替え、エステ会場へ向かうシステム。エステシャンの人がお部屋まで迎えに来てくれました。

下段。足袋と温泉用の袋。びっくりなのが「ソックスクリーニングサービス」。袋に入れて靴下を出しておけば、洗って戻してくれるそう。臭い靴下バッグに入れるの嫌だし、良いかも。あ、わたしの足は臭いませんよ。たーちゃんの。

その下は羽織。2カラー。

さらに下には浴衣です。なんとなく、割り箸みたいな柄・・・。

ちなみにロビーにはこんな感じの貸し浴衣(有料)もありました。館内用というよりは、街歩きしたい人にオススメしてる感じでした。

お部屋に戻りましょう。お風呂セットにはこちらが含まれていました。アレコレ自分で用意しなくて良いので、大変便利。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード ベッドルーム

さてさて本丸のベッドルーム。絵画のように海が一望できます。しかし景色はここから見るのが一番よく・・・

近づくと、こんな感じの駐車場ビュー。このお部屋は2Fなので、車に乗っている人と目が合う距離です。

ベッド横には読書灯。コンセントは頭の上に。マットレスが柔らかめに感じました。

窓から見るとこんな感じ。忍者のように柱に隠れるたーちゃん。まだまだ甘いな、丸見えです。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード バスルーム

最後にお部屋のトイレとお風呂を。正面がトイレの扉、その隣が全身鏡。全身鏡があるのってほんとにポイント高いです。

おトイレはこんな。最近のトイレ、入った瞬間にビュン!とフタが開くもんで、どうしても開きっぱなしの写真となってしまう・・・。お香的なものが置かれて良い香りのお手洗いでした。

追加ロールは大根の神様みたいな袋に包まれてました。

洗面所兼脱衣所です。大浴場があるためお部屋にはシャワースペースのみの仕様です。

アメニティがこちら!SUNDARI!アーユルヴェーダコスメとのことで、アジアンな香り。こだわりとセンスの良さを感じます。ちなみにエステでもスンダリアイテムが取り入れられてました。

さらに珍しい、爪研ぎまで。ネイル系サービスはペニンシュラでネイルドライヤーを見た時ぶりかも。

横の木箱にはこちら。コットン・綿棒・ヘアキャップ、手前にあるのはあぶらとり紙でした。

ドライヤーはパナソニック

タオルは下の棚に入れられてます。ちなみにガゼボや大浴場にもタオルがたっぷり置かれているので、お部屋から持っていく必要はありません。

こんな感じなシンプルシャワールーム。異様に狭いということもなく、それなりに快適に使えそうです。

シャンプーはホテル内スパ「HEAVENLY SPA GECCA」のオリジナル。柑橘の香り。オーガニックだそうです。

一休特典では、このスパのボディクリーム&SUNDARIアメニティ追加1セットをいただきました。ボディクリームは250mlと超大容量、アメニティもこれだけあれば2週間くらいは持つ。ナイスな特典でした。

写真右手の飴セットは、お土産とのことでおそらく全員にプレゼントしてました。

望水(伊豆)の宿泊記 ムーンロード 部屋紹介 まとめ

お部屋の滞在時間が比較的短かったのですが、それでもこのムーンロードルームを選んでよかったなーと思いました。リニューアルされてて、清潔感がありまくり。

ちなみにこのホテル、全てオーシャンビュー。以下の部屋タイプがあります。

  • スタンダード
  • デラックス
  • ジュニアスイート
  • スイート
  • ムーンロード

 

(おそらく)ムーンロードがリニューアル済で、ムーンロードの中にもスタンダード、デラックス、スイートがあります。客室によって部屋食が選べたり、ラウンジが使えたり、色々サービスが異なるようです。

>>一休から望水を予約する

次回はお食事をご紹介。価格に対してサービスがすごいので、料理で経費削減してるのかな・・・と邪推してしまいましたが、全くそんなことはなく。美味しかった〜。