ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の宿泊記①都心の温泉ホテル・ダブルルーム紹介

札幌都心にいながら、登別の温泉を楽しめる。朝は旅館のような豪勢な和朝食。そんなホテルに宿泊してきました。系列店が新宿にもあって、聞き覚えがある人も多いのでは。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌とは

f:id:yuka_1:20211114161655j:plain

札幌にあるホテルです。

  • 一休評価4.4
  • 札幌駅徒歩13分、全182室
  • 今回はダブルルームに1名宿泊
  • 1泊1名朝食付10,492円

 

朝食がとても豪華&美味しいので、予約するなら朝食付プランがおすすめです。

>>一休からONSEN RYOKAN 由縁 札幌を予約する

>>楽天トラベルからONSEN RYOKAN 由縁 札幌を予約する

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の宿泊記 チェックイン

札幌駅からのんのんのんのん、ゆっくり歩く。途中、旧道庁の赤れんがなども見えて気持ちが良い。駅から徒歩13分ということで、けっこう距離があります。ふぅ、到着。

f:id:yuka_1:20211114161708j:plain

大学生くらいに見えるカワイイ女性に丁寧に説明を受ける。左手からルームキー、中央が朝食券、右手は女性用の大浴場入場のために必要なキーとのこと。ルームキーは木の質感で素敵です。

f:id:yuka_1:20211114162011j:plain

「朝になると、あちらのドアが開きます。朝食会場ですので、7:00~10:00で好きな時にお越しください」とのこと。はーい。

f:id:yuka_1:20211114161714j:plain

待合スペースとなるのは、こんな囲炉裏っぽいコーナー。和モダンという言葉がぴったりです。

f:id:yuka_1:20211114161720j:plain

エレベーター内の表記がおしゃれ。由縁の運営会社は銀座のMUSI HOTEL(無印のホテル)も運営しているらしく、妙に納得。字体が無印っぽいというか。

f:id:yuka_1:20211114161727j:plain

アサイン頂いたのは7F。12Fまであるので中層フロア。

f:id:yuka_1:20211114161735j:plain

712号室、ダブルルームへの宿泊です。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の宿泊記 ダブルルーム 部屋紹介

カードキーをピッとして、オープンです。入ってすぐはこんな感じ。「温泉旅館」というだけあって、お靴を脱ぐ形です。しかし洗面台とトイレが土足になっており、使い勝手がとっても悪い。

f:id:yuka_1:20211114161741j:plain

こんな感じの下駄風ビーサンもあり。温泉行くとき便利でした。

f:id:yuka_1:20211114161829j:plain

お部屋はこんな。20㎡とのこと。ベッドですが超ロータイプ。お年寄りに優しい...かと思えば、温泉は段差ありまくりで、そういう訳でもなさそう。ちなみに客層もかなり若めな印象です。

f:id:yuka_1:20211114161842j:plain

ライティングが良い感じですね。ホワンと暖かいオレンジ色にほっこりする。

f:id:yuka_1:20211114161835j:plain

温泉コンセプトなので、パジャマでなく浴衣が置かれます。ペラペラビジホの浴衣とは違い、しっかり目。足袋もあり。

f:id:yuka_1:20211115165358j:plain

ベッド脇はこんな感じ。コンセントと電気スイッチ系、電話が並びます。

f:id:yuka_1:20211114161855j:plain

几帳面に中央に並べられたボールペンとメモ帳。これ、掃除係の方用の置き方マニュアルとかあるのかな。あるんだろうな。

f:id:yuka_1:20211114161848j:plain

テレビはベッド正面に収まっておりました。

f:id:yuka_1:20211114162004j:plain

広縁があるのが温泉宿っぽい。しかしテーブルが低すぎる&ソファから離れすぎているため、PC作業はおろか書き物などもしにくいです。このスペース、コンセントもなく、非常に不便。

f:id:yuka_1:20211114161907j:plain

景色はこんな。高層階を選択すれば、緑も見えてもうちょいマシな展望になるようです。

f:id:yuka_1:20211114161919j:plain

ミニバーはこちら、写真右手のコーナーに。

f:id:yuka_1:20211114161924j:plain

お茶2種類のほか、お菓子も置かれておりテンション上げ。くるみ餅とごぼうさんというスナック菓子。どちらも道産。翌日会ったお友達へのお土産にしました。

f:id:yuka_1:20211114161913j:plain

冷蔵庫にはお水が2本。常温水が好きなので、取り出ししばらくお部屋に置く。

f:id:yuka_1:20211114161936j:plain

クローゼットがない代わりに、玄関右手にハンガーがあります。厚手の羽織もありますね。コンクリ造りのため、冬は館内寒いのかもしれない。

f:id:yuka_1:20211114161747j:plain

洗面台はこちらです。このお部屋の超・不満点が、部屋に鏡がここにしかないこと!お化粧用のミニミラーもなければ、全身鏡もない。後述しますがシャワールームも鏡なし。座って化粧もできず、全身チェックもできず、大変不満。怒るレベル。

f:id:yuka_1:20211114161805j:plain

オリジナルラベルの貼られた除菌ミスト。これよりまず、鏡を置いてくれ。

f:id:yuka_1:20211114161752j:plain

コップとフェイスタオルはこちらに収まります。

f:id:yuka_1:20211114161810j:plain

↑の下段の箱にはドライヤー。モッズヘア。かなり珍しい気がします。宿泊施設で初めて見たかも?

f:id:yuka_1:20211114161822j:plain

その下にはアメニティが収納されておりました。歯ブラシ・カミソリ・ブラシ・綿棒。必要最低限という印象です。

f:id:yuka_1:20211114161759j:plain

温泉行く時用のカゴバッグもありました。バスタオル・ボディタオルはこちらに。そのまま行けば良いので楽ちんです。

f:id:yuka_1:20211114161816j:plain

玄関入ってすぐ左手がお手洗い&シャワールーム。シャワー使う場合は、脱衣スペースがそのままトイレとなってしまうので、たぶん不便。

f:id:yuka_1:20211114161930j:plain

シャワールームはこんな感じ。温泉宿にたまにある、「宿泊客は全員、大浴場に行くでしょう」という思想で作られたような漫喫並の省スペース。

f:id:yuka_1:20211114161957j:plain

シャンプー類はホテルオリジナル。大浴場のも確か同じものが置かれていました。

f:id:yuka_1:20211114161950j:plain

という感じで、機能性やや低め、雰囲気良好なお部屋でした。

ONSEN RYOKAN 由縁 札幌の宿泊記 部屋紹介 まとめ

ちょっと不満が多くなってしまったかも。まあ、「洗面台&トイレの土足ウザ」と言いましたが、非潔癖なわたしはトイレも平気で裸足で行ったし、「シャワーザコw」と言いましたが、大浴場を使うのでシャワールームはショボくて構わない。そんな程度の不満です(ただし鏡はどう考えても置いた方が良いと思う)。

都心にいながら温泉宿の雰囲気をバッチリ出しているのは、ホントにすごいと思います。ちゃんと温泉だし。

>>一休からONSEN RYOKAN 由縁 札幌を予約する

>>楽天トラベルからONSEN RYOKAN 由縁 札幌を予約する

お次は大浴場&豪華朝食をご紹介。朝食は一切の不満なし!美味しかった〜。