ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

ルマンジュトゥーに行ってきた。ミシュラン2つ星ディナー紹介

ゆったりマダムと紳士なムッシュが集う店。そんなイメージの憧れのフレンチ、ルマンジュトゥーに行ってきました。イメージ通りの客層で、とても居心地よかったです。

ルマンジュトゥーとは

f:id:yuka_1:20210830192203j:plain

神楽坂にあるフレンチです。

王道・コッテリどっしりフレンチをいただけました。

ルマンジュトゥーで食べたもの

緊急事態中につき、20時までの営業。ということでスタートは17時より。1階は厨房、2階にテーブルが並びます。全14席、温かな雰囲気です。

f:id:yuka_1:20210830192211j:plain

ドリンクはノンアルのみ。わたしはスパークリング、たーちゃんはビール。わたしがスパークリングを注文した直後、他の常連客にドリンク相談をされたスタッフが「ここだけの話、スパークリング(わたしが頼んだやつ)よりはこちらがオススメです」との声が。

むー、丸聞こえなのですが…。しょぼりん。スパークリング、十分美味しく感じたのですが、この後はお水で通しました。

f:id:yuka_1:20210830192219j:plain

テーブル横にはグラッパなどの蒸留種たち。

f:id:yuka_1:20210830192229j:plain

最初の1品はこちら。函館の雲丹のクレームブリュレ。雲丹のピューレに炙ったウニが乗せられたもの。美味しいのですが、なぜ常温なのだろう?熱々か冷たい方がより良い気がした。

f:id:yuka_1:20210830192238j:plain

2品目。写真だと何が何だかですが、ゴボウです。ゴボウに、トリュフとソースが乗せられます。ソースはビーツなど野菜を煮詰めたもの...と伺った気がする。日本の秋なイメージの滋味に富むお皿。

f:id:yuka_1:20210830192301j:plain

3品目。コンソメジュレ。鮑がゴロンと入ります。

f:id:yuka_1:20210830192308j:plain

つぶつぶ、ジョリジョリ。ついこないだ、似たよーなの食べたなーと思い出す。豊かな食生活を送っていることを再認識。感謝です。ちなみにこないだの方が美味しく感じた。

f:id:yuka_1:20210830192316j:plain

パンは冷ため、あまり手が進まず...たーちゃんがわたしの分も食べてました。

f:id:yuka_1:20210830193109j:plain

しかし、バターはびっくりしちゃうくらい美味しかった。

f:id:yuka_1:20210830193116j:plain

4皿目、イサキです。駿河湾産って言ってた気がする。カリッと焼かれた皮と、しっとり白身。胡椒の効いたクリーミーソースを絡めます。こりゃ感動!美味しいです。

f:id:yuka_1:20210830193123j:plain魚の下にはカブや菜の花などの野菜たち。不自然な二層のこちらは、ズッキーニ。苦味などなく、シャクシャク軽快な噛み心地。

f:id:yuka_1:20210830193129j:plain

5皿目、フォアグラコンフィ。ねっとり、贅沢な味わい。中央にかかるのは赤ワインソース、左の深緑はほうれん草、右の真っ黒なソースはイカ墨とのこと。ロブションのアレを思い出す。同じ食材構成でも、こんなにクラシカルになったり、パッパラパーになったりするもんなんだとしみじみです。

f:id:yuka_1:20210830193134j:plain

6皿目、メインのお肉は鳩です。「窒息させて、血を身体に巡らせて締めるっていう、僕の好きな殺り方なんですよ」と語ってくれたのはシェフ・谷さん。状況によってはとってもサイコな発言。確かにお肉は鉄分の力強さがあるような。お肉は柔らかいです。ソースはシェリーベースだったかな。

f:id:yuka_1:20210830193140j:plain

同時に提供された、ミニグラタン。小さいですが濃ゆく、お腹にどっしりきます。

f:id:yuka_1:20210830193146j:plain

デザートその1、完熟マンゴーとパインのソルベ。これ、まじウマでした。ふわふわソルベ、上にはトロっと甘いマンゴーがたっぷり乗せられます。

f:id:yuka_1:20210830194635j:plain

デザートその2。抹茶のケーキです。抹茶、小豆、ラズベリーのさっくりムースの層が重なり合います。上のチョコは葡萄の葉っぱ、かわいいです。

f:id:yuka_1:20210830193208j:plain

最後はコーヒーをお願いしたのですが、ハーブティももらえました。

f:id:yuka_1:20210830194626j:plain

小菓子はガレットとパッションフルーツのゼリー。

f:id:yuka_1:20210830193200j:plain

最後まできっちり、美味しゅうでした。

ルマンジュトゥー まとめ

大人の王道フレンチ。当然のように何もかも美味しいです。が、まだ若造なわたしたちは、ちょっとおめかししたフレンチの方にトキメクかも。

1つ1つのポーションが大きく、この日、何を食べたかがはっきり記憶に残るなと思った。ノンアルにつき、しっかり食事に向き合えたのも良かったのかもしれない。

マダムもシェフの愛想も良し。帰り際、僕もうワクチン打ったんで!70歳だからね!とニコニコ話してくれました。そういえばこのお店、わたしが生まれた年にオープンしている。ぜひ長生きして、長く続けて欲しいですね。