ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

オーベルジュ漣(箱根)の宿泊記②フレンチディナーとワイン紹介

シェフ・スーシェフ共にフランスのミシュラン店での経験ありというオーベルジュ漣。期待を胸に、いそいそディナーへ向かいます。

オーベルジュ漣の宿泊記 フレンチディナー

ディナーは18時からでお願いしました。時間ぴったりに伺います。食事会場はロビーの2F。レストランになっております。わくわく、階段を昇りましょう。

f:id:yuka_1:20210820183426j:plain

セッティングはこんな感じ。ドレスコード有ですが、ゆるゆるです。ふつーに清潔であればOKそう。ビーサンとかパジャマとかじゃなければ良いでしょう。

f:id:yuka_1:20210820183411j:plain

メニュー。アミューズ、魚、肉、デザートとそれぞれ好きなものを選択できるプリフィクスタイプです。

f:id:yuka_1:20210820183356j:plain

まずは1つ目のアミューズ。これは全員に同じものが提供されます。いただきながら、メニューと睨めっこ。どれを選ぶか、ウンウン唸り考えます。

左から、アボカドのジュレ、手長えびのフリット、ハムのゼリー寄せ、牛肉パテです。ああ、なんて贅沢。取り急ぎシャンパンをグラスでお願いです。

f:id:yuka_1:20210820183341j:plain

チンタラ考えていたら、パンが到着。ホカホカ、というかアツアツです。バターを乗せると瞬間にドロリととろけ、幸せです。

f:id:yuka_1:20210820183333j:plain

熟考の結果、1品目は「シェフのスペシャリテ あしたか牛のコンソメジュレをのせた海の幸の贅沢なカクテル」。いきなり+2,200円の贅沢品です。なぜこれを選んだかって?たーちゃんが事前にいろんなブログや口コミを予習をしていて、これを食べるべき!と断言したからです。

f:id:yuka_1:20210820183305j:plain

横から見るとこんな。デカいでしょ。キャビアたっぷり、ホタテがゴロゴロ。アワビやオマール海老も入る極上品。高級食材、詰めました!って感じは決してなく、それぞれ必然的にここにある。たーちゃん、ナイスです。

f:id:yuka_1:20210820183257j:plain

ワインはグラスで料理に合うものを適宜お願いしました。ボルドー白、1,100円/120mlとちょっと強気な値付け?ボトルで頼むべきだったか。

f:id:yuka_1:20210820183241j:plain

魚はこちら「シェフおまかせの本日の鮮魚料理」。金目鯛をあげたやつ。鱗がパリパリ、身はしっとり。デカく、ソースがちょっと重いためググッとお腹に溜まります。

f:id:yuka_1:20210820183233j:plain

ブルゴーニュシャルドネ。1540円/120ml。無難...。小売なら750mlで3,500円くらい。

f:id:yuka_1:20210820183225j:plain

ふーん、と思っていると、こちらを「味見でどうぞ」とお出しいただきました。ジュラのシャルドネ。初めて飲む!さっぱりキレキレな印象。

f:id:yuka_1:20210820183217j:plain

お口直し「白ワインとデラウェアのグラニテ」。どこまでもワインである。

f:id:yuka_1:20210820183201j:plain

メイン。たーちゃんの「シャラン産鴨肉の低温ロースト ソース・ボルドレーズ」。

f:id:yuka_1:20210823155511j:plain

合わせるのは、オーガニックなシラー。ラングドッグ。お肉・ソース・ワインと色んな地方がごちゃ混ぜです。赤ワインが苦手というたーちゃんは、ヴッという顔をしていた。そうだよね。

f:id:yuka_1:20210820183137j:plain

わたしのチョイスは「厚切り骨つき子羊のロースト シェリーソース」。しっとり美味しいが、いつものごとく満腹になりすぎる。脂身部分はさすがにきつく、残します。

f:id:yuka_1:20210820183122j:plain

合わせるのはニュージーランドピノノワール。やっぱり、好きなのボトルで頼んでもよかったなあ。高いし。プリフィクスだし、全客の料理にグラスで合わせるのも大変だもんね。

f:id:yuka_1:20210820183144j:plain

デザート。まずはわたしの「香ばしく煎った白胡麻と黒胡麻ブランマンジェ」。とろーり、コクありで美味です。たーちゃんに「ひと口あげる」と言ったら三口も食べててちょい怒。

f:id:yuka_1:20210820183109j:plain

たーちゃんは「甘熟王バナナとミラベルのパルフェ」。アイスクリームのような感じらしいです。

f:id:yuka_1:20210820183101j:plain

デザートは2皿。たーちゃんの2皿目「あしがらイチジクのフレッシュコンポートとシャーベットの盛り合わせ カルダモン風味」。ちょっともらいましたが、スッキリシャーベットも、とろ甘イチジクも食事の〆に最適だと思いました。

f:id:yuka_1:20210820183045j:plain

わたしはチーズの盛り合わせを選択。これを頼むと、

f:id:yuka_1:20210820183037j:plain

↓こんな感じでチーズの説明書ももらえます。ワインエキスパートで勉強した知識を体験する感じ、楽しいな。やっぱりワインもチーズも紙面で学ぶもんじゃない。ただしわたしは山羊好きなので、ちょっと残念。

f:id:yuka_1:20210823161126j:plain

プラス1,100円でワインも追加できるとのことで、お願いしました。ソーテルヌの甘口ワイン。勢いづいて2杯いただいた。

小さい頃は100円のアイス買うのも特別なことだったのに(いつもは箱のファミリーアイスじゃなきゃダメだった)、大人になったもんだ。

f:id:yuka_1:20210820183052j:plain

という良い話をたーちゃんにしたところ「へー、俺は毎回ハーゲンダッツ買ってもらってたよ♪」と、ぶち壊し。ハイハイそうですか、でもいいもん、わたしの方が逐一色んなことにありがたみを感じられるもん。

f:id:yuka_1:20210820183419j:plain

プチフールは箱に詰めて、提供されます。お部屋に持って帰れる工夫。ちょっとお腹が落ち着いてから食べられるのが嬉しいところ。

f:id:yuka_1:20210820183028j:plain

中身はこんな。マカロンやゼリーなど、たっぷり6種類。結局この日は満腹が過ぎて食べられず、翌朝起き抜けにいただきました。

f:id:yuka_1:20210823144719j:plain

どれも砂糖モリモリな感じで好き。焼き菓子系が美味しいように思いました。

オーベルジュ漣の宿泊記 フレンチディナー まとめ

質実剛健な感じのフレンチ。気をてらったものはなく、無難に美味しい。スペシャリテが群を抜いて美味しかった。

グラスワインは値付けも含めてうーん、という気持ち(あんだけ注文しておいて)。どうしてこの料理にこのワインなのか、という説明があってもよかったと思う。

酒豪はボトルで頼む方が満足できるかもしれません。お料理だけならもっとコスパ良く感じられたかも。

>>楽天トラベルからオーベルジュ漣を予約する

>>一休からオーベルジュ漣を予約する

次は朝食をご紹介。こちらもかつてないほどボリューミー。体重増加を覚悟の上で予約を入れましょう。