ユカログ

お給料の全てを旅行に使う26歳、旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

ウシマルに行ってきた。予約の取れない千葉のイタリアンディナーを紹介

2021年元日は美味しいフレンチをいただきました。胃を休めることなく1月3日、伺ったのはこちらウシマルです。

ウシマルとは

f:id:yuka_1:20210204202751j:plain

千葉県で1,2を争う人気のイタリアン。いや、食べログアワードを見ると、1位はスギかな?

  • 千葉県山武市の一軒家イタリアン
  • 千葉産の食材がたくさん使われます
  • 今回はディナーで伺いました
  • 年末年始12,000円コースを注文

来るのは1年ぶり、2回目。前回はランチで訪問し、写真を撮ってプレゼントしてくれたり、お土産のお茶をプレゼントしてくれたりと、そのサービスの良さに大変満足しました。期待を胸に、ディナーの訪問です。

ウシマル ディナーで食べたもの

営業開始日1月3日、店内は満席。年末年始の12,000円のコースがはじまります。

f:id:yuka_1:20210204202815j:plain

マスクケース

ドリンクは迷わずアルコールペアリング(8,800円)を。ワインが苦手なたーちゃんも、この日はわたしに合わせてペアリングをオーダー。

f:id:yuka_1:20210204202759j:plain

ドリンクメニュー

グラスがカワイイ!!スガハラかな?調べると、車ですぐのところに店舗があることがわかる。この日は山武市に宿泊のため、翌日伺うことを決める。

f:id:yuka_1:20210204202807j:plain

綺麗なワイングラス

「タクシーで来た」と告げると、わざわざ遠いところからありがとう、じゃあペアリングに含まれていないけれど、シャンパンをサービス!サービス!と言って並々注いでくれました。

f:id:yuka_1:20210204202824j:plain

シャンパ

ワーイと思うが、5分後に同じセリフを隣の卓でも言っているのが聞こえたゼ。小声でやればいいのに〜。

1皿目は素朴な見た目のこちら、たけのこ。焼き芋みたいな香り、添えられたアンチョビをつけるとうまい。このまま食べることがないからどこまで食べていいもんか、ちょっと迷う。

f:id:yuka_1:20210204202856j:plain

タケノコ

続くワインはこちら。ソーヴィニヨンブラン100%、ボルドー

f:id:yuka_1:20210204202907j:plain

2杯目

ロマネスコという何かのウイルスみたいな見た目の野菜。と、クニクニした貝。ニガうまい。

f:id:yuka_1:20210204202916j:plain

ロマネスコ

どんどんワインが出てきます。「今日はたくさん出しますからねー」と、写真の奥に写っているように、ワイングラスが一気にドサドサと並べられた。シャンパンタワーでもすんのかよと思う。決して優雅な感じではない。

f:id:yuka_1:20210204202926j:plain

3杯目

ここでアンコウのグラタンが出ましたが写真を失念。味も失念。とにかくどんどん料理が出てくる。そして1皿1杯のペースで提供されるワイン。

f:id:yuka_1:20210204202937j:plain

4杯目

次のお皿はこちら。スミイカソースとイカ、下にはソーセージ。これは超おいしかった。柔らかなイカと振りかけられたワサビが合う。

f:id:yuka_1:20210204202946j:plain

イカ

続いてはイタリアワインです。

f:id:yuka_1:20210204202955j:plain

5杯目

お次はカニとパスタ。極細麺、塩気があってスルリと食べられる。

f:id:yuka_1:20210204203002j:plain

カニパスタ

フォッカッチャが焼き上がりました〜とプレゼンテーション。デカい。切り分けるところを見せてくれます。

f:id:yuka_1:20210204203010j:plain

フォッカッチャ

さっきのカニを見せてくれる。タカアシガニと言うそう。こちらもデカい!いただきました、ごちそうさまでございます。

f:id:yuka_1:20210204203022j:plain

カニさん

切り分けられたフォッカッチャ。湯気が立つほどアツアツです。

f:id:yuka_1:20210204203100j:plain

フォッカッチャ

続くワインはオリガミと名付けられたロゼ。

f:id:yuka_1:20210204203108j:plain

6杯目

マサバです。お料理は千葉ってやっぱり海のものが美味しいなーと思う。ジューシー。

f:id:yuka_1:20210204203118j:plain

マサバ

お野菜プレゼンテーションです。さっき食べたロマネスコ

f:id:yuka_1:20210204203126j:plain

野菜たち

続くドリンクはなんと日本酒!蔵元限定販売らしく、ラベルすらない。この近くのものらしい。山田錦って言ってたかな。北海道の初夏なイメージのお酒で、好き。勝手な感想です。

f:id:yuka_1:20210204203151j:plain

7杯目・日本酒

ショウサイフグと黒トリュフのリゾットです。海のものが続きます。濃くてうま〜。量も良い。少量多皿。

f:id:yuka_1:20210204203159j:plain

リゾット

アカムツ、のどぐろです。ジュワーっとしていて当然美味しい。それにしても、イタリアンで出て来なそうな変わったものばっかり出てくる。

f:id:yuka_1:20210204203207j:plain

のどぐろ

お酒はこちら。アンセルミ。どんなワインですか?と聞くも「お料理に合うワイン!ちょっとねー、いっぱい出てくるから1個1個説明してらんない!」みたいなことを言われる。そ、そうっすか...フランクと言えばフランクな接客、でもなあ。

f:id:yuka_1:20210204203226j:plain

8杯目

メモによると、ここでタコが出たようですが写真を失念。そして甲州ワインが2つ同時に提供されます。飲み比べてみてくださいねー、とのこと。8,800円のペアリングでここまで出てくるのは嬉しい..!

f:id:yuka_1:20210204203246j:plain

9,10杯目

完全に酔っ払っています。夫は身の危険を感じ「ぼくのは少なめで...」とお願い。賢い。

f:id:yuka_1:20210204203300j:plain

ワイン

ヒラメの出汁と青のりのスープ。ふー酔い覚ましにちょうど良い。魚の風味うんぬんなどがあったかなど細かいことは忘却。もったいない...

f:id:yuka_1:20210204203325j:plain

スープ

サラダです。ウサギのハム、キジ肉のソース(だったっけな)。ここに来て初お肉。

f:id:yuka_1:20210204203333j:plain

サラダ

メインに合わせてワインをいただく。なんだろうと思うも、聞かない。教えてくれないなら自分で勉強するもんね(そのうち)。

f:id:yuka_1:20210204203341j:plain

11,12杯目

牛と小鴨。ちっちゃく見えるかもですが、パンパンのお腹にはちょうど良い量。甘めのソースを添えていただきます。筋肉質で食べ応えがある。

f:id:yuka_1:20210204203351j:plain

お肉

お口直しのシャーベット。

f:id:yuka_1:20210204203407j:plain

シャーベット

カラスミパスタ!これが美味しすぎる。もっちり麺に大量のカラスミを絡める。満腹ではあるが、前回パスタが気に入ったことを思い出し、普通ポーションでオーダー。

f:id:yuka_1:20210204203416j:plain

パスタ

わたしはデザートワインまでいただきます。13杯いただき、流石に満足。

f:id:yuka_1:20210204203424j:plain

13杯目

デザートはこちら。シンプルなジェラートです。

f:id:yuka_1:20210204203433j:plain

アイスクリーム

このあと、コーヒーと小菓子をいただいたのですが、呼んだタクシーが思いのほか早く来てくれて、半分ほど飲んでワタワタと退店。

ウシマル ディナー まとめ

以上で合計51,788円。だよね、という価格。

死ぬほど食べて死ぬほど飲んだ。実はここにくる前、ビールを2本ほど飲んでいたので圧倒的に飲み過ぎである。記事を読んでわかる通り、後半の食事の記憶が曖昧なのが惜しい。

あと、前回感激したホスピタリティはなかったなー。忙しいのは充分わかるけれど、もうちょっとさ...と思うのは高望みか?

だけれど、千葉の美味しい&珍しい食材をたっぷり楽しめることには間違いない。再訪するなら人の少ない平日昼とかが良いなと思ったディナーでした。