ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

hotel azabu ten(ホテルアザブテン)の宿泊記。完璧可愛いスモールラグジュアリーホテル

知名度はそんなに高くなさそうなんですが、やたらと一休での評価が高いこちらのホテル。写真を見るとあまりの可愛さに気を失いました。実際に泊まってみたところ、大当たり!東京ステーションホテルとかディズニーランドホテルが好きな人は好きだと思います。

hotel azabu ten(ホテルアザブテン)とは

麻布十番のホテルです。

  • 一休評価4.76(2022年9月)
  • 麻布十番駅から徒歩4分、全9室
  • 今回はSuperior Doubleに宿泊
  • 2名素泊まりスパークリングワインボトル付き28,740円


一休ダイヤモンド会員特典は以下。

  • アーリーチェックイン1時間 (最大14:00から)
  • レイトチェックアウト2時間 (最大13:00まで)
  • ウェルカムドリンクを1杯プレゼント


今回は素泊まりでしたが、朝食もフォトジェニックで美味しそーです。

>>一休からhotel azabu tenを予約する

hotel azabu ten(ホテルアザブテン)の宿泊記 チェックイン

麻布十番駅から六本木の反対側に歩いてすぐです。住宅街っぽいところにおっしゃれーなエントランスを構えます。

ひょえー、もう可愛い。パリ16区って言われても信じる。

アーリーチェックインの14時頃に到着。すぐ横にある併設レストランが忙しかったのか、すみませーん...と言うも気づかれずに少し放置。まぁここはパリと思うことにしましょう。よくあることです。

カワイイお部屋への期待に胸を膨らませていそいそチェックイン。しかし「前のお客さんがレイトチェックアウトして、まだお部屋ができてないんです...ごめんなさい...」とのこと。代わりにこちらでお待ちください、とレストランにご案内いただけました。ドリンクまで!

ちなみに一休特典にはアーリーイン特典の可否は「チェックイン時の空き状況による」と明記されてます。意気揚々と乗り込んでしまい、逆に恐縮です。

hotel azabu ten(ホテルアザブテン)の宿泊記 202 大暑

20分後くらいにお部屋にご案内いただけました。全9部屋のこちらのホテルは全て内装が異なります。旅館みたいにそれぞれのお部屋に名前が付けられていて、今回は202号室「大暑」というお部屋をチョイス。

玄関は大理石、そして靴脱ぐ仕様でここからスリッパ。

じゃーん。お部屋はこんな感じでございます。手前がお仕事スペース&ミニバー、その奥がお部屋、さらに奥がお風呂というつくり!

お部屋はこう!白い!カワイイ!天井にスクリーンついてるのわかる??明確な用途はわかりませんが、これ下ろすと脱衣所にできたりカーテンがわりにできたりします。

はぁー惚れ惚れ。エレガント。内装が好みホテルは冒頭で述べた通り東京ステーションホテルディズニーランドホテル、そして福島の猫魔離宮。通ずるのものがありすぎる。

テレビは壁に引っ掛け系。

VOD&YouTubeミラーリングも対応の有能テレビです。DIIVと舐達磨をかけてました。

ミニサイズのテーブル&椅子が2つ。使いやすいお仕事デスクは身分と収入の高いたーちゃんに明け渡し、わたしはここで背中を丸めてお仕事してました。もっともっと稼ぎたい。

スピーカーみたいな空気清浄機。この部屋にプラズマクラスターは合わないもんね。

お部屋に入って20分後くらいに、一休特典のウェルカムドリンクのスパークリングが運ばれてきました!

こういうのがおしゃれだと思って撮った写真。

ちなみに今回のプランは、ボトルのスパークリングワインの付くプラン!しかしこの日は別店でお酒をたっぷりいただき、さらにわたしはその後お腹を壊しまくり瀕死状態となりました。というわけでワインのみ別でいただき、お家へお持ち帰り。いただいたのは↓でした。

hotel azabu tenの宿泊記 バスルーム

お風呂はこちら。あふれ出る開放感とおしゃれ感!

じゃん。バスタブ超大きい。壁は全部鏡です。お部屋もそうですが、鏡多めで嬉しい。

シャワーはこんな感じで仕切られてます。ライティングも美術館みたいにシンプルおしゃれ。

レインシャワーが農具みたい。もしくは地図記号

シャンプーはこちら。Grasse Tokyoというフレグランスブランドのもの。ボディソープはペリカンのPROVINSCIAだったかな?

洗面台はこんな。真っ白なのに温もりを感じるのは、ところどころで木が使われているからかしら。

じゃーん。なんと持ち帰り可能なNaturaBisseのシャンプーセットも用意されてます。そのほか、メンズ用のポールスチュアートの基礎化粧品や沖縄のバスソルト、爪磨きなど大充実です。

引き出しの中にはドライヤー。パナのナノイー。

最下段には体重計。ボタンが一個もなく、乗れば重量を表示してくれるのが好感です。高UX。

タオルとパジャマはこちらに。パジャマはセパレートタイプのサラサラした生地のものでした。

バスルームからお部屋を見るとこんな感じとなります。28.71㎡とのことです。

hotel azabu tenの宿泊記 ミニバー

続いてお仕事スペースです。たーちゃんはタイ語のレッスンを受けてました。基本の基本、母音の発音を習っているようで「あぁ↑」「あぁ...」「あー↓」「あーっ♡」「あ!!!」と色んな雄叫びが聞こえてきてウケました。

ティッシュと銀のつる。何もかもがハイセンスです。

ミニバーはここ。テーブルの奥まったところです。JBLのスピーカーは棚に収納されてたのを持ってきました。家で使ってるのと同じやつ。

ネスプレッソと紅茶が4つずつとお茶2つ。どれも使わずお持ち帰りなり。

テーブルの反対側にはこんな感じの棚があります。ここも壁が鏡になってますね。

コースターまであるのって珍しい!可愛い。マグカップノリタケでございました。

バルミューダっぽいポッドと常温お水2本。

お水は冷蔵庫にも2本置いてあり、高級ホテル仕様です。さすが!

hotel azabu tenの宿泊記 クローゼット

テーブルの反対の壁がガバッとクローゼットになってます。エアコンがいい感じに隠れててカッコイイ!!

中には金庫や荷物置くやつ、そして加湿器。超シンプル。

最後にお手洗い。玄関入ってすぐ横にあります。お部屋とは一転モノクロです。もちろん個室に蛇口付き!

「屋上のルーフトップバーから東京タワーが見えるので、ぜひ」というご案内をいただき、ちょろっと寄ってみました。お客さんがいて東京タワーは綺麗には見えなかったものの、満月をばっちり捉えました!

中秋の名月の日だったらしい。最近旅先で満月に会うことが多くて嬉しいなー。

hotel azabu tenの宿泊記 まとめ

接客もお部屋のかわいさもアメニティも、超満足。こりゃ評価高くなるよねー、という感じです。素泊まり3万円って高いと思うけれど、ウットリタイムを過ごせます。

>>一休からhotel azabu tenを予約する

HP見ると、全部屋デザインがガラッと違って全部屋かわいい。お部屋を変えてまた泊まりたい。おすすめ!!!!