ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

東京ステーションホテルに泊まってきた①美しすぎるお部屋紹介編

昔から、パレスホテルと東京ステーションホテルがわたしにとっての「一度は泊まってみたい憧れホテル」でした。夢をひとつ叶えました。

東京ステーションホテルとは

f:id:yuka_1:20210112170339j:plain

名前の通り、東京駅内のホテルです。

  • 1915年開業の超・歴史あるホテル
  • 江戸川乱歩松本清張なども宿泊
  • 古いけれど、内装はピカピカ
  • GoTo&一休ポイント利用で2名1室81,284円→49,224円
  • 地域共通クーポン12,000円

古風な外観と反して、お姫様みたいな内装のお部屋にずうっと憧れていたのです。

東京ステーションホテル アクセス

その名前に嘘はなく、東京ステーションホテルは東京駅直結です。丸の内南口の改札を出て右に曲がると入り口がひっそりあります。下の写真は入り口の2階から改札を見下ろしたところ。

f:id:yuka_1:20210112170923j:plain

この直下が入り口

外からももちろん入れます。わたしは今回は、外のエントランスから。

f:id:yuka_1:20210112170358j:plain

東京駅の向かって右の方に入り口あり

クラシカルな飾り付け。クリスマス前の訪問でした。

f:id:yuka_1:20210112170349j:plain

クリスマスな飾り付け

チェックイン手続きは非常にスムーズ。こぢんまりとしたカウンターですが、テキパキ案内してもらえました。

東京ステーションホテル 部屋紹介

早速お部屋に入ります。今回アサインいただいたのはシティビューのキングルーム。 

東京ステーションホテル 部屋紹介 ベッドルーム

コロナ禍ですがお部屋までの案内あり。「ずっと泊まりたかったんですよ〜!」と言うと「嬉しいです!楽しんでいってください!」と言ってくれました。その言い方がなんか本当に嬉しそうで、こちらも嬉しくなりました。いい話。

f:id:yuka_1:20210112170837j:plain

廊下

お部屋を開けた第一声は「ヒエっ...」。感動すると言葉を失う。真っ白でエレガントな内装です。

f:id:yuka_1:20210112170407j:plain

玄関を開けたところ

第二声は「うううぅぅぅ...」。感嘆。シャンデリアが目に飛び込む。

f:id:yuka_1:20210112170416j:plain

玄関向かって左

ベッドルームの全貌はこんな感じ。広いわけではないけれど、雰囲気が良すぎる。なんだこのカワイ上品さは...。

f:id:yuka_1:20210112170424j:plain

お部屋

クッション、カーペット、枕、カバーなど、アクセントが水色になっていて、美しすぎる。

f:id:yuka_1:20210112170433j:plain

ここに住みたい

「自分の夢を叶えるためには、理想の姿、目標をなるべく詳細にイメージすべき」みたいな話をよく聞くじゃないですか。わたしは「センスの良い部屋で丁寧に生きたい」とボンヤリと思っていました。しかし問題がありました。「センスの良い部屋とは...?」と自問自答してみると、これが、自分でもよくわからなかったのです。

f:id:yuka_1:20210112170441j:plain

絵もおしゃれ

ウーンと思い、イケアやLOWYAなどのサイトを見てみるも、いまいちピンとこない。もちろんそれは商品を売るためだからしょうがないけれど、なんかゴチャゴチャしているように感じるのです。

f:id:yuka_1:20210112170452j:plain

スマート!

しかしこの日、ついにザ・理想のお部屋に出会いました。まじでここに住みたい、こんなインテリアに囲まれて暮らしたい!!心からそう思えました。

f:id:yuka_1:20210112170534j:plain

サイドテーブル

文豪たちも御用達だったホテルとのことで、なんとメモ帳が作文用紙風になっています。芸が細かい!カワイイ!好き。

f:id:yuka_1:20210112170808j:plain

メモ帳

しばし写真をバシャバシャ撮り、うっとりタイムを過ごします。

f:id:yuka_1:20210112170552j:plain

鏡もカワイー!

テレビにはようこその文字が。

f:id:yuka_1:20210112170526j:plain

テレビ

「シティビュー」なだけあって、目下にはスーツを着た人たちがひっきりなしに行き交います。

f:id:yuka_1:20210112170542j:plain

景色

窓はずっと閉めていました。夜はビルに明かりが灯り、低層階とはいえ都会を感じられる景色です。

ちなみに玄関すぐ右にはクロゼットがあります。

f:id:yuka_1:20210112170749j:plain

クロゼット

写真だとわかりにくいですが、これで1部屋になっています。でかい。

東京ステーションホテル 部屋紹介 アメニティ

アメニティは、今まで泊まったどのホテルよりも充実していました。一休のダイヤモンド会員だったからだけかもだけど。

机にセットされていたアメニティはこちら。ブルガリのアメニティセット、羊羹、除菌セット、お手紙です。

f:id:yuka_1:20210112170501j:plain

アメニティセット

ブルガリアメニティの中身はこちら!これは、一休ダイヤモンド会員特典です。豪華すぎるぞ...!?リップバーム、ボディクリーム、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸、ハンドクリーム、入浴剤。男性が使っても良い感じな香りなのが嬉しい。

f:id:yuka_1:20210112170518j:plain

ブルガリアメニティセット

こちらも特典かな?虎屋のようかん。重い...と思ったけど、小さめポーションなのでペロッと食べられました。

f:id:yuka_1:20210112170509j:plain

羊羹

お手紙には、ようこそお泊まりくださいました!みたいなことが書いてありました。

東京ステーションホテル 部屋紹介ミニバー

ミニバーですが、有料商品はコロナ対策のため、今は撤去中途のこと。

f:id:yuka_1:20210112170609j:plain

扉を開けるとミニバーです

無料のペットボトル水は2本。

f:id:yuka_1:20210112170617j:plain

コーヒー、紅茶、緑茶はあります。いずれもドリップタイプ。コーヒーは飲み切りました。コーヒー用に水が余分にあっても良いかも?わたしは足りなくなってしまった...。

f:id:yuka_1:20210112170625j:plain

無料のコーヒー類

東京ステーションホテル 部屋紹介 シャワールーム

シャワールームです。高いホテルってなんでどこもスケスケドアなんでしょう?トイレも浴室も体重計もスケスケしがち。

f:id:yuka_1:20210112170633j:plain

シャワールーム

トイレです。フツーに清潔。アングラな感じの絵画が飾られます。

f:id:yuka_1:20210112170643j:plain

トイレ

バスルーム内にもアメニティがあります。こちらは一休会員かどうか関係なく用意されるものです。歯ブラシ、ブラシ、綿棒、シェイバー、タオル、ヘアバンドなど。歯ブラシ以外は手をつけず。

f:id:yuka_1:20210112170700j:plain

アメニティ

感動したのがこちら!良い香り&洗い上がりの髪の質感が良すぎてびっくり。慌ててメーカー"HIST OIRES de PARFUMS" というブランドを検索する。

「100年以上の歴史があるホテルの歴史の香りを創りたい。フランスのフレグランスブランド「HISTOIRES de PARFUMS 」からのオファーにより実現した世界唯一のバスアメニティ(引用:dino.network

なんと、ここ限定にフランスのメーカーが作ったアメニティとのこと。買えないのかあ〜〜、でもこの香りを嗅ぐと「東京ステーションホテルに来たな」と思えるということかな。香りってめっちゃ記憶に残るけど「ホテルの香り」って作るのが難しいから、良い案だなあ。

f:id:yuka_1:20210112170710j:plain

東京ステーションホテル限定アメニティ

ブレブレですが石鹸もあります。

f:id:yuka_1:20210112170720j:plain

石鹸も

シャワールームはこちら。155cmが足を伸ばしてぴったりくらいの広さです。アメニティは浴槽にもう1セット設置されてました。

f:id:yuka_1:20210112170742j:plain

浴室

いただいたアメニティの入浴剤を入れてゆっくりと楽しみました。下はブルガリアピをしたい写真。

f:id:yuka_1:20210112170947j:plain

良い匂い

東京ステーションホテル ディナー

東京ステーションホテルにはバーが2件あります。

  • バー・オーク
  • カメリア

お腹空いてないし、どっちか空いてる方でのんびりしよー。と言っていたのですが、金曜だったからか、人数制限をしていたからか、両方とも満席で入れず。時短営業をしているため、待っていても入れるかわからない状況。

f:id:yuka_1:20210112170931j:plain

エレベーターホール

仕方なく、東京駅近くのスタンドTというビアバーに駆け込みました。写真は失念。食べ物はおつまみ中心、味は普通。飲み足りねえ!とのことで成城石井に寄りおつまみとビールをいただく。

f:id:yuka_1:20210112170939j:plain

部屋が良いのでこれで満足

 カット済みチーズを購入したつもりが、オープンしてみるとまん丸のものが。仕方がないので豪快にガブリといきました。お腹いっぱい、良い感じに酔っ払ったので満足して就寝。シャンデリアを見つめながら、とろりんとまどろむ贅沢。

 

今回は朝食月プランでの宿泊でした。超大満足のビュッフェだったので、また次の記事で紹介します。それではまた。