ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

W大阪の宿泊記①スペクタキュラーキングルーム部屋紹介

マリオットカードの無料特典を使って、こちらのホテルに宿泊です。「どこでも良いよ」が口癖のたーちゃんが珍しく、「ここ泊まってみたい!」と熱望してたのです。極端におしゃれなデザイン、もちろん私も気になってました。

W大阪とは

大阪のマリオット系ホテルです。

  • 一休評価4.01(2022年11月)
  • 心斎橋駅から徒歩3分全337室
  • コージーツインルームを予約
  • スペクタキュラーキングルームにアップグレード
  • 今回はマリオット特典宿泊のため無料


マリオットプラチナ特典の中で、今回受け取れたものは以下。

  • 客室アップグレード
  • 16時までのレイトチェックアウト
  • 2名分朝食無料
  • 50%ボーナスポイント


参考までに、一休ダイヤモンド会員だと以下の特典があるようです。

  • レイトチェックアウト13:00まで
  • WET(プール)への無料アクセス (1部屋2名まで)


プールはプラチナ会員でも有料(1名6,325円)なので、なかなかダイヤモンド特典も太っ腹。
>>一休からW大阪を予約する
>>楽天トラベルからW大阪を予約する

W大阪の宿泊記 チェックイン

ビルの3Fがフロントとなっています。キャリーケース引いてエントランスに入ると、すぐにおねーさんがエレベーターへ案内してくれました。この絨毯、朝は Good Morning 表記になってました。張り替えてるのかな。

「W大阪」でググるとトップに出るのがマリオットHP。「大阪のおしゃれな高級ホテル」という枕詞がついているのですが、まさにピッタリ。どこもかしこもポップでおしゃれです。

受付はこんな感じ。口コミを見ると「ハコは良いけどサービス微妙」「チェックインにすげー時間かかった」と散々言われてて不安に思ってたのですが、杞憂でした。非常にスムーズ。

「アップグレードも対応させていただきました!角部屋のお部屋を用意させていただいてます(ニコッ)」、接客態度も問題なし、むしろとっても気持ち良いです。

↑このカーペット、急いでスクロールするとウネウネ動いて見えるよ。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム 部屋紹介

真っ昼間なんですが深夜2時のクラブみたいなライトアップです。インテルって感じ。

じゃーん。お部屋は昼。角部屋につき採光、最高。yo

スペクタキュラーキングルーム=角部屋らしいです!部屋に入るとカーテンが勝手に開くのでテンション上がって「魔法!魔法だ!」と騒ぎます。ちなみにお部屋は42㎡。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム 景色

まずは景色!16F、そんなに高くもない。そんで特にランドマークとなるものもない。ビルと緑の感じが、ちょっと皇居前っぽい?

向かいのビルに何やらゾロゾロ人が出てきました。避難訓練とかかしら。私はこういう1人の指示に従ってみんなで動くことが極端に嫌い。式典とか集会とか学校生活全般とか。大人になってよかったなー、フリーランスになってよかったなー、としみじみ思う。

角っ子にはくるくる回る椅子が置かれてあり、景色を眺められるようになっています。

天気が良かった。夕日は見えませんが、お空が絵みたいにきれい。けっこう、山に囲まれてるんだなーと思う。

夜景はこんな。リッツ大阪は24F以上らしい。次はそちらにも泊まってみたいな。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム ベッドまわり

角からお部屋を見るとこんな感じです。ベッドが大きいからか、お部屋の広さはあんまり感じないかも。

ベッド脇にはコロナ対策セット、そしてTivoli Audioというスピーカー。高そう。ラジオ聴けるのって珍しい。私は最近、YouTube大泉洋の昔のラジオを永遠に聴いています。北海道民なのに、AIR-Gもどうでしょうも関東に引っ越してから好きになった。

ベッド下はこんな感じ。電灯スイッチが絵柄付きで超わかりやすい!

反対側はこんな感じ。マスクのみ私物です。リモコン見てお分かりの通り、VOD各種観れるテレビでした。

カードキーはピンヒールローラー柄。足入れた瞬間にバキャッと折れそう。

ベッド正面がテレビなり。テレビの裏は歩けます。コード類がなくてスッキリカッコ良い。

夜、カーテンを開けるとまるで空にテレビが浮いてるみたいになります。パリピホテルとは対極にあるような、トリプルファイヤー吉田の動画をダラダラ観てました。この回面白かったな。

テレビ側から見るとこう。ベッド横のランプ、黒白・上下でアシンメトリー。何度も言うけどカッコいい!

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム ミニバー

テレビの右側がミニバーコーナー。有料ドリンク系がずらっとディスプレイされてます。絶対高いのでもちろん触らず。お水は「ミライズ」というものが4本。

コップ系はこちらに。シャンパングラスにカクテルグラス、マグカップなどかなり種類豊富です。

ハイチェアで一応座れる感じです。たーちゃんはここでお仕事しようと試みてましたが、とても座りにくそうでした。しかもパスワードなしのフリーWi-Fiしかなかく、会社のシステムに繋げなかったらしいです。ここ来て仕事する人は多くないかもだけど、ビジネスじゃなくてレジャー用ホテルですね。

引き出しの中身はこんな感じ。ネスプレッソ、ティーバッグを除いて有料。上の丸い缶がテンガ製ゴムでした。

さらに下は冷蔵庫。こちらも有料。わりとぎっしり、でも自分で買ってきたものも多少は置けそうです。

お持ち帰りOKなお茶が豊富で嬉しいです。「White Coconut Creme」って珍しくない?名前通り、香りが甘くて超美味しかった。

ソファコーナーはこんな感じ。柔らかくて、ひんやりしない皮で気持ちよかった。2時間くらい昼寝しました。

置かれているのがこの部屋じゃなければ、途端にダサく見えそうなクッション。トーキョーっぽい、のかもしれない。

ウェルカムスイーツはたい焼き3つ!チェックアウト直前にいただきました。モッチモチで、中は餡とクリーム。ひらまつ以外でウェルカムお菓子がまじうま!!!と思ったのは初めてかも。

ネスプレッソを淹れましょう。クリーム系にはコーヒーです。飲んだ分はターンダウン時に補充されてた気がします。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム クローゼット

斬新な真っ黒バスローブ。廊下に取っ手が2個ついていて、それぞれクローゼットとおトイレになっています。メズム東京もこんな作りだったな。そんであそこも角部屋だったなー。

中がド派手。ごっちゃごちゃ!狭くないのに、壁紙のせいで狭く見える。

アップで見ると、割と荒めなドット絵となってます。グリコの文字はクンニに見えますね。

荷物置き、アイロン、アイロン代、スリッパ、ブラシ、靴磨きセットなど。消臭スプレーを使いたかったのですが、見当たらず。

スリッパはこんな。バスローブと合わせてもカワイイと思う。これ、メルカリで売られててビックリした。持ち帰りOKなやつなのかしら、刺繍もあるし使い捨てじゃない気がした。

カッコいいアイロン。ドイツ製って感じがする。デザインは良いけど、重くて重くて大変でした。アイロン台もデカ重でした。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム バスルーム

お風呂はこちら。開放感抜群な、丸出しビューバスが素敵です。位置的にはクローゼットの反対側。

じゃーん。バスタブ運んできて置いてみました、みたいな設計。カワイイ!しかしこの日、酔っ払って帰ってきてシャワーで済ませてしまいました。代わりにたーちゃんがたっぷりお湯入れて楽しんだ模様です。

洗面台もバスタブと同じく楕円形。鏡もベイシンも、全部角がない。

おしゃれなのは良いんですが、バスルーム、いくら探してもコンセントが見つからずに困りました。アイロンもドライヤーも、ベッドルームで行うことに。鏡近くにコンセントを付けて欲しい。見つけられなかっただけかしら。

アメニティはこちら。SKIN REGIMENというイタリア産ブランド。固形石鹸、ボディクリーム、そしてクレンジングという珍しいラインナップ。洗顔・化粧水などは設置なしです。

引き出し開けるとこんな感じでアメニティが収納されてます。歯ブラシが苦手な木のやつでした。口の水分がなくなる気がするの。ここも使った分はターンダウン時に補充されてました。

隣の引き出しにはドライヤー。

サロニア製です。前も言ったけど質感が好き。

パジャマはなくて、代わりに浴衣。サラサラしてて気持ちよかったです。バスローブって、いっつも着るタイミングわかんなくて写真撮って終わっちゃう。

お風呂にはタオルセット&ボディミトン。開けなかったのですが、ボディタオル、アカスリみたいなもんでしょうか。

蛇口のほか、可動式のシャワー付き。何もかもがスタイリッシュです。

シャワールームは別途こちらに独立してあります。コンクリ調で心なしか肌寒く感じます。

シャワールームにしてはかなり広め。ジャカルタリッツの次点くらいかも。後ろに謎の凹みがあって、洗顔置くのに便利でした。

シャンプー系はこちら。Davinesというこれまたイタリア製のブランド。メロンとかの甘いフルーツの香りでした。最近、お持ち帰りできるアメニティもグンと減ってきてますね。

最後におトイレ。玄関入ってすぐ右手です。ここも台が置かれてて、スマホ置くのに便利でした。

夕食後にお部屋に戻るとこんな感じでライトアップされてました!パーリー!当初、ターンダウン入るって知らなかったもんだからビビる。

ちなみにターンダウンは、入ったんだか入ってないんだかわかんないよーな感じでした。掃除してくれるとかじゃなく、使ったものを補充して電気つけといてくれるくらい。

W大阪の宿泊記 スペクタキュラーキングルーム まとめ

写真撮るのが本当に楽しいお部屋でした。テキトーに撮ってもおしゃれに見えちゃうなんて、すごいお部屋です。サービスも付かず離れずで、良い感じと思いました。

>>一休からW 大阪を予約する
>>楽天トラベルからW 大阪を予約する

次回はボリュームありありの朝ごはんと、お部屋以外の館内紹介です。