ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記③ディナーと朝食フレンチトースト

The Okura Tokyoと言えば!なフレンチトースト。1人前2,800円という、わたしの1週間の自炊ディナー予算と同程度の吃驚価格。

が、今回の宿泊プランには「1万円分の館内クレジット」が付帯していました。これはチャンスと思い、極上トーストをいただいてきました。

前回記事はこちらから↓。

www.syukalog.com

とはいえ、さすがにフレンチトーストを1万円分食べるわけにはいきません。残り分は館内のディナーにて使いました。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 ディナー

フレンチトーストは確実に食べたければ要予約との情報を目にして、チェックイン時にお願いしておきました。残る館内クレジットは7,200円分。

時刻は18時頃。ディナー時だね、ということでやってきたのは1Fレストラン「オーキッド」。

f:id:yuka_1:20210712121716j:plain

オーキッド

オークラ内にはさざんか(鉄板焼)、桃花林(中華)などさまざまな高評価レストランがあります。しかしわたしたちはクラブラウンジに散々いろいろ食べていて、お腹はまあまあ満たされていた。そのためアラカルトの種類が豊富そうなオーキッド( オールデイダイニング)を選択です。

f:id:yuka_1:20210712121610j:plain

ドリンク表

まずはドリンクをオーダー。1杯2,200円という、これまたびっくり価格のノンアルカクテルです。わたしはいちご、たーちゃん(夫)はマンゴー。上質なイチゴをぎゅっとしてガスを入れたような味。濃くてさっぱり、今まで飲んだフルーツベースのノンアルドリンクで一番美味しいかもしれない。これが2,200円の味かー。

しかし実はこちらは、無料です。一休ダイヤモンド特典に「1人につき1杯オリジナルカクテルをプレゼント」というものがあり、それを適用させました。わーい。

f:id:yuka_1:20210712121634j:plain

 季節のノンアルカクテル

さてここからが、館内クレジットのを使ってオーダーしたものたち。その1は「ダブルコンソメスープ」。2,000円!値段の話ばっかりして下品ですが、具のないスープに2,000円!って思っちゃったんだもん。

しかし、コンソメスープってちゃんと作ろうと思うととてもとても面倒らしい。肉や野菜を入れてじっくりじっくり煮詰めていく。ただでさえめんどくさい料理ですが、この「ダブルコンソメスープ」は、コンソメスープにさらに材料を入れて3日間かけて煮出して作るそう。

f:id:yuka_1:20210712121643j:plain

ダブルコンソメスープ

到着。ものすごい主張の強い匂いを放つスープです。野獣っぽい、ワイルドな感じ。一口飲む。肉の感じ、血の感じ、根菜の感じ、葉野菜の感じ、複雑すぎて掴みきれない。そして後味がながーーーく残る。優しいと言うより元気をくれる、エナジードリンク的な飲み物かもしれない。しかし、飲みにくいなんてことは決してない。

ちなみに↑は1皿を取り分けてもらったもの。たっぷりです。

 

そしてもう1品。ボンゴレビアンコ。こちらも1つを2人分に分けて持ってきてもらいました。普通に美味しい。いや、普通以上には美味しいんだけれど、びっくりするような感動はない。

f:id:yuka_1:20210712121652j:plain

ボンゴレビアンコ

隣のテーブルの男女2人組、たぶんマッチングアプリか何かで知り合って初対面という状況だったな。いつも一緒にいるたーちゃんとご飯を食べると特に会話で盛り上がることがない。結果として他人の会話を盗み聞きまくってしまう

f:id:yuka_1:20210709124810j:plain

夜景綺麗

本日はクラブラウンジとレストランとでディナーを2回。体重が増えたことを確信しながら就寝。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 朝食

朝食会場は、ディナーをいただいた「オーキッド」でした。

というか、クラブラウンジアクセス権と1万円クレジットと朝食付いて5.7万円って、やっぱりめちゃお得。オリンピック期間外せば、同じようなプランまだ出ています。

>>一休からThe Okura Tokyoを予約する  

f:id:yuka_1:20210712121700j:plain

こんなお花を家に置きたい

朝食はビュッフェ方式。和食・洋食・中華なんでもあり。エッグステーションも、もちろんあり。ポーチドエッグやオムレツなどを作ってもらえます。全部小分けにされており、取りやすいです。

f:id:yuka_1:20210712121707j:plain

和食コーナー

ビールが飲みたくなるコーナー。くるくるスーセージはビジュアルに惹かれてチョイス。

f:id:yuka_1:20210712121724j:plain

おつまみのよう

デニッシュ類も豊富!このうち数種類は、クラブラウンジのティータイムにて同じものが提供されていました。

f:id:yuka_1:20210712121733j:plain

デニッシュ

わたしは和食→洋食と2巡する作戦。まずは和食。里芋の奴が美味しい。というかどれもこれも「朝食ビュッフェ味」というよりも「ホテルのお料理を小分けしました」というくらいのクオリティ。

f:id:yuka_1:20210712121742j:plain

和食

洋食は撮り忘れ。参考までにたーちゃんチョイスを。

f:id:yuka_1:20210712191419j:plain

洋食

ビュッフェの食事を楽しんでいると、お楽しみのフレンチトーストが運ばれてきます。ちなみにフレンチトーストはビュッフェには含まれません。また、フレンチトースト食べますか?とか聞かれないので、食べたい場合は自分で別途用リクエストです。

f:id:yuka_1:20210712121809j:plain

バターとメープル

そしていよいよ到着。おおー、美しい。これが2つで1セットでした。2人で食べると告げると分けて持ってきてもらえます。1セット2,800円!

f:id:yuka_1:20210712121817j:plain

フレンチトースト

いざ、いただきます。おおお〜外さく、中とろ、バターじゅわ〜。予約が必要な理由は、前日から漬け込んでいるからだとか。こういうどこでも(家でも)食べられる料理が感動的に美味しいのってほんとすごい。

f:id:yuka_1:20210712121825j:plain

また食べたい!

最後はフルーツで〆。コーヒー飲みながら、外の景色見て幸せな日曜日の始まりです。

f:id:yuka_1:20210712121833j:plain

フルーツたち

おまけのヨーグルト。ヨーグルトコーナーも有人で、蜂蜜やらジャムやらグラノラやらが置かれており、トッピングを指定すればよそって席まで持ってきてくれました。

f:id:yuka_1:20210712121841j:plain

ヨーグルト

 お腹いっぱいにてチェックアウト。ここで問題が。「館内クレジット、あと2,000円分残ってますが...」とのこと。

逡巡。「構いませんわ」と優雅に言うのがカッコいいけど、2,000円って大金だよな...。2秒後「ちょっと下で買い物してきます!」と強い意志を持って宣言しました。

f:id:yuka_1:20210712210327j:plain

ドライグレープ

ゲットしたのはこちら。シャルドネメルローのぶどうを乾燥させたもの。1つ900円。ワイン用ぶどうを食べる機会なんてない!と思い購入。日持ちもするし。同時に開封して食べ比べてみると、味の違いがよーくわかる。恥を忍んで買ってよかったと思った。

 The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 まとめ

さすがはオークラです。都内高級ホテルでは、宿泊した中で1番好きかも。

部屋と食事への満足度がとても高い。ぜったいにまた泊まりたいです。ご褒美ホテル。

あと今回はコスパがとてもとてもよかった。体感としては7万円とかでも納得な感じです。予約カレンダー見てみると、2021年はお盆〜8月下旬が安くなっている模様。同じようなプランも一休から出ているのでぜひどうぞ。

>>一休からThe Okura Tokyoを予約する