ユカログ

お給料の全てを旅行に使う26歳、旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

瀬戸内リトリート青柳に泊まってきた①元美術館の館内紹介

愛媛県松山市の高級ホテル「瀬戸内リトリート青柳」に宿泊してきました。ちなみに前日は、大和屋別荘スイートルームへの宿泊でした。富豪のような旅程。

瀬戸内リトリート青柳とは

f:id:yuka_1:20210414191212j:plain

愛媛県のリゾートホテルです。

  • 安藤忠雄による建築・設計の元美術館を改装したホテル
  • どこを見ても絵になるデザイン
  • 一休評価4.8
  • 床面積3500平米に7室の広大・少人数ホテル
  • ヒカキンによるVlogは再生回数130万回越え

前日に宿泊した大和屋別荘のスイートルームが「宿泊したなかで、人生最大の広さの部屋だ...」と言いましたが、アッサリその記録を更新してゆきました。すんごい広かった。

瀬戸内リトリート青柳宿泊プラン

今回は「大和屋別荘×瀬戸内リトリートコラボプラン」というものを利用しました。普通に泊まれば大和屋別荘47,000円〜、青柳56,000円〜のところ、いろんな特典ついて合計69,800円にて楽しめました。ヒャッホイ。

瀬戸内リトリート青柳 チェックイン

大和屋別荘をチェックアウトし、道後温泉駅から瀬戸内リトリートまでタクシーで向かいます。ホテル専用タクシーで、料金は3,000円。電話で予約可能です。

f:id:yuka_1:20210414190302j:plain

山道をクネクネクネクネ登ってゆき、若干酔いながらも到着。運転手さんもどこか上品な感じがした。到着するとスタッフ2名にお出迎えいただきます。もちろんバック類&コートはお部屋まで運んでいただけます。

まずはこちらにと通されたラウンジ。

f:id:yuka_1:20210414191017j:plain

美しすぎる。なんか、クリスタルボウルみたいなファ〜〜っとした音が流れていた。めちゃめちゃ空間にマッチする音で、センス良し。安易にジャズとか流さないあたりが良いなあ、考えているんだろうなあと思った。

f:id:yuka_1:20210414190403j:plain

「お飲み物は何になさいますか?」。わたしはシャンパン、弟はオレンジジュースをお願いしました。それにしても、採光が素晴らしい。影さえきれい。

f:id:yuka_1:20210414190355j:plain

自然なラグジュアリー感に酔いしれながら、乾杯です。

f:id:yuka_1:20210414190347j:plain

色々と案内を受け、お部屋や館内を案内いただきました。

瀬戸内リトリート青柳 館内アート

まずは館内の紹介です。壁はコンクリート打ちっぱで、やっぱり美術館ぽい。これは部屋まで続く廊下。

f:id:yuka_1:20210414190952j:plain

ちなみに宿泊したのはB1に位置する「ガーデンスイート」。このホテルではもっとも安い部屋ですが、106.2平米。部屋紹介はまた次回。2棟から成るホテルで、もう1棟を見上げるとこんな感じ。それにしても晴れてよかった。

f:id:yuka_1:20210414191001j:plain

B1の部屋からロビーへ続く階段です。フツーの階段を撮ってもおしゃれになりますね。

f:id:yuka_1:20210414191009j:plain

レシェプショニストが常駐するフロント的なものも一応あります。これは、そのフロントの手前に位置するお土産コーナー。部屋に置かれたスリッパが売られており、12,200円の値付けがつけられていて驚愕。

f:id:yuka_1:20210414191026j:plain

フロントを出るとエントランスへ続く廊下が現れます。コチラは無人の受付コーナー。美術館の名残りかなと思います。特に使われていなかった模様。

f:id:yuka_1:20210414191035j:plain

天国への道のようなスペース。ちなみに右手はギャラリースペースへ続く廊下です。

f:id:yuka_1:20210414191045j:plain

進むと2組の椅子。「太陽の位置によって影が移り変わる様子を見てみてくださいね」とのこと。景色を作品に見立てているのかな?

f:id:yuka_1:20210414191103j:plain

座るとこんな。ここもファ〜〜っとした音が流れていて、天国感が強くて、死んでいる気がした。お客さんも少ないため、数十分いても誰一人周囲を通りませんでした。

f:id:yuka_1:20210414191111j:plain

椅子の後ろの壁にはまっしろなアート。

f:id:yuka_1:20210414191054j:plain

この近くには三脚とか椅子とかが置かれていました。タイムプラスで影とか撮りたい人も多いのかな。

f:id:yuka_1:20210414191128j:plain

高尚な感じの雰囲気ですが、少し歩くとこんなゴリゴリアートも。ギャラリーコーナーです。

f:id:yuka_1:20210414191146j:plain

よくわかりませんが、ドクターペッパーのデザインをしている人の作品なのでしょうか。トンネルにペイントされていたら、この人のすごい作品だとは絶対にわかりません。

f:id:yuka_1:20210414191203j:plain

パンフレットや説明書きも置かれており、学ぶ気があれば知識がなくても楽しめそうです。

f:id:yuka_1:20210414191154j:plain

その他館内にはあちこちに個性的な絵やらオブジェやらが飾られています。個性的なのに、ホテルの雰囲気を決して乱さない不思議。

f:id:yuka_1:20210414191137j:plain

わたしたちが泊まっている棟のマップはコチラ。ダイニング・プールも備わります。

f:id:yuka_1:20210414191220j:plain

弟に「腕ついてなんかオシャレなポーズしてみて」とお願いしてみる。素直に従うも、なんかめちゃくちゃ体幹ない人みたいになってワロタ。クネっ。ちなみにこの写真で履いているのが12,200円のスリッパです。

f:id:yuka_1:20210414191747j:plain

レセプション横には大きな窓とベランダがあり、外に出られるようになっています。窓がかなり重いのですが、お願いすると手伝って開けてもらえました。

f:id:yuka_1:20210414191237j:plain

おお〜滝。ちなみにこの直下(B1)はディナー会場となっており、カウンター席を選択するとこの滝を見ながら食事することになります。ライトアップされていい感じでした。

f:id:yuka_1:20210414191228j:plain

ジャバジャバという音さえ癒しに感る。それにしても天気がよくて本当によかった。何もかもが美しい。

瀬戸内リトリート青柳 インフィニティプール

さてさてお次は最上階に。このホテルの広告でやたらよく見るインフィニティプールを見てみます。確か夏季限定で泳げるとのこと。訪問時の3月は、見るだけ可能とのことでした。

f:id:yuka_1:20210414191247j:plain

重めの扉を開きます。このプールは、予約不要でいつでも誰でも見学できます。そもそもの宿泊者が少ないためか、わたしたちの訪問時には誰にも会いませんでした。

f:id:yuka_1:20210414191304j:plain

おおお、よく見るやつだ。ホンモノだ。思ったより大きく、プールは長いです。ヒカキンの動画を見てみると、相棒のような人がこのプールにドボンしてキャイキャイしていました。

f:id:yuka_1:20210414191312j:plain

はー。美しい。自然と無機質な感じが絶妙です。これが安藤忠雄なんですか?ちなみにわたしは来月、水の協会という同氏デザインの場所で挙式予定です。運命♡と嬉しい気持ちになる。

f:id:yuka_1:20210414191330j:plain

前方へ進むと光もよく入ってきます。海の色と空の色とプールの色が同じで綺麗。瀬戸内海はいつもこんなに穏やかなのでしょうか。北の黒く波打つオホーツク海を見て育ったわたしには同じ海とは思えません。

f:id:yuka_1:20210414191340j:plain

先っぽまで行くとこんな感じ。緑の奥に空と海。生きててよかったYeahという気持ちでいっぱい。左に映るのは梅でしょうか。

f:id:yuka_1:20210414191348j:plain

ちなみにワーイワーイと記念撮影を弟にお願いしたところ、こんな感じになりました。敷地の広さがよく伝わる良い写真。タバコ箱になった気分。

f:id:yuka_1:20210416180136j:plain

プールの後ろにはラウンジがあります。次回くわしく紹介しますが、お酒をフリーでガバガバ飲めるラウンジです。絵やらオブジェやらがたくさんありました。

f:id:yuka_1:20210414191427j:plain

ラウンジの窓を開けて外を見るとこんな感じ。あの滝です。つまりこの下はフロント、そのさらに下はディナー会場という構成になっています。

f:id:yuka_1:20210414191444j:plain

何時間でもポケーっとしていられそうな気持ちよさ。

瀬戸内リトリート青柳 館内まとめ

非常に長くなりそうなので、今回はここまでで。時間がゆっくり進むような空間ですが、あまりに広くあちこち見て回っていると時間があっという間にすぎました。

とにかくどこにいても居心地が良い。そして館内がめちゃめちゃ広いため、どれだけ探検しても飽きることがありません。ちなみにお部屋もめちゃめちゃ広く居心地が良かったです。

次は1時間10,000円の富豪プール&ラウンジを紹介します。