ユカログ

お給料の全てを旅行に使う26歳、旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

なかはら(炭火焼肉)に行ってきた。食べログ百名店のお肉屋さん

炭火焼肉なかはらに行ってきました。北海道に住んでいる弟が、受験のために上京しており、受験頑張れパーティの開催でした。

炭火焼肉なかはらとは

f:id:yuka_1:20210319183024j:plain

市ヶ谷の炭火焼き肉屋さんです。

  • 食べログ評価4.09
  • 焼肉百名店のひとつ
  • 全肉、スタッフが焼いてくれます
  • 今回はディナーでの訪問
  • 20,570円のコースを注文

 浪人生との1回の食事にしてはゴージャスすぎるな...と思いつつ、空席ありの表示にとらわれてしまいポケットコンシェルジュより予約。

炭火焼肉なかはらで食べたもの

市ヶ谷駅を降り、坂をグングン登ると辿り着きました。食べ物屋さんがたくさん入居するビルの9階。

f:id:yuka_1:20210319183016j:plain

最初の料理はヴィシソワーズ。青い皿に映えますね。ジャガイモとコンソメジュレの優しい味わい。普段外食をしない仏頂面の弟が、美味しさにニタ〜っと笑っていた。それくらい美味しい。

f:id:yuka_1:20210319183034j:plain

さて早速お肉です。ユッケのウチモモが提供されましたが、写真を失念。すっきりと美味しくいただけました。

焼いてくシリーズの最初は、タン盛り合わせ!厚切りタン元・薄切りタン・タン下のセット。担当の若いお姉さんが1皿ずつ丁寧に紹介してくれます。

f:id:yuka_1:20210319183044j:plain

分厚いとタン元とタン下は、外側がかなりこんがりとするまで火を通す。舌も場所によって噛み心地が全然違うんですよ〜とのこと。わたしがこの牛だったら...と考える。残酷な人間め...と思うかな、せっかくだから根こそぎ喰ってくれ...と思うかなあ。

f:id:yuka_1:20210319183121j:plain

でん!レモンがよく合う。特にタン元が弾力抜群で好きだった。じゅわわーと溢れる肉汁。幸せすぎワロタ...

f:id:yuka_1:20210319183130j:plain

ちなみに席は窓際に並んだ2席でした。後ろを振り向くと、この景色。23区ですが、地方都市感があるね。窓枠がちょーどテレビみたい。マジックアワーでしょうか、綺麗です。

f:id:yuka_1:20210319183054j:plain

お次はサラダ。20種類の野菜が使われているそう。全部いろんな種類のダイコンがあって楽しいな。言わずもがな、超新鮮。

f:id:yuka_1:20210319183139j:plain

次はサーロインの登場です。クライマックスな部位な気がするけれど、結構序盤に出てきました。焼かれる前の写真ですら、ヨダレもの。

f:id:yuka_1:20210319183149j:plain

タレがほんわり甘く美味しい。とろける〜!と王道な嘘くさいセリフを言ってしまった。が、本当にとろけるのです。

f:id:yuka_1:20210319183158j:plain

煙がいい感じに撮れました。見ているだけで香りが漂ってくる...

f:id:yuka_1:20210319183206j:plain

真剣にひっくり返すスタッフさんを見て、焼き手によって味は変わるだろうな...と思った。

f:id:yuka_1:20210319183215j:plain

お次はこちら、ハラミ。柚子胡椒にていただきます。美しい。

f:id:yuka_1:20210319183225j:plain

噛みごたえありありで美味しゅう。これもかなーりこんがり焼いていました。

f:id:yuka_1:20210319183234j:plain

お次はこちら。サガリかな?正統派な感じでおいしかったです。この時(18時ころ)、4人家族が予約なしでフラッと来ていましたが、入店できていませんでした。平日でしたが、やはり要予約なのでしょう。

f:id:yuka_1:20210319183243j:plain

テールスープ。しっかり目の味付けで、うまい。ちなみに、この日は烏龍茶で通しました。酒豪のわたしですが、アル中になるのではないかという危機感により、この月は禁酒をしていたのです(1ヵ月、禁酒できました、偉い)。

f:id:yuka_1:20210319183254j:plain

ミスジとウチモモ。スタッフのお姉さん「わたしはミスジが一番好きです〜」とのこと。

f:id:yuka_1:20210319183303j:plain

こちら!柔らか甘旨い!わたしもこれが一番好きかもと思った。この日食べたものの中では、サーロインかこれが一番おいしかったな。王道ですが。

f:id:yuka_1:20210319183313j:plain

こちらも口で溶ける柔らかさ。なくなるのが惜しい...自分の舌がこの味だったらいいのにな。

f:id:yuka_1:20210319183321j:plain

ナムルの盛り合わせ。無難に美味しい。このタイミング?と思わなくもないけれど、何か意図があるのでしょう。適量でペロリと食べられました。

f:id:yuka_1:20210319183332j:plain

ホルモンの盛り合わせです。シマチョウ・ハツモト・ミノ・ギアラ。それぞれ、山椒・ごま油・ごま油・柚子胡椒にていただきます。全部、最もおいしい味付けを指定されるのが嬉しい。

f:id:yuka_1:20210319183340j:plain

コリコリしつつもジューシー。うわービール飲みてえ、とこの日1番思ったタイミングかもしれない。

f:id:yuka_1:20210319183349j:plain

部位によって切り方も大きく異なる。こちらは集合体恐怖症の人にはキツそうな切れ目。ちょっとゾワゾワした。亀の甲羅のよう。

f:id:yuka_1:20210319183400j:plain

ギアラにつける柚子胡椒。鼻クソみたい!と弟と同時に発言。この量が適量だからこの量で提供するというこだわりなのでしょう。が、どう見ても鼻クソ。

f:id:yuka_1:20210319183409j:plain

ちょこんと乗せていただきます。コリコリうま〜。

f:id:yuka_1:20210319183418j:plain

〆は3種類。3種類から選べます...ではなく、3種類全てが提供されます。そして、全て量を調節可能。これは嬉しい。腹十分目でしたが、おいしけりゃ食べれるだろと思い全部普通盛りでオーダーしました。

まずは牛丼。薄い牛肉と甘いタレ。米少なめでぺろっといけます。卵黄有無で2杯いただけるようでしたが、なしのみでお願いしました。

f:id:yuka_1:20210319183428j:plain

お次はカレー。ピリ辛で超うまーい!が、隣の客の女が「えー!これ辛すぎ...アリエナイ....」と結構な声量で100回ほど言っていて、うっせえわと思った。そんな辛くないし、辛いの苦手なら残せ(もしくは頂戴!)と言いたかった。普通盛りですが、茶碗1杯の3分の1くらいの量かな。

f:id:yuka_1:20210320143048j:plain

最後は冷麺!酸味が効いていて、〆の〆にぴったり。麺がキュッと締まっており、お口がさっぱりしました。3,4口で食べられる量。

f:id:yuka_1:20210319183437j:plain

デザートはこちら、ピスタチオアイス。さっぱり...というよりは濃厚クリーミーな食感。最後までおいしーくいただけました。

f:id:yuka_1:20210319183447j:plain

超満腹にて、退店です。17:00からの予約で、店を出たのが19:00過ぎくらい。お酒を飲まなければこんなもんでしょうか。匂いがつかないよう、コート類は預けられました。

炭火焼肉なかはら まとめ

「コースで20,000円...たっかいな〜」と思っていましたが、値段に見合った質のお肉と調理でした。

間違いなく高級店ですが、店内はカジュアルな感じで居心地がよかったです。今回はテーブルがしきり板で仕切られた席でした。

同価格帯の思食のような威圧感もなく、居心地も良い。ジャンルがやや異なるので、比べるもんじゃないかもしれませんが。

ある程度まで高級だと味の違いがそこまでわからないので、お店選定の基準が店員の質や雰囲気になってしまう...。

仕事のため来られなかった夫が非常に妬んでいたので、次は夫と一緒に再訪します。