ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

タロス(Tharros)に行ってきた。渋谷のアンチロカボなお昼ごはん

美味しいパスタが食べたいと思い、前日に食べログを漁り予約したお店。あまり内容を吟味せずに「パスタコース」を選択すると、びっくり仰天の炭水化物まみれな内容でした。ダイエッターなら失神すること間違いなし。

タロス(Tharros)とは

f:id:yuka_1:20210303171812j:plain

 渋谷マークシティのすぐそばのイタリアンです。

平日の午後の女性ひとりランチです。

タロス(Tharros)で食べたもの

予約した者ですー、と告げると案内されたこちらのお席。1人だからか端っこで、居心地が良い。写真では空席が目立ちますが、この後すぐに8割程度の客入りになっていました。内装カワイイ!

f:id:yuka_1:20210303171821j:plain

後ろにはワインがズラっ。でも、全部同じやつ?インテリアのひとつとしてのワインなのでしょう。

f:id:yuka_1:20210303171837j:plain

コースでお間違いないでしょうか?という確認のあと、ドリンクオーダーがくる。迷わずビールを注文。

が、背の高くパーリーなグラスで提供されやや怯む。平日の昼に1人でこんなテンション高いグラスを傾ける、女性1名客...不穏。

f:id:yuka_1:20210303171846j:plain

まあでも、うまいもんはうまい。別にいま誰にどう思われたって、この先たぶん一生会わないからいいや。ぐびー。気持ちよく予約していたメニューに目を落とす。「パン」「スパゲティー」「パスタ」という糖質まみれのラインナップにまたも怯む。そして右手に持っているのは、炭水化物の塊・ビールである。

f:id:yuka_1:20210303171854j:plain

 まあ頼んじゃったしなあ。今日はよく歩いて帰ろう。過ぎたことは考えないに限る。

すぐに前菜が到着。見た目は綺麗、味は普通。つぶ貝は硬く、雑な味。というか味がしない。野菜もあまり美味しくない。色が寂しいから添えてみました、という感じ。生ハムキャロットは異国の味でおいしかった!

f:id:yuka_1:20210303171906j:plain

でもこのお店の本領はパスタなはず。期待を胸にいただきます。1皿目、カラスミがふんだんに使われています。麺は固め、鼻からいい香りが抜ける。こりゃーお酒を飲まなければという味わい。プチプチとした舌触りが心地よい、なぜ魚卵というものはこんなにも美味しいんだろう。全体のまとまりもよく、美味しい!

f:id:yuka_1:20210303171915j:plain

ワインをいただきです。シニスビアンコという白。品種はヴェルナッチャだったかな?

f:id:yuka_1:20210303171925j:plain

最後のパスタが登場です。つぶつぶの形状。サルシッチャと呼ばれるそう。羊のソースを使っており、そんな匂いがブワッとします。

f:id:yuka_1:20210303171942j:plain

大きなお米、もしくは小さなタピオカくらいの麺。もちもち食感です。パスタとはいえ、肉:麺=5:5くらいの割合であり、思ったほど苦しくはならない。香草ともよく合う、外国の味。

f:id:yuka_1:20210303171950j:plain

超満腹になりつつ、ごちそうさま。デザートや食後ドリンクは特になしです。

タロス(Tharros) まとめ

あくまでランチ訪問の感想としてですが、パスタのお店という印象。パスタは美味しい。しかし、このコースでは量が多すぎてうぐぐ...となってしまった。これは明らかにわたしのチョイスミス。

ランチメニューは1,100円からあって、サクッとランチならそっちの方が良いでしょう。でも食べログから予約できるランチコースが2つくらいしかない。

店内には他にもメニューがたくさんあったので、席のみ予約して行くのがいいかも。ごちそうさまでした。