ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

名月荘(山形)の宿泊記①山が見えない蔵王ビュー和洋室部屋紹介

2泊3日の東北旅行、2日目は山形県かみのやま温泉の高評価宿、名月荘に宿泊してきました。食事はとってもとっても美味しかったのですが、サービスがやばめでした。

名月荘(山形)とは

f:id:yuka_1:20210920170809j:plain

山形県かみのやま温泉にある旅館です。

  • 一休評価4.72
  • 4,000坪に20室の広々宿
  • 今回はスタンダード和洋室蔵王ビューで予約
  • 朝夕付3名で97,185円

一休ダイヤモンド会員特典は以下。

この特典ワインをめぐって嫌な気持ちにさせられることがあり、こんななら特典なくても良かったとまで思ってしまった。

>>一休から名月荘をチェックする

>>楽天トラベルから名月荘をチェックする

評価が良いのが謎である。母数が少ないからか。

名月荘(山形)宿泊記 チェックイン〜部屋

車を停めるとすぐにスタッフが駆け寄ってくれました。雨が降っていたので、傘もお借りできました。さすが、と思ったのも束の間、ズンズン先に進まれて、ちょっと待って待って〜!と早足で追わなければならなかった。

エントランスまでの道のりも、囲炉裏なんかがあってゆったり歩けば素敵なんだけどな。写真を納める暇なんてなく、これは後ほど撮りに来たもの。

f:id:yuka_1:20210920165921j:plain

チェックインを済ませてお部屋に案内いただく。館内はそれはそれは歴史ある感じで、そこらじゅうから木の香りが漂い、素敵な雰囲気です。

f:id:yuka_1:20210920170638j:plain

若いカワイイ声の女性に案内いただく。ワクワクです。

名月荘(山形)宿泊記 部屋紹介 和室

今回アサインいただいたのは舞というお部屋。

f:id:yuka_1:20210920170330j:plain

玄関。ちょっとよくわからない写真ですが、ここから洋室と和室に分岐します。

f:id:yuka_1:20210920170043j:plain

まずは和室。広々〜。スタッフに、こちらに座ってくださいと言われ、仰せのままに。覚えた言葉を一生懸命話す感じで館内案内をしてもらう。初々しくて良いのだが、何せ長い...。紙に全部書いているから、わかるよ...。

f:id:yuka_1:20210920170055j:plain

そして困ったのがこちら。

「一休特典として、ワインをプレゼントします。赤と白どちらが良いですか?」

「えーと、なんの銘柄になりますか?」

「タケダワイナリーです」

「そうですか。タケダワイナリーの、何ですか?」

「えーと、タケダワイナリーです」

この後何度か聞き方を変えても「タケダワイナリーです」としか返答をもらえない。ちーん。タケダワイナリーが出しているワインって、無数にあると思うのですが...。質問の意味がわからないなら、聞きに行くとかすれば良いのに。

f:id:yuka_1:20210920170234j:plain

と言うと意地悪ワインうんちく女になってしまいそうなので、そうですかー、ありがとうございます、と流す。まあ若い女の子だし、働き始めたばっかりかもしれないし、しょうがないか。後でフロントに聞きに行こうと思う(しかしフロントでもめちゃめちゃ嫌な思いをすることになる)。

テレビ。Wi-Fiも置かれていますが、存在意義が不明なほどネットは激遅。下り0.8Mbpsとかでした。

f:id:yuka_1:20210920170107j:plain

布団。食事後に敷いてもらえますが、価格に合わない貧弱な感じでちょっと笑ってしまった。パパも苦笑。

f:id:yuka_1:20210920170113j:plain

その下には金庫など。触らなかったけれど、この箱類なんなんだろう。

f:id:yuka_1:20210920170119j:plain

浴衣はこちらに。男性のが謎にXLとSサイズとかで、フロントに電話をして取り替えてもらっていた。

f:id:yuka_1:20210920170125j:plain

写真撮り忘れましたが、電源式の蚊取り線香置かれていて、これは良し!

名月荘(山形)宿泊記 部屋紹介 洋室

続いて洋室です。この宿では基本部屋食となるようなのですが、こちらで食べるか和室で食べるか選択できます。わたしたちは夕食は和室を、朝食は洋室を選択。

f:id:yuka_1:20210920170240j:plain

別荘館。雰囲気あって良いですね。

f:id:yuka_1:20210920165937j:plain

洋室からはお庭へも出られます。蔵王ビューとのことでしたが、木々が生い茂っていてあまり山は見えず、というかそもそもこの宿がそんなに高い場所に位置していないような。街ビューでした。

f:id:yuka_1:20210920165926j:plain

ミニバーはこちら。お茶セット、デロンギコーヒーメーカーの両方あるのがとってもイイネ!

f:id:yuka_1:20210920170005j:plain

食器類はこんな感じ。割となんでもある。

f:id:yuka_1:20210920170131j:plain

お茶セット。使わなかったけれど、2種類あるのかな?

f:id:yuka_1:20210920170138j:plain

そして感動したのがこちら、冷蔵庫に入っていたウェルカムお菓子。フルーツゼリーと、富貴豆?甘納豆?ほっくり甘い豆です。手作り感あるホッとする美味しさ、これは食事が期待できる。

f:id:yuka_1:20210920170304j:plain

そしてこれは地元の何かの団体(忘れた)が作ったというクッキー。地元の団体が作ったクッキー、という味がした。

f:id:yuka_1:20210920170317j:plain

コーヒー飲みながら、どの温泉から入ろうかなど作戦会議。

名月荘(山形)宿泊記 部屋紹介 お風呂

お部屋にもお風呂がついています。こちらのお湯は温泉なのか不明。一言あれば良いのにな。

f:id:yuka_1:20210920165959j:plain

アメニティはこちら、DHCです。へー、という感じ。この値段ならもう少し頑張るか個包装にしても...と思わないこともない。

f:id:yuka_1:20210920165953j:plain

ハンドソープにアルコール除菌もあり。

f:id:yuka_1:20210920170012j:plain

出、出た〜w Nationalドライヤー。別にいいんだけど、テンションは上がらない。そして「コロナのため、大浴場のドライヤーは全て撤去しています」という謎方針。手で触るものが全部危ないなら蛇口とか脱衣籠とかドアとか風呂椅子とか全部撤去しなきゃ意味なくね?と思う。ビッショビショでお風呂からお部屋まで歩くことになりました。

f:id:yuka_1:20210920170019j:plain

アメニティはこちら。ビジネスホテルと同じクオリティですね。

f:id:yuka_1:20210920170049j:plain

お風呂。さすが、木の良い香りがします。綺麗。だけどどうしても大和屋別荘と比較してしまう。あっちはもっと広かったな、露天もあったな、そしてアメニティはマルジェラだったな...。ぐすん。

f:id:yuka_1:20210920170025j:plain

こちらのシャンプーはHABA。こだわりを感じます。

f:id:yuka_1:20210920170036j:plain

この宿、温泉が全部で4つだか5つだかあって、個室のお風呂は使用せず。

名月荘(山形)の宿泊記 部屋紹介 まとめ

期待値が大きかったのもあるけれど、それにしても期待を下回りすぎでしょ、という感想。今度書きますが、さらにテンション下げなことがいくつかありました。しかし食事が超絶美味しく、それでなんとかちょっと挽回という感じ。まあ、いっぱい旅行してたらこんなこともあるよな。そうだそうだ。

>>一休から名月荘を見てみる

>>楽天トラベルから名月荘を見てみる

お次は温泉&ラウンジを紹介です。