ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記①プレミアコーナーツインルーム

前回クラブフロアに泊まってからたった2ヶ月!こんなに短い期間で再訪するのは史上初かも。それほどまでに気に入ったということです。今回は絶景期待のコーナーツインへの宿泊です。

ザ・キャピトルホテル東急とは

f:id:yuka_1:20211222003857j:plain

溜池山王にあるホテルです。

  • 一休評価4.86(東京1位)
  • 国会議事堂前・溜池山王直結、全251室
  • 今回はプレミアコーナーツインに宿泊
  • 1泊2名朝食付39,625円

 

一休ダイヤモンド特典は以下。

  • アーリーチェックイン14:00から
  • レイトチェックアウト13:00まで 
  • チョコレートアソート
  • 駐車場料金50%割引

 

今回はパパ(実父)との宿泊です。「東京感を味わえるホテル」という観点からホテル選びをしてみました。

>>一休からザ・キャピトルホテル東急を予約する

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記 プレミアコーナーツイン

今回アサインいただいたのは2621号室です。アジア系のおねーさんがお部屋まで案内してくれました。

f:id:yuka_1:20211222004615j:plain

じゃん!広さと採光の良さがビシビシに伝わってきます。

f:id:yuka_1:20211222004043j:plain

まずはメインルーーーーム。さすがコーナールーム、広く感じる!

f:id:yuka_1:20211222004110j:plain

まずは小さい方の窓の展望から見てみましょう。

f:id:yuka_1:20211222004101j:plain

うおー、綺麗。目下には日枝神社がどーん。せっかく田舎から来るパパに、東京感を味わってもらいたくて選んだこのお部屋。大正解!

f:id:yuka_1:20211222004129j:plain

もう一方の窓、大きいです。ちなみにリモコンでピッとすると自動でカーテン開けられます。

f:id:yuka_1:20211222004120j:plain

26Fで超高層というわけでもないんだけれど、周囲に高層ビルもなく、見晴らしが良い。武道館がちょろっと見えた。満足です。

f:id:yuka_1:20211222004138j:plain

こんな感じで、お部屋から見える東京名所の地図もあり。パパは「これ、持って帰ろ〜♪」と言ってました。

f:id:yuka_1:20211222004249j:plain

ベッドはこんな。クラブルームと同じく、モダンなんですが壁紙や電灯が和で素敵。

f:id:yuka_1:20211222004052j:plain

ベッド脇。ルームサービスはQRにてメニュー確認できます。

f:id:yuka_1:20211222004240j:plain

引き出し開けるとウキウキしちゃうような旅行本たち。下段には金庫が収納されてました。

f:id:yuka_1:20211222004156j:plain

ソファの近くのテーブルにはウェルカムおかし。せんべいとチョコレートかな?パパがママへのお土産にしました。

f:id:yuka_1:20211223213713j:plain

お仕事スペースもバッチリです。フンフン鼻歌歌って仕事しちゃった。

f:id:yuka_1:20211222004222j:plain

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記 プレミアコーナーツイン ミニバー

ミニバーは玄関入って左手に。こんな感じでスッキリです。

f:id:yuka_1:20211222004315j:plain

有料ドリンクがズラリ。前回宿泊時、これらぜーーんぶ飲み放題だったことを思い出す。やっぱり夢のキャンペーンだったな・・・と浸ってみる。

f:id:yuka_1:20211222004306j:plain

こちらは無料のドリンクです。ネスプレッソ4カプセル、それから緑茶と紅茶が2パックずつ。

f:id:yuka_1:20211222004258j:plain

なぜか退職以降オバさん化が進むパパ、「あら!これ全部持って帰っても良いのかい〜♪」と、ご機嫌にネスプレッソ以外の全てを持ち帰ってました。

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記 プレミアコーナーツイン バスルーム

玄関入って正面がバスルーム。クローゼットを経由していく感じです。

f:id:yuka_1:20211222004323j:plain

荷物置きにはパジャマとスリッパ、

f:id:yuka_1:20211223214312j:plain

それからモコモコバスローブが収納されておりました。

f:id:yuka_1:20211223214348j:plain

お風呂場へはこんな感じです。

f:id:yuka_1:20211222004333j:plain

じゃーん!ビューバス!大都会の景色に浸りながらのお風呂、もう本当に気持ちが昂る。

f:id:yuka_1:20211222004410j:plain

こんな感じで、国会議事堂ビューとなっております!全裸で突飛な経済政策を憂う夜。

f:id:yuka_1:20211222004342j:plain

アメニティはクラブフロアと同一ブランド、フランス産のTHEMAEです。ただしサイズがクラブフロアと違って、0.7倍くらいの大きさでした。

f:id:yuka_1:20211222004444j:plain

洗面台はダブルボウル!クラブルームじゃないのにダブル!すげえや!

f:id:yuka_1:20211222004400j:plain

引き出しをガラガラすると、細々系のアメニティ。おばパパはもちろん、ごっそり持って帰っていました。

f:id:yuka_1:20211222013803j:plain

ドライヤーは椅子の下に収納されておりました。

f:id:yuka_1:20211222004427j:plain

おなじみ、パナソニックのナノイーです。

f:id:yuka_1:20211222013740j:plain

体重計は隅っこにちょこん。

f:id:yuka_1:20211222013812j:plain

固形石鹸とボディクリームも同じブランド。

f:id:yuka_1:20211222004351j:plain

基礎化粧品はリクエスト制、頼むとお部屋に持ってきてくれます。パケがかわいー。

f:id:yuka_1:20211222013747j:plain

洗面所の奥がおトイレになっております。シンプルピカピカ、高級ホテル。

f:id:yuka_1:20211222004435j:plain

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記 プレミアコーナーツインルーム まとめ

宿泊前は「前回はクラブフロアだったし、ミニバーフリーっていう出血大サービスついてたし、今回の満足度が前回よりも低くても、それは当たり前・・・」と言い聞かせるようにしていたのですが、そんな心配はどこへやら。満足度、超高かったです。どのお部屋でもきっと素敵なステイが叶うでしょう。

>>一休からザ・キャピトルホテル東急を予約する

次回はorigamiでの朝食をご紹介!せっかくなので、前回とは違うメニューにしてみたよ。