ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

アニエルドール(大阪)/今年1番のレストランでした

入店から退店まで感動しっぱなし、好みドンピシャのレストランを見つけました。超美味しいのはもちろんのこと、「和フレンチ」「少量多皿」「華やかなプレゼンテーション」「緊張しない朗らか接客」「1皿ごとのペアリング」と好きな条件が揃いすぎでした。

アニエルドールとは

大阪・阿波座のフレンチレストランです。

  • 食べログ評価3.94(2022年11月)
  • ミシュラン一つ星
  • 阿波座駅から徒歩5分、全12席
  • 今回はディナーで訪問
  • ディナコース1.5万+ペアリング8,000円をオーダー


ミシュラン大阪2022が発表されましたね。前回に引き続き、今回も1つ星獲得したようです。

アニエルドールで食べたもの

こぢんまりとしたお店です。店内の雰囲気、規模感札幌lienに似てるかな?と思いました。メニューは最近よく見る食材だけ書いてるやつ。

ペアリングでお願いしました。お会計によると、シャンパン込みで8,000円くらい?コスパ良い!!10品も出てくるのですが、ほぼ1皿につき1杯で合わせてくれます。全部フランスワイン!「なぜこの料理にこのワインか」をきっちりわかりやすーく教えてくれて楽しかった。

1皿目「手長海老/キャベツ/いくら」。弾力あるいくらの食感を楽しめます。クスクスも入っていたような。魚卵はシャンパンが一番ですねうまー。

↑と同時に提供されました。こちらはキャベツの食感を楽しみましょう。たーちゃんと目を見合わせ「大当たりや」とニッコリ頷き合う。

アルザスピノブラン。最後のお肉を除き、全部白(&ロゼ)でした。たーちゃんは軽やかなのが好みらしく、うまいうまいとガバガバ飲んでました。

2皿目「鰻/トリュフ/銀杏/落花生」。んもーこの香り!秋ですね。

トリュフをチラリと捲ると、ご覧の通り、鰻と落花生のフラン。食材が口でふんわり混ざり合う。輪郭がありゃ良いってもんでもないんだな、と思う。

↑と同時にタルトアゲイン。うなぎの肝で作ったタルトです。ふんわり鰻とパリッと鰻のコントラスト。やっぱり少量多皿が好みだなー、と思う。

続いてアリゴテ。あんまりお店で飲むことがない気がします。

ここで「ホッキ貝/瓜/ハーブ」という泡に包まれたハーブサラダ的なものが出たのですが、写真忘れました。美味しすぎて気づいたらなくなってたんだから仕方がない。

そんでサンセール。ロゼ?オレンジワイン?みたいな見た目ですが白。甘やかな香りが印象的でした。

「鯖/イチジク/紫蘇」です。口を揃えて「フロリレージュみたい!」。私もたーちゃんも大好きなお店、そりゃーここも気に入るよね。このお皿が一番好きでした。マリネられた鯖に、紫蘇のコンソメシート、その上にスライスされたイチジク。甘さと塩気が最高に美味しくエンドレスで食べれます。

おしゃれな瓶のロゼワイン。コート・ド・プロヴァンス。見た目よりも、ちょっとスパイシーな香りだった気がします。

「白金豚/キノコ/黄卵」。たーちゃんが「メニュー名からどんな料理くるか当てよ!次はね、すき焼きみたいな感じのやつだと思う!絶対そう!」と言ってました。ザンネーン!「シルキーポーク」と呼ばれる豚肉は角煮みたいに柔らかくされ、卵黄はコンフィ。

こっくり濃厚なお料理をいただき、「パン食べたいな」と思った瞬間に提供されました。さすが!

浅草のアサヒビールみたいなバターですね。

サンジョセフ、ローヌの白ってあんまり飲んだことがありません。ルーサンヌ、マルサンヌって教えてもらいました。教科書で勉強したけれど、テイスティングに出ないから飲み慣れてない。

「鮮魚/すっぽん/海老芋/菊」。お魚の下に海老芋のガレット、周りがすっぽんです。菊のお花がとっても華やか!全品通して、フレンチですがとっても日本なフレンチです。タイ移住目前の私たち、「本当にここにしてよかったネ...」としみじみ。

サントネ 。バニラやバターのたっぷりとした香り。こーゆーのが好き。

「素麺/鱧/蕪/百合根」。これまたおしゃれな見た目です。真っ黒なお皿に見事に映える。

↑じゃ何が何だかサッパリなので、割ってみましょう。カブのソース、中には淡路の鱧。酸味がある系。下には素麺が敷かれていました。

最後のお肉に合わせてブルゴーニュ。シャサーニュモンラッシェ。女性の造り手だそうです。

蝦夷鹿/蓮根/セリ」。う、美しい…。滑らかさとほのかな甘味で上品な味。付け合わせは蓮根、せり、鋸草。

デザートワインをおすすめいただきました。何種類かあって、私はこちらのヴァンドパイユ。まったり美味しい。

たーちゃんはシャンパーニュ地方のこちらをチョイス。

チーズが欲しくなるところですが、デザートはこちら「ブドウ/根セロリ」。お口を直し的なサッパリさ。

「梨/トリュフ/フロマージュ/米」。結婚記念日につき、メッセージしてくれました。ほんと、たーちゃんと結婚してから毎年幸せ度が上がってます。人生をチャート化すると、毎年ストップ高更新し続けてる。

中身はこんな。もちもち生地を破ると、トリュフのアイスとお米。シェリーがかかってる?大人の味なのに、きっちり甘くて最高です。

最後はハーブティをいただきました。モリンガだっけ?コップも美術品みたいです。

お茶菓子はマロンブッセ。最後まで秋を感じます。

それからチョコレート。中は柚子で酸味たっぷり。

こんだけ感動して、2人でワイン含めてお会計は6万円弱。高いけど、コスパ良いと思います。前も言った気がするけれど、値段と満足度って本当に全く比例しない。

アニエルドール まとめ

完璧!お店を出てホテルへ戻る道のりも、朝起きてからも、そしてお食事から1ヶ月が経った今も「ねえ、本当に美味しかったよねぇ、また行きたいね」とたーちゃんと話しています。ご機嫌になって、一生の思い出になるレストラン。最高です。