ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

東府やResort&Spa-Izu(伊豆)の宿泊記①部屋・アメニティ・ロビー紹介

伊豆の東府やResort&Spa-Izuに宿泊してきました。広く楽しく美しく、国内宿ではトップクラスのお気に入り宿となりました。ハイパーおすすめ。

東府やResort&Spa-Izuとは

f:id:yuka_1:20210624153032j:plain

伊豆にある温泉です。

  • 一休評価4.7(2021年6月時点)
  • 吉奈貸切温泉が3つあり
  • ラウンジあり
  • 今回は2名朝夕食付プラン洋室シングルAで予約
  • 宿泊費は2名で55,385円

「シングル」という名前の客室ですが、2名宿泊可能でした。ダブルベッドかつ24平米あり、別に狭くもなかったです。

一休ダイヤモンド特典として、東府やオリジナル日本酒「古ノ水仕込 純米吟醸」720mlボトルのお土産をもらえました。売店で3,800円くらいで売られているもの。

f:id:yuka_1:20210625143916j:plain

お土産酒

 特典は一休が良いけれど、楽天トラベルorじゃらんが宿の雰囲気は見やすいです。

>>一休で東府やResort&Spa-Izuを予約する

>>楽天トラベルで東府やResort&Spa-Izuを予約する

>>じゃらんで東府やResort&Spa-Izuを予約する

東府やResort&Spa-Izu チェックインまで

車でのんびり向かいます。途中SAでたーちゃん(夫)と女子大生ごっこをする。いちごのやつにチョコチップ&ソーストッピング、これマジうま。 

f:id:yuka_1:20210624233539j:plain

映えますか

細い道を進んでいくと到着です。駐車場はわかりやすい。ちょうどチェックインの15時くらい。

f:id:yuka_1:20210624233554j:plain

到着

東府やの目の前には、こんないかにもな温泉宿も。「御宿さか屋」というところだそう。

f:id:yuka_1:20210624233607j:plain

さか屋

雰囲気のある温泉アピもあります。

f:id:yuka_1:20210624233619j:plain

吉奈温泉

東府やのロビーは超広いです。売店や大きめのテーブル、本、ソファなんかも置かれ、ラウンジとしての機能もありそうです。

f:id:yuka_1:20210624153049j:plain

ロビー

なんかいい匂いのする読書スペース。こんなおうちに住みたいな。「ママー、きょうね、クワガタ捕まえたの!」みたいな会話が似合う。

f:id:yuka_1:20210624153059j:plain

ロビー付近

東府やResort&Spa-Izu、敷地はなんと3.6万坪。鬼の広さです。しかし客室はたったの30室。チェックイン時も混雑することなく、ゆったりしております。

f:id:yuka_1:20210624233659j:plain

ロビー

チェックイン手続きはフロントではなく、ソファで行いました。こんなお庭が見える席もあります。

f:id:yuka_1:20210624153140j:plain

ロビーの庭

優しく、テキパキとした着物の女性が地図を見せながら館内案内をしてくれます。食事時間の設定もこの時に行いました。

f:id:yuka_1:20210624233645j:plain

超気持ちいい

こちらのロビー、時間帯によってはフリーのドリンクも置かれていました。しかし広〜い敷地にいろんな施設があるためか、誰かが利用しているのを目にすることはなかった。

f:id:yuka_1:20210624153315j:plain

フリードリンク

また別に紹介しますが、別の建物にもっと立派で煌びやかなラウンジがあるのです。

東府やResort&Spa-Izu 部屋紹介

チェックイン手続きや館内案内をしてくれた女性が、荷物を持って部屋まで案内してくれます。たーちゃん(夫)は、預けたリュックが1/3開いていて「こちら...お閉めしてよろしいでしょうか...?」と言われていた。

f:id:yuka_1:20210624235444j:plain

エレベーターで2Fへ

すいません、その人はリュックもズボンのチャックもトイレのフタも開きっぱなしがデフォルトなんですよ...困りますよね...と申し訳なくなる。

f:id:yuka_1:20210624235135j:plain

廊下(いい写真だ)

長い長いなが〜い廊下を歩いて、お部屋に到着。

f:id:yuka_1:20210624152037j:plain

225号室だったと思う

丁寧にお部屋の中も案内いただけました。

 東府やResort&Spa-Izu 部屋紹介

じゃん。玄関はこんな。館内はこの下駄で移動可能です。というかこれ下駄に見えるけれど、下駄デザインのビーサンです。めちゃめちゃ歩きやすかった。

f:id:yuka_1:20210624233713j:plain

玄関

隣にはちっちゃめ靴箱。

f:id:yuka_1:20210624233738j:plain

靴箱

入ってすぐはこんな。荷物ぐちゃぐちゃしていてすいません。

f:id:yuka_1:20210624233725j:plain

室内

「シングルルーム」って名前だし、部屋には微塵も期待していなかったのですが想像よりも遥かに良い。というかこれ「ツインルーム」と名乗っても別に良いのでは。

東府やResort&Spa-Izu 部屋 メインルーム

お部屋はこんな。「部屋にこもってゆっくり」というには確かに狭いかもしれない。しかしこのホテルにはどデカいラウンジ、よくわからない資料館、公園、足湯カフェなど部屋以外にも見どころ満載のため部屋での滞在時間は少ない。ので狭くてオッケー。

f:id:yuka_1:20210624151827j:plain

お部屋

窓際にはゆったり椅子と窓。外には川が流れていて、窓を開けても気持ちよさそうです。

f:id:yuka_1:20210624151847j:plain

くつろぎチェア

猪最中がお茶菓子として置かれていました。猪をかたどった最中です。そのまんま。

f:id:yuka_1:20210624151837j:plain

猪最中

ベッド脇には加湿器。

f:id:yuka_1:20210624151855j:plain

加湿器

部屋の奥から見るとこんな。鏡になっているのはクロゼット、その左はバスルームでこざいます。

f:id:yuka_1:20210624151916j:plain

部屋の奥から見るとこんな

テーブルはこんな。空白恐怖症さながらに所狭しとパンフレットや本が置かれています。

f:id:yuka_1:20210624151935j:plain

デスク

「川に人が通るかも...」という案内ですが、滞在中は特に人は見かけませんでした。あとは隣接するパン屋さんのピザ案内など。「チェックアウトしてから買って帰ろ〜♪」なんて言ってたのにすっかり忘れてた。今思い出したよ。

f:id:yuka_1:20210624151944j:plain

パンフ系

このホテルについて言及されている本も数冊置かれていました。「一度は泊まりたいホテル」的な本に、系列の「赤倉観光ホテル」が掲載されて付箋が貼られていた。泊まってみたい〜。というかこういう本を執筆する人になりたいんだけど、どうすればなれるの?

f:id:yuka_1:20210624151953j:plain

本など

さらに、お土産としてお持ち帰りOKな絵葉書もありました。

f:id:yuka_1:20210624235508j:plain

絵葉書

季節を変えて4種類もあった。葉書は思い出になるし邪魔にならないから持ち帰るようにしている。嬉しいな。

東府やResort&Spa-Izu 部屋 ミニバー

ミニバーはこちら、illyやお茶など。ポッドは2つ、1つはお茶かなんかだっけな?感動したのが、illyマシンに予め水が入っていたこと。こりゃー便利。

f:id:yuka_1:20210624152002j:plain

illy

冷蔵庫内はお水2本を除いて有料です。が、ラウンジでビール飲めるので全然オッケー。

f:id:yuka_1:20210624152010j:plain

冷蔵庫

コップ類。使わず。

f:id:yuka_1:20210624152020j:plain

食器

壁には和な装飾。たーちゃんが「あれ、カワイイ...」とつぶやいていました。オジさんの心をも動かしたようです。

f:id:yuka_1:20210624152029j:plain

和な感じです

ここは小さなお部屋ですが、他には露天風呂付きのお部屋やヴィラタイプなどもある模様。泊まってみたいなあ。

東府やResort&Spa-Izu 部屋 バスルーム

玄関はいって左側がバスルーム。簾ありますが、スケスケ仕様です。

f:id:yuka_1:20210624233750j:plain

バスルーム

バスルーム紹介の前に、こちらの引き出しの内部紹介。上段には浴衣が。ちなみに浴衣は部屋のものを使っても良いし、他の柄がよければロビーにあるものから選択も可能です。ロビーには帯リボンなども置かれていました。

f:id:yuka_1:20210624233801j:plain

浴衣

男性用は青色。同じ柄で猪がプリントされていました。

f:id:yuka_1:20210624233813j:plain

浴衣

そして室内用スリッパ。これかなりモコモコで立派なもの。「お持ち帰りもOKですよ」とのことでしたが、家でスリッパ履かないので置いて帰りました。人気なんだそう。足袋もありました。

f:id:yuka_1:20210624233824j:plain

リッパなスリッパ

さて、バスルームです。右がトイレ、左はシャワールーム。

f:id:yuka_1:20210624233850j:plain

洗面所

嬉しかったのがアメニティ。松山油脂の基礎化粧品トライアルセットが置かれています!これ安いけど余計なもの入ってない感じがして好きなんですよね。内訳は洗顔フォーム、保湿クリーム、クレンジング、乳液、美容液、固形石鹸。固形石鹸以外は2つずつ封入されていたと思います。

f:id:yuka_1:20210624233915j:plain

アメニティ

歯磨き粉にもびっくり。2人で1ヶ月分は持ちそうな大きさ。1日しか使わないのはあまりにアレなので、持って帰りました。

f:id:yuka_1:20210625000029j:plain

歯ブラシ

コップはグラス。清潔です。

f:id:yuka_1:20210624233928j:plain

コップ

ハンドソープは東府やオリジナル。

f:id:yuka_1:20210624233940j:plain

ハンドクリーム

タオルは洗面台の下に。ちなみに施設内の貸切露天風呂にはタオルがどっさり置かれているので、部屋から持っていく必要はありません。

f:id:yuka_1:20210624233952j:plain

タオル

ドライヤーはパナのナノケア。同じような金額帯の宿で埃まみれのNationalのドライヤーが置かれていた悪夢を思い出す。なんだったんだろうあれは。

f:id:yuka_1:20210624151725j:plain

ドライヤー

シャワールームはこんな。狭めですが清潔。見にくいですが左に椅子もあります。でも温泉を利用したのでこちらは未使用。

f:id:yuka_1:20210624151742j:plain

シャワールーム

アメニティはやはり東府やオリジナル。大浴場や貸切風呂にはこのほかMIKIMOTOのものも置かれていました。

f:id:yuka_1:20210624151750j:plain

シャンプー類

トイレはこんな。部屋の大きさからすると広め。そしてピカピカ。

f:id:yuka_1:20210624151734j:plain

トイレ

ただし、トイレと洗面台を仕切るドアがないという謎仕様。簾を下ろせば良いけれど、やっぱり人間、うんこくらい密室なプライベート空間でしたいんんじゃないかなあ。

 東府やResort&Spa-Izu 部屋 まとめ

想像以上の快適なお部屋でした。繰り返しますが、部屋以外にも見所があるので小さな部屋でも満足できます。

我々は土日滞在なのでなかなかな高額でしたが、シングルルームなら平日では3万円を切る価格から宿泊可能なようです。有給取って行きましょう。

>>一休で東府やResort&Spa-Izuを予約する

>>楽天トラベルで東府やResort&Spa-Izuを予約する

>>じゃらんで東府やResort&Spa-Izuを予約する

次はすげえロマンチックな内装のラウンジを紹介します。