ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記①東京タワーなお部屋紹介

憧れホテルのひとつ、オークラ東京。

一休を眺めていると「クラブフロア朝食付き5.7万+1万円分クレジット付」という格安プランが目に飛び込む。これは夢を叶える時が来たと思い、宿泊してきました。

The Okura Tokyo(オークラ東京)とは

f:id:yuka_1:20210709130512j:plain

ウェルカムマンゴージュース

東京の高級ホテルです。

  • 一休評価4.68
  • 今回はクラブルーム(ビューバス)キングを予約
  • 2名ラウンジ+朝食付き57,766円(土日)
  • さらに10,000円分の館内クレジット付き

正規料金だと土日で77,000円です!

一休のメルマガセールで2万円引き、さらに1万円のクレジット付きでした。一休、たまにおったまげるようなお得なセールやってるので要チェキです。

>>一休からThe Okura Tokyoを予約する

f:id:yuka_1:20210709130538j:plain

クラブフロアにてチェックイン

一休ダイヤモンド会員特典は以下。

  • プレステージタワー最上階バーラウンジ「スターライト」でのオリジナルカクテルをプレゼント(1滞在、1泊/人数分)
  • Spa「ANNAYAKE」トリートメントメニュー 15%優待
  • レイトチェックアウト13:00まで (チェックイン時の空き状況により) 

めちゃめちゃ空いていたのでレイトチェックアウト快諾でした。チェックイン後、お部屋まで案内いただく。

The Okura Tokyo(オークラ東京) クラブフロア宿泊記 部屋紹介

アサインいただいたのは3911号室。ちなみにオークラ東京には「プレステージ棟」と「ヘリテージウイング棟」という2つの建物があります。後者は全室クラブ的な建物で、わたしたちが今回止まったのは前者「プレステージ棟」におけるクラブフロアです。

f:id:yuka_1:20210709123737j:plain

入ったところ

玄関入って左手がメインルーム。こんな感じです。48平米。

f:id:yuka_1:20210709123749j:plain

メインルーム

細かく見てみましょう。

The Okura Tokyo(オークラ東京)ミニバー

↑の写真のテーブルの左側がミニバーのクロゼットになっています。案内いただいたときに「これは有料、これは無料!」と明確に教えてもらえてありがたい。

f:id:yuka_1:20210709123800j:plain

ミニバー

冷蔵庫内は基本有料。ただし、左下段のチョコレートのみ無料。カカオ70%〜80%とかの濃さの違う4種類。全部苦かった。

f:id:yuka_1:20210709123812j:plain

冷蔵庫

こちらのお水も無料。ここに4本と、洗面台に2本ありました。FUJIのもの。

f:id:yuka_1:20210709123824j:plain

水はフリー

ネスプレッソも収納されています。

f:id:yuka_1:20210709123835j:plain

ネスプレッソ

ネスプレッソカプセル6つ、それからDilmahの紅茶4フレーバー×2、お茶2種類×2。クラブラウンジのアクセス権ついている部屋で、これ全て消費する人なんていないんじゃないか。

f:id:yuka_1:20210709123847j:plain

お茶系

引き出しにはThe Okura Tokyo刻印のコップたち。文字がキチッとこっち向いていて気持ちが良い。

f:id:yuka_1:20210709123921j:plain

コップ

ワイングラス類。各コップの大きさに応じてピタリと収納できるようになっている。高いホテルのこういう病的に整然としている感じが大好き。

f:id:yuka_1:20210709123932j:plain

美しすぎ

食器屋さんのディスプレイよりも美しい。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 ベッド周り

ベッド周りはこんな感じ。写真に収まらない長いサイドテーブル。

f:id:yuka_1:20210709124006j:plain

サイドテーブル

ベッドの左側に大きめテーブルがあります。お勉強ライトやコンセントも有。ルームサービス2名分もいけそうな広さ。除菌グッズが置かれていました。

f:id:yuka_1:20210709123944j:plain

丸テーブル

テレビリモコン・電話・メモ。ここにゴミ箱あるのイイネ。

f:id:yuka_1:20210709124018j:plain

丸テーブル脇

ベッド正面にはテレビ。ミラーリングしようとしたらうまくいかない。マンダリンでは同じ方法でできたのに、何が悪いのでしょうか。

f:id:yuka_1:20210709124029j:plain

ミラーリングできなかった

ベッドの右側はこんな。電話、1部屋に2つもあるのね。左のタッチパネルで温度調整や目覚まし、カーテンの開閉が可能です。

f:id:yuka_1:20210709124055j:plain

スピーカーもありました

ベッドの上には折り鶴。たーちゃん(夫)が気づかず寝っ転がり、ゴシャアとしていた。あーあ。

f:id:yuka_1:20210709124040j:plain

OMOTENASHI

窓が大きいのでお部屋が広く見えます。

f:id:yuka_1:20210709124119j:plain

ソファは硬め

ベッド横のタッチパネルをピピっとすると、

f:id:yuka_1:20210709124604j:plain

カーテンクローズVer

ウィーンと自動オープン。そして右手には東京タワー!わーい。左には小さくスカイツリーも見えました。贅沢。

f:id:yuka_1:20210709124616j:plain

綺麗ですね

夕暮れになるとライトアップ。

f:id:yuka_1:20210709124718j:plain

オレンジライトがあたたかい

緊急事態宣言か、蔓延防止かわかりませんが東京タワーは20時に消灯でした。19:50頃ホテル内で食事を終えるも、たーちゃんが「お部屋の前に一服〜♪」と喫煙したため、部屋に戻るともう消灯していました。怒

f:id:yuka_1:20210709124833j:plain

目の前のビルは多分ヘリテージウイング棟

しかし、シンボルがなくとも東京の夜景はやっぱり綺麗だなあと思います。窓から見える灯りのついた部屋を見て「いま、映画観てる人もいるだろうな〜」「仕事している人もいるよね」「わたしみたいにボケーっと景色見て同じこと考えている人もいるかな」と空想します。

f:id:yuka_1:20210709124821j:plain

きらきら

チェックイン日は曇っていましたが、翌日は快晴!

f:id:yuka_1:20210709124848j:plain

春の日の空

寝起きが非常に悪いわたしですが、この景色を見ると今日起きれたことに感謝したくなる。住みたいな。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 バスルーム

壁を隔てて向こう側がバスルーム。コンクリシックな雰囲気です。

f:id:yuka_1:20210709124143j:plain

洗面所

こちらも超絶整然とした引き出し。これ、ただ置かれているのではなく、1つ1つの箱の大きさと同じ窪みが引き出し内にあって、そこにピッタリハマるようになっている。

f:id:yuka_1:20210709124157j:plain

ビシっ

ドライヤーはこちら。パナソニック。後ろに写るブラシもここのアメニティです。

f:id:yuka_1:20210709124757j:plain

パナの中級モデル

アメニティはこちら、ミラーハリス!かわいいーー!香水みたいなボトルで香水みたいな香りなの。ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、固形石鹸が2セットずつありました。

f:id:yuka_1:20210709124221j:plain

ミラーハリス

そしてThe Okura Tokyoと言えばなこちら、THREEの基礎化粧品セットです。立派な箱に入れられております。女性だけなのか、1セットのみでした。

f:id:yuka_1:20210709124233j:plain

THREE基礎化粧品

内容はクレンジング、洗顔洗顔(固形)、化粧水、ミルク、コットン。問答無用でお持ち帰り。

f:id:yuka_1:20210709124744j:plain

嬉しい

THREEアメニティといえば、瀬戸内クルーズのガンツウがあります。2名1泊40万円〜という超高級クルーズ船なのですが、どーしても乗ってみたい。いつか泊まろ〜。

f:id:yuka_1:20210709124243j:plain

洗面周り

というかクルーズ船での旅行をしてみたい。映画館とかプールとかついてるでかい船に乗って地中海を1週間かけて観光するの。ものすごく太りそうですが、わたしの夢です。

f:id:yuka_1:20210709124357j:plain

大鏡もありました

さて、今回宿泊したお部屋はビューバスタイプ。ちなみに「マジックミラーなどではないので、気になる場合はカーテン下ろしてください」と案内いただけました。了解です。パレスホテルに泊まった時、それがわからず困ったんだよな。

f:id:yuka_1:20210709124308j:plain

左を頭にして入浴すると東京タワービューです

シャワースペースはこんな感じ。ヘッドシャワーと可動式の2つありでした。

f:id:yuka_1:20210709124332j:plain

コンクリおしゃれ

ビューバス然り、広いお部屋然り、わたしはこういう高級ホテルにめちゃめちゃテンション上がってとてもとても幸せな気分になるのですが、たーちゃん(夫)はそうでもないようで「あー、スゴイネ」「でも温泉の方が好きかなあ」「早くチェックアウトして買い物行きたい」などと言います。なんで?

f:id:yuka_1:20210709124409j:plain

体重計はひっそりと

好みなんて人それぞれだし別に良いんだけどさー。あまりにも楽しくなさそうなので、無理矢理連れてきてしまったのかしらと思い、テンションがとても下がった。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 クロゼット・トイレ

改めて考えると、わたしはホテルの何が好きなんだろう。非日常感と特別感かなあ。高級ホテルというか、ホテル全般が好き。別にビジホでもドミトリーでもテンション上がる。

f:id:yuka_1:20210709124421j:plain

バスローブはこちらに

でもあくまでホテルに宿泊することが非日常だから楽しいんだよな、多分。世界一周は途中で飽きたし、同じようなこと言っている世界一周ブロガーもいるし。

f:id:yuka_1:20210709124523j:plain

ヨガマット

でも、それでもまたやりたいな世界一周。いや、やっぱり旅し続けるのは飽きるから、年に4回海外行きたい。まだまだ行ってみたい国がたーーーくさんある。来年か今年の冬には行けるかなあ。

f:id:yuka_1:20210709124550j:plain

スリッパ

玄関入ってすぐ右にはこのような扉が。

f:id:yuka_1:20210709124432j:plain

トイレドア

開けるとこんな。広いトイレです。お風呂場と同じ感じの内装。

f:id:yuka_1:20210709124445j:plain

タンクレス

個室内に手洗い場付き。固形石鹸も置かれます。

f:id:yuka_1:20210709124511j:plain

トイレ洗面

チリ、ホコリ、水垢ひとつありません。ホテルだからそりゃそうと思いがちだけど、すごいよね。

The Okura Tokyo(オークラ東京)クラブフロア宿泊記 まとめ 

景色に感動!あとお風呂が使いやすく、開放感もあって好きでした。超満足。

なんか、今(2021年7月時点)も一休で「ポイント最大25倍+クレジット1万円」という同じようなセールやっている模様。クラブフロア以外も安そうなのでチャンスかも。

>>一休からThe Okura Tokyoを予約する

 クラブラウンジももちろん堪能したので次回はフード紹介など。ノンアルでしたが、おしゃれワインもどきやケーキなどたくさんでお腹いっぱいになれました。

あと、土日とは思えないほどガラガラでめちゃ快適でした。詳しくはまた次回。