ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記②朝食&ルームサービス&プール紹介

4人朝食付7.2万円というお得プランで滞在したペニンシュラ東京。今回はルームサービスのディナー、朝食、プールを紹介です。前回記事はこちらから↓

都内にいるのにこんなに非日常感を長時間味わえるなんて、ほんと良いお金の使い方。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 ディナールームサービス

まずはディナーから。一休特典の2,500円を使わなければということで、ルームサービスを使ってみることに。とはいえ、連日豪勢な食事をしており今日はそこまで爆食したくない一同。そこで出した結論は、「Uberで焼鳥食べよ!」。

f:id:yuka_1:20210928110847j:plain

わたしの実家はUber未踏の地。ということでパパに会員登録してもらい、初回クーポンを使って俺の焼き鳥を注文。秒で届いた。

ルームサービスではサラダとガーリックシュリンプを注文。4人で2皿というケチ注文なのに、きっちり4人分をテーブルセッティングしてもらえて恐縮。

f:id:yuka_1:20210928110853j:plain

温かパンも添えられました。

f:id:yuka_1:20210928110902j:plain

写真の色味が微妙ですが、めちゃ美味だったガーリックシュリンプ

f:id:yuka_1:20210928110908j:plain

焼き鳥、サラダ、お気楽ディナーの始まりです。仕事終わりのたーちゃんも駆けつけ、パパの話し相手という無給残業をこなす。

f:id:yuka_1:20210928110919j:plain

事前に買っておいたシャンパンもポン!これめちゃ美味しかった。

f:id:yuka_1:20210928110942j:plain

もう1本。ワイン屋さんでおすすめされるがままに購入したニュージーのソーヴィニヨン。

f:id:yuka_1:20210928110926j:plain

もちろん一休特典で頂いたブルゴーニュも開けちゃいます。

f:id:yuka_1:20210929130054j:plain

3本飲んでも足りず、セブンにお酒を買いに出かける。しかし夜風に当たると一瞬で酔いが覚め、もう寝よーという気持ちになってしまう。宅飲みあるある。立派なお風呂を使わずに、シャワーのみで済ませ倒れるように就寝。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 朝食

昨晩はたくさん飲んだとはいえ、あまり食べていなかったため、程よくお腹を空かせて朝食へ。会場はホテルエントランスから数mしか距離のないロビー。やや落ち着かない。

f:id:yuka_1:20210929193852p:plain

(出典:公式サイト)

メニューは和食・洋食・中華からそれぞれ選択可能。わたし・たーちゃん・弟は洋食を、パパは中華を選択。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 朝食 洋食メニュー

洋食のセッティング。メインを1つとアラカルトを好きなだけ選べます。

私はスーパーフードサラダ、フルーツヨーグルト、季節のフルーツを選択。他にはグラノラやコーンフレーク、バーチャミュズリーなどがありました。

f:id:yuka_1:20210924123851j:plain

ドリンクも確か好きなだけ頼めます。オレンジジュースの果実感、伝わる??ヨーグルトはマンゴー味でした。

f:id:yuka_1:20210924123922j:plain

パンは1人3種類。マンゴー乗ってるのがゴージャスです。高級ホテルのパンの味。美味しい。

f:id:yuka_1:20210924123916j:plain

わたしのメイン「スフレパンケーキ」。かわいい〜!しゅわしゅわ生地に酸味あるベリーたち、クリームも甘すぎずとっても美味しい。

f:id:yuka_1:20210924123935j:plain

が、3口食べてやっちまった...と思い始める。デフォルトでパン3つもあるのに、こんなにパンばっかり食べれん...。「シェフのおすすめ!」の但し書きにつられたわたしが悪かった。

半分食べたところでギブ。たーちゃんに「これ、すっごく美味しいから、そっちのメインと半分交換しよう」と提案。優しいたーちゃんは「すっごく美味しいなら全部食べろよ」なんてこと、言いません。

f:id:yuka_1:20210924124005j:plain

こちらがたーちゃんのメイン「ザ・ペニンシュラ エッグベネディクト」。サワーブレッドに厚いベーコンが乗っております。半分強奪しましたが、コクある卵にはっきりとした味わいのベーコンが絡み合い、食べ応えありとても美味しい。

f:id:yuka_1:20210924123945j:plain

こちらは弟の「オープンホワイトオムレツ」。これ、弟の顔よりデカいのでは?というほどの大きさだった。感想は「美味しいけど、こんなにいらない...」。でしょうよ。

f:id:yuka_1:20210924123951j:plain

どれも、メインが超巨大。3/4の大きさで適量かもしれないな。何はともあれ、味は最高でございました。洋食はふつーに頼むと6,072円!高い!...なんて思わずに、日比谷に住んで、フラッと朝ごはんだけ食べて帰る、そんな生活をしたい。するぞ。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 朝食 中華

こちらがパパのオーダーした中華です。中華はベジタリアン対応とのこと。左から海鮮中華粥、焼きそば、ちんげん菜。

f:id:yuka_1:20210924123928j:plain

点心。サーブしてくれたお姉さんに「いかがですか?」と聞かれ「焼きそば、細いですね。僕、肉まん苦手なんですよね...あっコーヒーがとても美味しいです」という素直すぎる感想を、すごく感じよくペラペラと話すパパ。謎おじさん。

f:id:yuka_1:20210924123959j:plain

ちなみに中華朝食も普通に頼むと6,072円。ちょっと割高すぎる気がするかも。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 プール

今回はプールにも遊びに行ったので、ちょっとだけご紹介。人数制限を行なっているようで、チェックイン時に時間を指定して伺いました。コロナ対策のため、部屋で水着に着替えてバスローブ羽織って来てくださいと言われる。

f:id:yuka_1:20210924123635j:plain

6Fスパ受付で部屋番号と名前を伝えると、ロッカールームへ案内してもらえます。ロッカー及びプールはワンフロア下の5F。

f:id:yuka_1:20210924123659j:plain

高級感溢れまくりな更衣室。人数制限を行なっているためか、貸切でした。わたしがいつも通っているカビ生え放題な市民プールとの違いに泣きたくなる。ここに通いたい...。お水も好きに取ってOKな感じ。

f:id:yuka_1:20210924123652j:plain

プール後はここでシャワーもOKです。シャンプー類もあるので手ぶらで大丈夫。

f:id:yuka_1:20210924123704j:plain

基礎化粧品も完備。ESPAという英国ブランドコスメ。めっちゃええやつ...。一通り使いましたが、めちゃ良い匂いで優しい使用感。ただ、クレンジングがあまりメイク落ちないような。拭き取りすべきだったのかなあ。

f:id:yuka_1:20210924123717j:plain

そのほか、シャワーキャップやブラシ、マシェリのワックスまで。

f:id:yuka_1:20210924123723j:plain

そしてこちらにもレプロナイザー!部屋のドライヤーダイソンでもプールのはテスコム、とかあるけれど、徹底していて良いですな。

f:id:yuka_1:20210924123711j:plain

お化粧落としてプールへGO。適当な椅子にお水を置くと、スタッフが後から来てタオル置いたりお水追加で置いたりしておいてくれます。20m、レーンはないが3レーンほどの幅。深さが結構あって、155cmのわたしがギリ目が出るくらい。

f:id:yuka_1:20210929184630j:plain

(出典:公式サイト)

こんなくつろぎスペースやジャグジーなどもありました。わたしは回遊魚のようにひたすら40分ほど泳ぎ続ける。息継ぎするたび、美しい天井やキラキラ輝く壁が目に入り、気分が良い。

f:id:yuka_1:20210929184701j:plain

(出典:公式サイト)

言わずもがなだが、客の民度も高い。泳がずくっちゃべりオバちゃんや、このレーンわたしの!あなたはあっち行って!という謎ルールオバちゃんなんて、当然いない。嗚呼、ここに通いたい....と思いジム利用費を調べると、年会費9,800€。ひゃくさんじゅうまんえん...。

ポンと払えるようにがんばろうと思わせてくれますね(ポジティブ)。

ザ・ペニンシュラ東京の宿泊記 まとめ

お部屋もご飯もプールもサービスも、総じて満足。5つ星ホテルは安心感が違いますね。

1人6,000円の朝食がついて、プールも使えて4人で72,000円って、とってもお得。1人1.8万円!高級ホテル、インバウンドのない今だからこそ、いいんすか!?ってほどの値段で泊まれます。こんな相場、生きてるうちにまたあるかどうか。チャンスです。

>>一休からザ・ペニンシュラ東京を予約する

緊急事態宣言も解除ですね、値上がり前にバシバシ予約しときましょう。