ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

LOM TALAY(タイ・シラチャ)/これがほんとの贅沢かもね

タイに引っ越してきて2日目くらいのディナーです。聞いたこともない街への引っ越し、「相当な田舎?どうしよ?」と微かに不安でしたが、ここに来てから「こんな良いレストランがあるなんて、なんて良い街!!!!」と思えるようになりました。

LOM TALAY(シラチャ)とは

シラチャのタイ料理屋さんです。

  • Google 評価 4.5(2022年11月)
  • 月〜日の17時~0時営業
  • 海沿いのお手軽タイ料理


テラス席・店内合わせて30〜40席くらいあります。平日夜に行ったところ、お客さんは常に2〜3組程度といった感じで快適でした。

LOM TALAY(シラチャ)で食べたもの

お店はこちら。アメリカの田舎の庭のよう。お祭りみたいなチープな電球がいい味出してる。

新しくできたのかしら?高級感はないものの、全体的にかなり清潔と思います。全体的に学祭ちっくでカワイイ。

ビールが安い!大瓶640ml × 3本で259バーツ(=約1,000円)。こんな感じの物価なので、タイではビールばっかり飲んでます。ちなみにワインは輸入税がかかるらしく、めっちゃ高い。タイでもワインつくってるようなので、そっちを試してみようかしら。

ちょーど夕暮れ、美しすぎる。海にかんぺーい!タイ、ビールに氷を入れられます。暑いから?インドネシアはそんなことあまりなかった気がするけれど。ちなみに氷入りビール、嫌がる人もいるけれど私は全然嫌じゃない。コーラに氷入れるのと同じように感じる。

トムヤムクン。辛いけれど、美味しく食べれる辛さです。クリーミーさを感じて最高に美味しい。ところでタイ料理って、調味料としての食材(レモングラスとか唐辛子とか硬い葉っぱとか)が全部投入されていて、どこまで可食かやや悩む。最近は「一噛みで噛み切れないものは食べない」というルールにしています。たぶん正しい。

ブリンブリンのエビがゴロンゴロン。最高!!!

蟹の唐揚げ的なもの。カリカリの揚げたてで出してくれます。タイでビールばっかり飲んでるのは、もちろんワインの値段が高いということもあるけれど、タイ料理があまりにビールに合うものばかりということも理由のひとつ。それにしても、ビールにエビにカニにと、痛風まっしぐらな食生活。

「野菜食べよ」とのことで追加オーダーした、お魚と野菜の炒め物。ヤバ辛でした。たーちゃんは一口食べてゲホゲホ咽せ、「たーちゃん(一人称)、これ食べれない。ユカチャン全部食べて良いよ!代わりにたーちゃん蟹の唐揚げ食べるね!」と宣ってました。ハァ?「代わりに」??
無視無視、半分ずつきっちり取り分けました。

それにしても、静かにおしゃべりしながら、この景色をこの値段で独り占めできるなんて。海は繋がってるんだし、サントリーニ島のレストランで見た夕日も、ここの夕日もその綺麗さに大きな差はないな〜と思う。価格は25倍ほど違うけどね。

徐々に濃くなる空を眺めます。嘘みたいに綺麗。なお、ビーチは整備されておらず、泳げる感じではありません。

美味しい海鮮が格安でたらふく食べらるのがとにかく最高。たーちゃん、タイに赴任になってくれて本当にありがとう。

LOM TALAY(シラチャ) まとめ

最近は「タイのミシュラン全部行く!」「タイのマリオット全部泊まる!」と、ブランドを制覇するというコンプリ精神で行動しようとしている私。それも楽しいんだけれど、こうやって、フラーっと異国の名も無い美味しいレストランを見つけるのもハッピーだよね、とバックパッカー時代の気持ちを思い出す。心の満足度を指針に生きると幸福になりやすい。