ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

ザ・レギャン・トーキョー(THE LEGIAN TOKYO)に行ってきた。アフタヌーンティーを紹介

おしゃれな食事をしたのでブログにします。ザ・レギャン・トーキョー(THE LEGIAN TOKYO)のアフタヌーンティ。ドヤドヤ。

ザ・レギャン・トーキョー(THE LEGIAN TOKYO)とは

f:id:yuka_1:20210102140458j:plain

じゃーん

渋谷のおしゃれな食事処です。「リゾートレストラン」だそうです。

  • ランチ・ディナー時はフレンチ
  • おそらくアフタヌーンティーで有名
  • 渋谷駅から徒歩5分程度
  • 客層は98%女子(2%はデート利用の男性)

お友達が予約をしてくれました。一休で15%くらい安くなったよ〜!とのこと。ありがたい。

ザ・レギャン・トーキョー(THE LEGIAN TOKYO)まで

渋谷のcocotiビルの最上階(天空階!)に入居しています。このビル初めて来ましたが、映画館やゴールドジムなどが入っていました。

f:id:yuka_1:20210102140543p:plain

天空階へ

12階はフロア全てがレギャンです。キレーなお姉さんが恭しく頭を下げて出迎えてくれました。お友達を待つために入り口で待機。ウェイティングスペース的なものはなく、ちょい狭い。

f:id:yuka_1:20210102140529p:plain

入り口

お友達と合流後、ホールへ。水が流れる壁などがありおしゃれ風。一見すると綺麗ですが、まじまじと見るとピカピカに磨き上げられている...!という感じではなかった。汚いわけでは決してありません。

f:id:yuka_1:20210102140449j:plain

廊下

案内されたのは、ホールから一段高いVIP的なひろーい席。なぜここなのかは不明。広いですが、窓からは遠い。窓際だと大きな窓から渋谷を一望できそう。外にはなんとプールもついており、なるほど確かに「リゾートレストラン」だなと思う。

ザ・レギャン・トーキョー(THE LEGIAN TOKYO)のアフタヌーンティ

着座してしばらくすると、紅茶と鳥カゴに収納されたお菓子たちが運ばれてきました。カワイイー!と叫び写真をバシャバシャ撮ります。周りのお客さんもそんな感じなので、あまりマナーとかが気になる感じではありません。

紅茶は飲み放題。メニューから選び、声をかけると運んでもらえます。10種類くらいの紅茶があり、それぞれに効能なども記載されているため選ぶのが楽しい。

f:id:yuka_1:20210102140508j:plain

食事

ゆっくりと優雅にお食事と紅茶を味わう....つもりがお喋りに興じすぎて味を忘れた。というか、喋りまくってたら「お席の方そろそろ時間でして...」と言われた。時間制だったのね...!まだ1プレート分丸々のこってたので、急いでバクバク食べました。この怒涛に喋りまくる感じ、おばちゃんになりつつあるなと感じた。

 

ふう...あとちょっと...と思っていると、何やらプレートが...!

"Happy Wedding♡"

ワーイ嬉しい。 お友達が用意していてくれたようです。実はわたしも彼女も新婚なのです。ちなみにこのお皿の可食部は蝋燭の突き刺さった白鳥で、どうシェアするか困った。2匹くれ。

f:id:yuka_1:20210102140516j:plain

サプライズ

滞在時間2時間なうえ、お喋りメインだったので写真が少ないのですが、こんな感じでした。雰囲気は良いですが料理と接客は普通。人によってですが、忙しいのか、ちょい雑かなぁと思うこともなくもなく。あ、最初に出てきたスープとパニーニが美味しかったので食事してみたいなと思った。

 

写真が少ないので、2年前にロンドンで食べた本場アフタヌーンティをちょろっと紹介します。"Scoff & Banter"というお店。1つ1つのお菓子があまりに大きくビビリ倒した。

f:id:yuka_1:20210104190518j:plain

ロンドンのアフタヌーンティ

弟2人とわたしとで行ったのに、食べきれず残した思い出。3人とも、どうやってももう炭水化物を取り込めない...帰りたい...という状態になった。味は全然悪くなかったです。

f:id:yuka_1:20210104190606j:plain

食器類は死ぬほどカワイイ

ロンドンで手軽にアフタヌーンティを楽しめるのでおすすめなんですが、今見ると臨時休業中となっていました。ヨーロッパはどこもそうなのかなあ。早く旅行に行きたいな。

 

それではまた。