ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

ザ・キャピトルホテル東急の宿泊記①クラブデラックスハリウッド部屋紹介

「ミニバー無料」「シャンパンをルームサービスで頼み放題」という緊急事態宣言中のびっくりサービスの噂を耳にし、まじかよと真偽を探るべくお邪魔してきました。キャピトルホテル東急のクラブフロアです。

ザ・キャピトルホテル東急とは

f:id:yuka_1:20211010125357j:plain

国会議事堂前にある高級ホテルです。

  • 一休評価4.86(東京1位)
  • フォーブズ2021年5つ星 
  • 1泊2名朝食付51,248円

 

一休ダイヤモンド特典は以下。

  • アーリーチェックイン14:00から
  • レイトチェックアウト13:00まで 
  • チョコレートアソート
  • 駐車場料金50%割引

 

ゴマンとある都内高級ホテルの中で、群を抜いて口コミ1位のこのホテル。泊まって納得、サービスも雰囲気も食事も、最高でございました。

>>一休からザ・キャピトルホテル東急を予約する

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 チェックイン

ホテルに入り名前を告げると27Fへと案内される。クラブラウンジがあるフロアです。こちらへどうぞ、と窓際のカウンターに。おお、早速、議事堂viewを堪能です。うっすらですがスカイツリーも見えますね。

f:id:yuka_1:20211010125402j:plain

チェックインの案内より先に、飲み物のオーダーをしてもらえる。宣言中につき、ラウンジでアルコールは提供できないとのこと。しかし2ページにわたる豊富なメニューを渡され感動。見たことない紅茶もたくさん、ストロベリーのにしました。ポッドかわいい!

お茶菓子と一緒にいただきます。ほっくり餡で疲れが吹き飛ぶ。嗚呼、幸せ。

f:id:yuka_1:20211010125735j:plain

お菓子を食べてゆっくりしたところで、チェックインの案内がありました。間が良い!そしてこの後そのままアフタヌーンティタイムに突入。その様子は次回記事にて。

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 部屋紹介

さてさてお部屋へ参りましょう。今回アサインいただいたのは2804号室なり。

f:id:yuka_1:20211010130652j:plain

オープン。謎の「しろ」。左手は洗面&ミニバー、右手はお風呂があります。

f:id:yuka_1:20211010130706j:plain

まずは左手に進みましょう。荷物置き、その隣がミニバーです。

f:id:yuka_1:20211010130711j:plain

こんな感じで、ミニバーの対面に洗面があります。変わった配置。

f:id:yuka_1:20211010130723j:plain

そしてメインルームはこんな感じ。44.9㎡。ランプや壁紙など、和な感じがとっても素敵。

f:id:yuka_1:20211010130842j:plain

ツインベッド。たーちゃんが隙間にハマりに行って「抜けなくなった、抜けなくなった〜」とバタバタしていました。5歳児かな?

f:id:yuka_1:20211010131001j:plain

ベッド脇は電話、ティッシュ、時計、リモコン。これをピッとするとカーテンが自動開閉します。

f:id:yuka_1:20211010130936j:plain

ウィーン...

f:id:yuka_1:20211010130949j:plain

じゃん。ばっちり国会議事堂がお目見えです。右手には首相官邸も見えます。日曜だったので人の気配はあまりない。景色がスゴいホテルという印象がなかったのですが、こんなに東京を感じられるなんて素敵。

f:id:yuka_1:20211010130955j:plain

「岸田さん、金融資産増税なんて言わんどいて〜」。念を送っておきましょう。

f:id:yuka_1:20211010131709j:plain

寝っ転がれるソファも。クラブラウンジのカクテルタイムは、お酒の関係で部屋で楽みました。ここに座ってダラっと飲酒。最高でした。

f:id:yuka_1:20211010131036j:plain

ウェルカムギフト。左はカワイイ飴とおせんべいの詰め合わせ。右はチョコレート。

f:id:yuka_1:20211010130923j:plain

ルクセンブルクかどこかの老舗チョコレートらしい。薄いのが8枚入り、甘々でした。

f:id:yuka_1:20211010131755j:plain

ベッド側から見るとこんな感じ。テレビ、その下にはBuletoothスピーカー。お仕事デスクも広々です。床に置かれるのは加湿清浄機。

f:id:yuka_1:20211010130906j:plain

右手に映る残像はミニバー内のポテチを高速で貪るたーちゃんのおてて。

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 部屋紹介 ミニバー

ミニバーを見ていきましょう。緊急事態宣言中のスペシャル特典で、なんとなんと、ミニバーが全て無料!あり得ん!しかも、カクテルタイムには好きなアルコールを全て部屋に持ってきてくれるのです!ぎょえ〜。

f:id:yuka_1:20211010130753j:plain

早速拝見してみましょう。引き出し内部、左手は冷蔵庫。

f:id:yuka_1:20211010130824j:plain

右手の棚にはこちら。リキュール類とおつまみ、赤ワイン。たーちゃんは迷わずポテチを開け1人で2袋平げておりました。もちろん無料。

f:id:yuka_1:20211010130818j:plain

ミニミニリキュールも無料。後述しますが、オレンジジュースや炭酸水など割りものもあります。わたしたちはワインをガバガバ飲んだので、こちらには手をつけず。

f:id:yuka_1:20211010131701j:plain

引き出し2段目。ネスプレッソカプセルや紅茶など。こちらは普段から無料だと思います。

f:id:yuka_1:20211010130836j:plain

一番下にはポッドとアイスペール。

f:id:yuka_1:20211010130900j:plain

そしてそして、冷蔵庫。こんなか全部無料て夢がありすぎる。

f:id:yuka_1:20211010130855j:plain

ほれほれ、ハーフモエシャンのほか、レモンビール、キュリオスティコーラなど普段あまり飲む機会のないものもたっぷり。

f:id:yuka_1:20211010130849j:plain

普通に頼んだらいくらなんじゃろ...と思いつい見ちゃった料金表。シャンパン、ワイン、ビール、ソフドリ全て、ポテチ、ジャーキーをいただきました。締めて2万円分とか...?うぐぐ、富豪かよ。

f:id:yuka_1:20211010131718j:plain

ワインのおつまみになったチョコレート。1つ540円...美味しかった〜。

f:id:yuka_1:20211010131349j:plain

「味見させて〜」と言った時にはすっからかんになっていたトリュフポテチ。匂いは美味しかったです。

f:id:yuka_1:20211010131341j:plain

深夜のおつまみ。昔の会社の先輩がこれをデスクに蓄えていて、残業してると差し出してくれたのを思い出す。美味しいんだけど、オフィスで食べる匂いじゃないんだよな。

f:id:yuka_1:20211010131332j:plain

いただいた飲み物たち。ビールと白ワインは2日目の朝に開けました。このほか、ルームサービス(無料)でシャンパン1本とソーヴィニヨン1本を飲みました。酒豪歓喜

f:id:yuka_1:20211010131732j:plain

これはもしや、史上最強にお得な宿泊だったのではなかろうか。

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 部屋紹介 アメニティ

続いて洗面所を詳しく紹介です。

f:id:yuka_1:20211010130729j:plain

マウスウォッシュと女優ミラー。縁が光るやつですね。

f:id:yuka_1:20211010130735j:plain

左手には除菌シート、除菌スプレー、石鹸、ボディミルク。石鹸、ミルクはTHEMAEというブランド。

f:id:yuka_1:20211010130741j:plain

引き出しには細々アメニティ。ブラシ、歯ブラシ、ボディタオル、綿棒、などなど。

f:id:yuka_1:20211010130747j:plain

基礎化粧品は電話すると持ってきてくれました。カルトゥージアというイタリアブランド。パケが可愛い〜!

f:id:yuka_1:20211010131254j:plain

バスソルトは2セット。桜色で上品な感じになりました。

f:id:yuka_1:20211010131358j:plain

ドライヤーはパナソニック

f:id:yuka_1:20211010130759j:plain

高級感あふれまくるタオル。このお部屋、ゴミ箱たくさんあるのがとても良い。ここにも、デスクの下にも、居間にもあった気がする。

f:id:yuka_1:20211010130812j:plain

広々洗面で朝もルンルンおめかしが叶いました。

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 部屋紹介 バスルーム

続いてお風呂。全面鏡!これも珍しい。広く感じますね。

f:id:yuka_1:20211010131013j:plain

シャワールームは浴槽の対面に。こちらも広めです。

f:id:yuka_1:20211010131007j:plain

アメニティは石鹸と同じくTHEMAE。読み方は「テマエ」、茶道からインスパイアされたというフランス産のブランドです。ほー、ということは「結構なお手前で」の「手前」なのかな。

f:id:yuka_1:20211010131019j:plain

タオル系はお風呂の奥に。下には体重計も潜んでいました。その奥はお手洗い。

f:id:yuka_1:20211010131024j:plain

こんな感じです。シンプル。

f:id:yuka_1:20211010131050j:plain

トイレを右手に進むと、玄関へと戻ります。玄関のすぐ隣がクローゼット。扉はなし。

f:id:yuka_1:20211010130717j:plain

荷物置きの下にはパジャマとスリッパ、

f:id:yuka_1:20211010131302j:plain

それから極厚バスローブも。

f:id:yuka_1:20211010131307j:plain

夜景はこんな。国会議事堂は消灯、超高層というわけではありませんが、整然とした美しい夜景を楽しみました。

f:id:yuka_1:20211010131415j:plain

綺麗でセンス良く、かゆいところに手が届く素敵なお部屋でございました。

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア宿泊記 部屋紹介 まとめ

上質で品の良いお部屋。おしゃれなんですが、気張ったところがなくてとっても居心地が良い。和のテイストがそう感じさせるのかしら。ミニバー無料というびっくり特典がなかったとしても、絶賛すると思います。

>>一休からザ・キャピトルホテル東急を予約する

お次はラウンジでのアフタヌーンティとお部屋で楽しんだカクテルタイムのお酒とオードブルをご紹介。どちらもハイクオリティで大大大満足です。