ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記①ライブリーダブルルーム紹介

「程よい価格帯のホテル滞在で非日常を楽しみたい」の第2段。庭のホテル東京に続き、都内ホテルに連泊です。2泊目は、インスタの広告でやたらと流れてくる、こちらのホテル。

THE LIVELY 麻布十番とは

f:id:yuka_1:20211025194443j:plain

麻布十番のオシャレホテルです。

  • 一休評価4.46
  • 麻布十番から徒歩5分、全62室
  • 今回はライブリーダブルルームに宿泊
  • 1泊1名朝食付12,382円


一休ダイヤモンド会員特典は以下。

  • アーリーチェックイン 14:00 
  • レイトチェックアウト 12:00 
  • クラフトチューハイ2本

 

インスタの登場頻度から想像した通り、「映え」にプライオリティを置いたホテルです。Under30だとお安く泊まれるプランもたくさんあります。

>>一休からTHE LIVELY 麻布十番を予約する

ちなみにプランに関わらず、宿泊者は17:30-18:30にてフリービールを楽しめます!こりゃイイネ!

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記 チェックイン

麻布十番から六本木の方へ歩いて5分くらいでホテルに到着。道中、学生時代のバイト先が跡形もなく消えていて(移転してた)しんみりする。

エントランスにはブランコなんかも飾られており、さっそく映えな感じです。

f:id:yuka_1:20211025204402j:plain

チェックインは2Fのフロントにて。

f:id:yuka_1:20211025195523j:plain

フロントはこんな感じです。ポップコーンワゴンみたいな孤立したカウンターが3つ。超さっぱりです。事前にオンラインチェックインをしていたので、キーをもらって簡素すぎる説明を受けて終わり。

f:id:yuka_1:20211025201334j:plain

吹き抜ける、エントランス。デザインセンスは良いが、接客センスはイマイチか。事務的、一休特典の案内(レイトチェックアウトの可否やチューハイについての説明)も皆無。

f:id:yuka_1:20211025201340j:plain

うーん、どうなんでしょ。まあ宿泊費もさっぱりしているし、コッテリした接客は求めないでおきましょうか。

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記 部屋紹介

アサインされたのは703号室。7Fですね。こんな感じでやや重厚感のあるトビラ。

f:id:yuka_1:20211025203113j:plain

開けるとこう。見えてませんが、すぐ左手にはお手洗いがあります。

f:id:yuka_1:20211025201346j:plain

お部屋はこんな。玄関の電球が切れているらしく、写真が暗くなっちゃう。わたしはこういうの、あんまりクレームしに行かない。めんどくさいから。そしてこうしてブログでネチネチする。タチが悪いです。

f:id:yuka_1:20211025201701j:plain

景色はこんな。砂時計みたいな森ビルのタワマンが目を引きますね。それ以外は特に景色なし。

f:id:yuka_1:20211025201439j:plain

枕側から見るとこんな感じ。テレビがパカっと、おしゃれです。ちなみにお部屋は20平米。ビジホにうぶ毛が生えた程度の広さです。

f:id:yuka_1:20211025201406j:plain

パジャマもあり!おそらく男女兼用、結構大きめのセパレート。ネイビー×グレーで人間誰しもが似合う色合い。しっかりした生地で無印良品に売ってそう。

f:id:yuka_1:20211027104828j:plain

ベッド脇には電灯系。

f:id:yuka_1:20211025201726j:plain

コンセントはそのすぐ下の棚にあります。充電しながら眠れます。

f:id:yuka_1:20211025201742j:plain

ベッドにゴロンとすると、こんな感じ。おしゃれっすね。ちなみにパカっとしてるところの右ドアは、鏡となっています。

f:id:yuka_1:20211025201734j:plain

こんな。"Meet locals,feel global."コロナ禍に虚しく響く落書きもあり。ちなみに、位置的に鏡としての利便性は全くない。

f:id:yuka_1:20211025201807j:plain

サイドテーブルには除菌スプレーが置かれます。ちなみにテーブルはPC作業するには心許ない大きさ&低さ。ですが、このホテルにはカフェのような無料ラウンジがあるので問題なし。同じようにPC作業する宿泊者が集う感じで居心地もよかった。詳しくは次回紹介いたします。

f:id:yuka_1:20211027174742j:plain

椅子はこんな。地下鉄でスリに切り裂かれたみたいなデザインのクッション。ダメージジーンズもそうですが、傷つける系のデザインにおしゃれみを感じられない。

f:id:yuka_1:20211025201432j:plain

カーテンは、イケてるように感じます。チェックだと小学生のお部屋みたいになるのに、千鳥格子だと一気に大人。

f:id:yuka_1:20211027104927j:plain

ベッド脇にはスマホ。その隣のどら焼きに足が生えたような置き物には、中に豆電球が入ってました。間接照明でしょうか。埃被ってたし、必要性も感じず利用しなかった。

f:id:yuka_1:20211025201448j:plain

テレビの横はこんな感じ。ミニバーと荷物置き。上にはポールがあり、クローゼットの役割を果たす。

f:id:yuka_1:20211025201503j:plain

ゴツい家具がないせいか、20㎡の割には広く感じられますね。

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記 部屋紹介 ミニバー

ミニバーはこんな。マグがかわええです。お水はホテルオリジナルのが常温で2本。

f:id:yuka_1:20211025201511j:plain

コーヒーと煎茶が2つずつ。これさ、コーヒ、埃かぶってるのわかる??こんな感じで、部屋中あちこちうっすら埃だらけでウーン...となった。

せっかくイケてるインテリアなんだから、掃除も頑張れ。高い服なのにアイロンめんどくさくてシワシワのまま着ているたーちゃん(夫)を思い出す。

f:id:yuka_1:20211025201518j:plain

ポッドはデロンギ

そういえば、結婚したての時、新居に遊びに来た実母に「アイロンかけてあげなさいよー。面倒だったらクリーニングでも良いし。既婚なのにシワシワのシャツ着てたら『あらあそこの奥さん、アイロンもかけてくれないのね』って思われちゃうよ。あなたの評価が落ちる」的なことを言われた。

f:id:yuka_1:20211025201649j:plain

その価値観におったまげたわたし。自分で着る服なんだから自分でアイロンしやがれファッキュー!と考えています。わたしの人生の大事な時間をアイロンがけに使いとうない。あまりに昭和的な考え(母は昭和生まれだからそりゃそう)と驚く…が、夫の職場の人の大半は昭和生まれということを考えると、無下にはできない。

f:id:yuka_1:20211025201643j:plain

こちらは一休特典のクラフトチューハイ。フロントで何の案内もなかったので、飲んでいいものかやや迷う。が、精算書なども見当たらないので飲んで良いでしょと判断、プシュー。9%のゴリゴリアルコホールでした。

f:id:yuka_1:20211027104908j:plain

ちなみにたーちゃんのシャツは、今のところシワシワのままです。あまりにシワクチャな日は、わたしの機嫌が良ければわたしがかけ、機嫌が悪い日はたーちゃんに「シワシワ!身だしなみ!不潔!アイロンしなさい!」と強制します。

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記 部屋紹介 バスルーム

続いてバスルームのご紹介。こんな感じで、一角が洗面台とシャワールームとなっています。

f:id:yuka_1:20211025201655j:plain

コンパクトな洗面台。左手にチラッと写ってますが、引き戸があるのでちゃんと隠せます。

f:id:yuka_1:20211025201524j:plain

下の棚にはタオル、パジャマ、スリッパが2組ずつ。

f:id:yuka_1:20211025201530j:plain

ハンドソープとティッシュ。壁紙がおしゃれ。

f:id:yuka_1:20211025201535j:plain

大鏡もあるのでお化粧もバッチリ。欲を言えば、座って化粧したいのでもっと下に置いて&椅子も置いて欲しい。

f:id:yuka_1:20211025201542j:plain

洗面台の引き出しにはアメニティセット。歯ブラシ、ブラシ、剃刀など必要最低限なものたちが一通り。アイロン、スチーマーは無料貸し、基礎化粧品は有料だそう。価格は未確認。

f:id:yuka_1:20211025201758j:plain

隣の引き出しにはドライヤー。速乾のサロニア製でございます。

f:id:yuka_1:20211025203050j:plain

シャワールームはこんな感じ。ネカフェよりやや広い程度。バスタブなし、でもインバウンドを狙ってそうだし特に問題ないのでしょう。わたしも全然シャワーで良い。

f:id:yuka_1:20211027104757j:plain

シンプルが過ぎるシャンプー系。中身は不明。使用感も普通、特に印象に残らず。

f:id:yuka_1:20211025201629j:plain

お手洗いは独立、玄関入ってすぐ左に位置します。広々、ここもおしゃれな雰囲気です。

f:id:yuka_1:20211025201635j:plain

バストイレ別ってのは、やっぱり嬉しい。トイレ見ながらお風呂入るの、

THE LIVELY 麻布十番の宿泊記 部屋紹介 まとめ

どこまでも、瀟洒なお部屋。一休のプラン名に「六本木・麻布十番 インスタ映えライフスタイルホテル」なんかもあって、狙いが非常にわかりやすい。そして狙いはバッチリ当ててると感じます。

>>一休からTHE LIVELY 麻布十番を予約する

なんと言っても、ここのホテルに泊まってよかったな〜と思う大きなポイントは、フリービールが提供されるラウンジの居心地の良さ。というわけで、次回はラウンジの様子をご紹介。朝食付きプランにて宿泊したので、カフェでのご飯も併せて見せます。