ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

モロッコ旅行記②サハラ砂漠の街・メルズーガ編〜ラクダと人生ベストホテル

過去の海外旅行を振り返ろうシリーズ、モロッコ・メルズーガ編です。聞き慣れない街の名前ですよね。わたしも旅行するまで知らなかった。ですが、モロッコで1番好きな場所となりました。前回記事はこちらから↓

ロッコ旅行記 メルズーガ編

メルズーガとはモロッコ南東部、砂漠の中にある小さな村。シャウエンからバスに乗り継ぎ、近くの大きな街まで来たものの、その先のホテルまでのアクセスがわからず途方に暮れる。タクシーは高いので乗りたくない。

f:id:yuka_1:20220126211103j:plain

途方に暮れつつ、バス会社のおっちゃんに「このホテルに行きたいんだけど、どうすりゃいい?」と聞いてみる。すると、近くで談笑している別のおっちゃんに声をかけに行った。

「え、君、ユカ?予約入ってたね。俺ホテルのオーナーやで。送ってくわ」と、なんと偶然オーナーと会えました。ホテルからここ、40kmくらいあるのに・・・。すごすぎん?

f:id:yuka_1:20220126211146j:plain

↑ちなみに道中はこんな感じ。「てか、俺に会わなきゃどうするつもりだったの?タクシー高いから乗りたくないって言ってたけど、タクシーじゃなきゃ無理だよ、道こんな感じだしww」

確かに・・・。ラッキーにも程がある!そして到着したホテル。「Soleil Bleu」。1泊朝食付1,000円です。

f:id:yuka_1:20220126211133j:plain

この景色!後ろに広がるのはサハラ砂漠。超広い敷地内に、宿泊客はわたし1人。なんて最高なのでしょう。ちなみにこのホテル、わたしが人生で宿泊したところでNo.1の満足度です。300軒くらいホテル泊まってると思いますが、その中で1位!

f:id:yuka_1:20220126211159j:plain

何が良いって、貸切だからスタッフは全員わたしの話し相手をしてくれる。可愛いインテリア、美味しい食事、そしてネコ!!敷地内に常に数匹おり、とっても可愛がられている模様。

f:id:yuka_1:20220126211213j:plain

人懐っこく、座ってるとすぐに近寄ってきてくれます。みんな名前を付けられていて幸せそ〜。

f:id:yuka_1:20220126211231j:plain

こちらはお庭のテラス席。2ニャンコ。わーー、写真見てたらとっても行きたくなってきた。いつか絶対にたーちゃんと再訪しよう。いつかと言ってると、アフリカなんて行けない体力になってしまいそうなので、40歳までには。

f:id:yuka_1:20220126211416j:plain

溜まってた洗濯物を一気に洗う。これ以上ない乾燥環境。5分で乾きます。

f:id:yuka_1:20220126211150j:plain

午後からはラクダ乗り体験。何も決めてなかったのですが、ホテルの人に聞くと色々案内してくれました。別の場所からラクダとラクダ使いをチャーターしてくれ、出発です。

f:id:yuka_1:20220126211239j:plain

ズンズンズンズン、進みます。何この絶景。砂の音しかしません。数十分、ラクダに乗って体験〜♪という感じではなく、2時間くらいずうーっと歩きます。

f:id:yuka_1:20220126211235j:plain

たまーにこういう車の跡も。4DWでドライブして、砂漠でキャンプするツアーも人気の模様。次の街で、それに参加したという日本人と出会う。「まじ寒くて眠れなかったから、ラクダ乗りくらいで十分だよ」と言っていた。

f:id:yuka_1:20220126211309j:plain

「あっち、もうちょっと行ったらアルジェリアだよ」とのこと。砂漠の国境、わかるのかな。

f:id:yuka_1:20220126211305j:plain

だんだん空がピンク色に。夢の中みたいな景色です。途中で降ろしてもらって、靴下を脱いで砂漠を歩く。超サラサラで足につかない。

f:id:yuka_1:20220126211438j:plain

ラクダ使いのおっちゃんが「ちょっとお祈りの時間だから、そこでラクダと待っててね」とのこと。どっか行っちゃった。

f:id:yuka_1:20220126211434j:plain

砂漠で寝そべり、帰りを待つ。あっという間に暗くなり、ホテルへ帰宅。本当に豊かな時間。

f:id:yuka_1:20220126211429j:plain

ちなみに訪問時期は1月で、昼間でも結構寒い。ニットにコートを羽織っておりました。夜になるとさらに一気に冷え込みます。

f:id:yuka_1:20220126211424j:plain

ホテルにただいま〜。「どうだった?写真見せてよ」「チャイ、いる?」と話しかけてくれるスタッフさん。一人旅にありがたい〜。

f:id:yuka_1:20220126211818j:plain

「貸切だから好きなとこでご飯食べていーよ!こことか使う?」と見せてもらった大広間。さすがに侘しいので、フロントでスタッフの人たちといただきました。

f:id:yuka_1:20220126211412j:plain

魔の食べ物みたいな写り方・・・。美味しいタジン鍋でした。

f:id:yuka_1:20220126211116j:plain

お風呂は言えば温かいお湯を出す準備をしてくれます。到着に1度シャワーを浴び、砂漠から帰宅後も再度お願いしようとしたら「エッさっき入ったやん」と言われた。水とかお湯とか貴重なものなのかしら…やっぱやめよと思うも、「でもオッケ〜!待っててね」とすぐに準備してくれました。

f:id:yuka_1:20220126211204j:plain

ご飯中に「分けてくれ〜」と寄ってきたネコ。あげるとスコスコ眠りだした。かわえ〜。

f:id:yuka_1:20220126211112j:plain

そして朝ごはん!よく見るとパンしかないのですが、おしゃれ。ちなみに朝食付きで1,000円でした。そしてドミトリーじゃなくて個室です。

f:id:yuka_1:20220126211138j:plain

このホテルに来る方法を全く考えていなかったわたしは、もちろん次の街へ移動する方法も考えていませんでした。なんとかなるやろ精神。ホテルのスタッフに相談すると「明日、ちょうどこの辺通るツアーバスがあるっぽい!ついでに乗せてってもらいなよ」とのこと!

なんとかなった。そして翌日、ツアーバスに乗せてもらい、無料でこの辺の周遊ツアーに参加させてもらえました。わーい。

ロッコ旅行記 メルズーガ編 まとめ

ホテルから数歩でサハラ砂漠っていう特殊な環境が良かったのはもちろん、ホテルの居心地がとにかく良かった。付かず離れずでお喋りしてくれる感じ。

ちなみに今見ると、Booking.comの評価9.6になってました。宿泊時は8.9。さすがです。