ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

26歳・Travel Writer

焼鳥おみ乃(神谷町)に行ってきた。ミシュラン1つ星の新店舗

ミシュラン1つ星の焼き鳥店、押上おみ乃。2021年に2店舗目が神谷町に誕生、こちらもすこぶる評判が良いらしいということで、早速訪問。うまかったー。

焼鳥おみ乃(神谷町)とは

f:id:yuka_1:20210816152842j:plain

 神谷町にある焼鳥店です。

  • 本店は押上、ミシュラン1つ星
  • 神谷町店は2021年3月オープン
  • 予約はOMAKASEから可能
  • おまかせディナーコース12,000円をオーダー

焼き鳥大好きなたーちゃん。当日の1週間前からソワソワし、「あと3日だ〜」「早く...明日になれ...」と毎日言っていました。かわいいオジさんです。

焼鳥おみ乃(神谷町)で食べたもの

予約時間の16時半にお店に到着。2回転制なのかな?16:35〜18:45という変な時間枠でした。高級寿司屋さんのような、厨房を囲むコの字型のカウンター。ニッコリ笑顔でお待ちしておりました、と迎えてくれます。

食前酒はこちら、Muku。過熟ブドウから作られる甘口ワインです。うま〜!と思い購入しようと検索すると、ハーフボトルで5,000〜6,000円。5分で飲み干し虚無な気持ちになる未来が想像できたため、ちょっと考えよう。

f:id:yuka_1:20210816152847j:plain

夢久

ワインの勢いがついたため、1杯目はカヴァをオーダー。キッチンで雨降ってんの?ってくらい謎にグラスがビシャビシャだった。まあいいんだけど。

f:id:yuka_1:20210816152913j:plain

カヴァ

1品目。とうもろこしとトマト、オクラ、純菜のゼリー。初っ端から、びっくりしちゃうくらい美味しい。スッキリ甘く、トマトがフレッシュ。訪問は6月末、夏の始まりにぴったりです。

f:id:yuka_1:20210816152919j:plain

トマトのゼリー風

2品目、伊達鶏胸肉と芋茎、ヤングコーン。カリコリしつつ、しっとり。焼き鳥が焼かれ始め、良い匂いが充満する。

f:id:yuka_1:20210816152926j:plain

ヤングコーン

そして焼き鳥が登場。ももの付け根?と砂肝。ももはジュワッとどっしり。表面はパリッと香ばしい。圧巻、無言でむしゃむしゃ。砂肝は柚子でさっぱり。う、うまー。

f:id:yuka_1:20210816152933j:plain

もも&砂肝

大根おろしもよく合って、減ってくるとすぐに追加してくれます。そのほか調味料はテーブルの上に1人1セット。

f:id:yuka_1:20210816152939j:plain

醤油、七味など

串が続く。軟骨です。骨と言いつつ、脂身がたっぷりでプルルン。

f:id:yuka_1:20210816152945j:plain

軟骨

ほわわん、銀杏。おつまみ味。

f:id:yuka_1:20210816152951j:plain

銀杏

たまご、ぷるんとした白身に黄身がトロン。心の底から美味しい。

f:id:yuka_1:20210816152956j:plain

たまご

ズッキーニ。高級食材が美味しいってわけじゃないよなー、と思う。高級食材はレアだから高級なんだよね。食材だけに関して言えば、値段と味は相関しない。

f:id:yuka_1:20210816153002j:plain

ズッキーニ

例えばもやしが激レア食材だったら1万円/100gとかで売れるかも。松茸みたいに。「この透明感と軽やか食感、何に合わせても美味しい不思議な高級食材」って広告されて、高級旅館の〆の味噌汁の具の代表選手になるかもしれない。

f:id:yuka_1:20210816153008j:plain

お次はこちら、レバーペースト。お口の中で完成する系。一口でいただきます。パリパリねっとり。

f:id:yuka_1:20210816153014j:plain

レバーペースト

つくね。食べ応えアリアリ。「ぽたぽた焼きみたいな味する...」と感じたままの感想を小さい声で述べたところ、たーちゃんに見下すような目をされた(気がした)。

f:id:yuka_1:20210816153020j:plain

つくね

もも肉の冷しゃぶ。お皿はトトロが持ってそうな葉っぱ。さっぱり、梅雨から夏という季節を感じさせます。

f:id:yuka_1:20210816153026j:plain

冷しゃぶ

ロワールのミュスカデ。シュルリー表記がありました。フレッシュ、飲んでないみたいに軽い。

f:id:yuka_1:20210816153034j:plain

ミュスカデ

かしわ。でかい!柔らかく、肉喰ってる!と言う感じ。ただし先に注文したワインと絶望的に合わない。肉の後にワインを飲むと、一気にアルコールの感じが漂う。わたしのミス。

f:id:yuka_1:20210816153040j:plain

かしわ

手羽先。中には新蓮根、お米などが詰められます。一気にお腹いっぱいに。

f:id:yuka_1:20210816153046j:plain

手羽

押上店は「ストップと言うまで永遠に提供される」形式のお店だそうですが、神谷店はコース形式。終わりが見えているので、安心して食べられます。

こんがり焼かれたこちらは、丸はつです。心臓の内膜とのこと、あまりイメージが湧かないが、ハツっぽい感じです。生姜とも合う。

f:id:yuka_1:20210816153052j:plain

まるはつ

ししとう。ジューシー、さっぱりと交互に出てきて小気味良い。今気づいたけれど、皿もカワイイな。

f:id:yuka_1:20210816153100j:plain

ししとう

レバーかな。モソモソしてて好きじゃないんですが、これはモキュ!ネトっ!としてて大変うまい。

f:id:yuka_1:20210816153109j:plain

レバー

これにて串は終了。追加注文ありますか?と聞いてくれましたが、程よく満腹のためお代わりはなしにしました。

f:id:yuka_1:20210816153114j:plain

オリジナル皿

〆の登場。たまごとそぼろをご飯にかけていただくのですが、これがもう、う!ま!い!頭の中「うま〜〜〜」でいっぱいになりました。

殴り合いをしている2人がいて、それぞれのお口にこのTKGをポイっと投げ込めばあまりの旨さにすぐさま喧嘩を止めるでしょう。怒りもイライラも忘れてしまう、パワフルな美味しさ。

f:id:yuka_1:20210816153120j:plain

帰り道、たーちゃんと何が一番美味しかった?という話に。2人とも、この卵かけご飯と即答でした。串じゃないんかい、と言いたいところですが、ご飯があまりにわかりやすく美味しかったんだもん。

デザートも手抜きなし。びわアールグレイのシャーベット。なんておしゃれな。

f:id:yuka_1:20210816153126j:plain

シャーベット

お口をさっぱりさせて、ごちそうさま。幸せな2時間を過ごしました。

焼鳥おみ乃(神谷町)まとめ

どのお皿も凝ってておいしかった。焼鳥は強火で焼く系で好みです。焼鳥食った!というより焼鳥メインのコース和食食った!って感じ。接客も丁寧で、気持ち良かったです。

店を出ると料理長がご挨拶に来てくれました。

「毎月、メニューが変わるのでよければまた...」

「まじすか!毎月行きます!」

即答したは良いものの、予約取れるかが問題です。秋頃にもう1度行きたいなあ。