ユカログ

お給料の全てを旅行に使う26歳、旅行記を中心に発信します。

ユカログ

25歳・Travel Writer

波太オルビスに泊まってきた。千葉の海沿いオーベルジュ|食事編

千葉県・鴨川市オーベルジュ・波太オルビスに泊まってきました。

前回の素晴らしすぎるお部屋編に続いて、ディナーを紹介です。

オーベルジュ波太オルビス ディナー

ディナーはたしか、一律18:30スタートでした。3組限定のお宿で、この日は3組同時のスタート。壁一面が窓なダイニングルームでいただきます。

 

席に着くと、手書きのメニューが!食べる前から嬉しいなあ。

「遠藤様(我々)」って書いてある。もしかして、毎日、全部手書き...?感激です。

f:id:yuka_1:20201211201009j:plain

手書きのメニュー

メニューを見てわかる通り、ここでの食事はフレンチ&和食のコラボ。

最下部にある通り、大将とシェフは親子です。ちなみに、たぶんホールを担当してくれているのが奥様で、お部屋案内をしてくれたのは娘さん。

家族経営ってスゴイ。わたしは弟(21才)と喧嘩をして、3ヶ月口をきいていないぞ。こんな大人気ない家庭では成り立たないな...。連日満席で、ぜったい超忙しいのに、全員が笑顔で気持ちいい接客をしてくれるって、本当にすごい。

 

ドリンクメニューはこちら。裏面はなく、あまり種類豊富というわけではないです。しかし、なるべく千葉産のものを揃えようという感じが伺えます。

f:id:yuka_1:20201211201001j:plain

お酒も千葉のものが多い

思考停止でスパークリングをオーダーです。冷え冷えでウマ。

箸置きが貝殻でかわいらしいですね。

f:id:yuka_1:20201211201019j:plain

スパークリングで乾杯

 すぐにアミューズの到着です。ビシソワーズ、ピンチョス、リエット。

あれ、なんとなく「フレンチ&和食」のイメージがあったけれど、別にフレンチではなかったのかな?ざっくり「洋&和」なのかも。ビシソワーズが甘くて美味しい。

f:id:yuka_1:20201211201027j:plain

アミューズ

地貝の盛り合わせ。流石に美味しい。コリコリの歯応えが楽しい。合わせる醤油は手作りだそう。

f:id:yuka_1:20201211210652j:plain

貝たち

お次はこちら「夏野菜のテリーヌ」。

なんとまあ鮮やか!きれいなお皿です。赤酢のジュレとのことで、酸っぱいのを想像したのですがそうでもなく。夏らしく食べやすかった〜。

ヤングコーンがちょっと硬くて、フォークが刺さらずポーンと飛び跳ねていって恥ずかしかったな。

f:id:yuka_1:20201211201036j:plain

夏野菜のテリーヌ

白ワインをオーダー。メニューには「白ワイン」の表記しかなく、ボトル以外は一種類しか提供できないとのこと。素人なりに感想を述べるとなんか飲み慣れない甘い感じの味でした。ボトルで選ぶかーと思った瞬間、夫が「(ぼ、僕そんなに飲めないよ...?)」という顔をしたので断念。

 

次はブイヤベースです。帆立がドン!と入ってうま〜。スープも海!という味がした。千葉サイコーって気持ちになった。

f:id:yuka_1:20201211201050j:plain

ブイヤベース

ここでお父さんが登場。

「お料理どうですか〜?次のお刺身では、これ使いますからね!」と言ってニコニコ見せてくれたのはこちらの伊勢海老!動いてます。

「すごい!触っていいですか!?」

「もちろん!」

伊勢海老を持って写真を撮ってくれたりと、楽しい雰囲気。

f:id:yuka_1:20201211201101j:plain

死にゆく伊勢海老。いただきました。有難う。

「これね、頭に白いのがついてるでしょ。これはね、新鮮な証拠なんですよ」と教えてくれます。ほんとに昨日今日で獲れたものらしい。このビジュアルを見て「美味しそ〜!」とはなりませんが、早く食べたーいという気持ちにはなりますね。

 

調理してくれたのがコチラ!うううー旨そう。

f:id:yuka_1:20201211201109j:plain

お刺身たち

伊勢海老はもちろん、どれも完璧に新鮮です。コース料理に出てくる「お刺身ですわよフフン」というような、ちまっとしたものじゃなくて、ガツンと肉厚なものを出してくれます。「刺身を食べている!!」って感じがします。

 

お次はコチラ「かずさ和牛A5ステーキ」。

や、やわらかい...!「かずさ和牛のA5を出してるのは、ウチと、君津の...なんてったかな...なんか、有名な焼肉屋さんがあるんですけど、そこだけなんですよ」とのこと。

たぶん牛匠しらいしじゃないかな。かつての会社のお金で何度か行ったことを思い出した。おいしかったなー。

f:id:yuka_1:20201211201136j:plain

ステーキ

メインのお肉で終わりかと思いきや、ここからがフィナーレ。シメはお寿司!

元お寿司屋さんの大将というお父さんが、ミニ握りセットを運び、1卓ずつ回ってくれるのです!なんだこのサービス...!出身地から美味しいお寿司のお話までいろいろ話しながら、握ったお寿司を手渡しでくれます。

鮪、鰆、コイチなど、酔っ払ってしまいネタ全てを覚えていないのですが、いただきました。

とにかくニコニコでフレンドリー。本当に楽しい気持ちにさせてくれます。

これが、一休で口コミ1位 の理由な気がするなあ。こんな若造にも優しくって、フレンドリーで、丁寧に対応してくれる。

f:id:yuka_1:20201211201145j:plain

お寿司

デザートはチーズケーキorガトーショコラから選べました。

酔っ払い故、味は正直覚えておりませんが腹15分目にも関わらず完食したということは、美味しかったのでしょう。

f:id:yuka_1:20201211201203j:plain

チーズケーキ

f:id:yuka_1:20201211201154j:plain

(夫の)ガトーショコラ

腹18分目になり、お部屋に戻ります。

ディナーの席を立ってから、ベッドにダイブするまでの所要時間、わずか30秒。極上....。

オーベルジュ波太オルビス 朝食

コンコンと眠りについてアルコールを分解し、朝食です。

 会場は昨晩と同じ。朝食の時間は指定できた気がする。わたしたちは8:30スタートでお願いしました。

 

テーブルに着くと提供されるのが、オレンジジュースとグリーンサラダ、フレッシュヨーグルト、パン。それから写真中央にある「みちのくあべどりのガラと鴨川野菜をコトコト半日コトコト煮込んだブイヨンベース」。メニュー名に「コトコト」が2度も登場。

お酒を飲んだ翌日にも優しいお味。

f:id:yuka_1:20201211201211j:plain

ヨーグルトとスープ

超ジューシーなオレンジジュースはおかわり自由で嬉しかったな。

 

次は勝浦ポークのベーコンです。ベーコンは、わたしにわってはちょっとしょっぱかったかも。トマトがまじウマだった。

f:id:yuka_1:20201211201219j:plain

ベーコン

そして(おそらく)朝食のメインメニュー「シェフ特製びっくりトロトロスクランブルエッグ」。メニュー名通り、到着してびっくり。朝からキャビア

f:id:yuka_1:20201211201227j:plain

ゴージャススクランブルエッグ


う、うまー!そりゃそうだよな...。ふわとろ卵にキャビアがmixed、そしてonイクラand追いキャビアだもんな...。富豪になった気分でバクバク食べます。

が、たくさん飲んだわたしは食べきれず、夫に半分渡しました。夫は目を輝かせて0.2秒で平らげてました。なんか悔しいな。

シェフの息子さんが来てくれて、どうですかー?と軽くお話をしてくれます。めちゃ若だし、お父さんと同じくめちゃ感じが良い。

 

コーヒーをいただき、お腹を落ち着けチェックアウト。

少し話をきいてみると「今まではランチもやってたんだけど、ちょっと大変すぎるからしばらくやめるかも」みたいなことをおっしゃってました。そりゃそうだ、朝に宿泊のお客さんを返して、ランチ営業が終わればまた翌日の宿泊客がやってくる。その間に部屋の掃除やら仕込みやらをやらなければと思うと、身体が持たないでしょう。

 

お支払いを完了して、車を駐車場から出すと、みなさんが宿から出てきて手を降って見送ってくれました。「忙しい」って話をしたばっかりなのに...。ジーン。

家族経営宿の完成形を見た気がする。ありがとうございます。

オーベルジュ波太オルビス まとめ

お部屋もお食事も素晴らしい宿でした。「オーベルジュ」っていうくらいだから、食事命で部屋はオマケ程度かと思いきや、お洒落で清潔ロケーションも抜群のお部屋

食事もいわゆる「千産千消(千葉の飲食店でよくみるやつ)」を意識している感じだし、鴨川だから実現できるんだろーなーという食材(特に海鮮!)の数々。

 

正直、一休 を見たときは「高いね!?!?」と思ったけれど、食材を見せてもらった時に、「あ、高くないや」と思い直しました。お酒がもっとあれば(わたしは)うれしいな。みんな車で来るだろうし。

f:id:yuka_1:20201210001340j:plain

また来ます

ぜひ「泊まれるレストラン」を味わいに行ってみてください。

 わたしも、行った日は豪雨&雷だったので、天気のいい日にまた行きたいなあ。