ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

麺屋yoshiki(新小岩)に行ってきた。トリュフの乗った鴨出汁つけ麺

ローソンでカップ麺が売ってる「麺屋一燈」。そこで働いてた人が独立して出したというラーメン屋さんです。場所も一燈のすぐ側、徒歩30秒くらい。食べログで見た端正なビジュがあまりに美味しそうで、平日夕方にたーちゃんと訪問です。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)とは

新小岩のラーメン屋さんです。


「割と並ぶ」との評判を目にしますが、平日のオープン18時ちょうどに伺ったところ、1回転目で入れました。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)で食べたもの

メニューはこんな。左下の赤字で「トリュフ付」「キャビア付」って書いてるのが名物らしい。そーゆー言葉に弱い私たちはまんまと1,500円もする高級ラーメンをそれぞれオーダー。数量限定らしいです。

食券を提示すると「つけ蕎麦だと20分くらいお時間頂戴します」とのこと。だから行列が出来やすいのかな。全然構いませんよー、と席につくといろんなトロフィー。Japan Menu Awardって初めてみた。調べると店を表彰するんじゃなくて、「この店のこの料理!」ってのを表彰するらしい。皿で勝負という感じが良いですね。

20分の待ち時間を持て余し、空港価格なスーパードライ(350円)。すぐそこのコンビニで買えば半額以下なのに...との思いが拭えないけど我慢もできない。てかスーパードライ、パッケージ変わったんですね。ノンアルみたいに見える。

じゃーん。20分待って登場した「特製鴨出汁つけ蕎麦(塩)」。「まずは麺だけで食べてください」との指示書きがあります。第一印象も一口目の印象も「パスタ!」でした。豆乳とか生クリームとかそんな感じ。

トッピングは鴨のチャーシュー4枚、卵、ネギ、春菊、メンマ、レモン。鴨がレアな感じでかなり好み。ビール注文してよかったと心から思う。

麺はこんな。太麺ストレート、上に乗るのは白トリュフ?しっとり柔らかでした。写真で伝わるかわかりませんが、ボリューミーすぎる。後半、レモンしぼったり味変を試みるも、それでも多い。

鴨出汁スープは奥行きがありつつ上品。しかしたっぷりクリームソースに絡めた麺を投入すると鼻も口もバグってしまい、鴨感は遠のく。それはそれで美味しいんだけど、後半は何食べてんのかわからん感が押し寄せてきた。

こちらがたーちゃんの「特製鴨出汁つけ蕎麦(醤油)」。同じく1,500円!こちらはキャビアと桜エビが乗っています。透き通るスープが美しい。左下のは別途注文したリゾットです。

キャビアはポロポロとスープにこぼれ落ちてしまうのですくい食べるのが大変そーでした。一口いただきましたが、完食するとなるとこっちの方が好みかも。エビが良い風味を出してます。

そういえば店員さん、ワンオペだからか、すげー疲れた様子でした。まだ1回転目なのに大丈夫かいな。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)まとめ

なんだかはっきりしない感想をつらつら書いてしまいましたが、まぁなんだかはっきりしない食後感でした。一口目は美味しいし、超お腹いっぱいにもなる。しかし1回行ければ良いっちゃ良い。というかつけ麺を普段食べなさすぎて、経験からの批評ができない。お茶を濁して締めとしましょう。