ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

ル・クール(千葉)/毎年恒例フレンチディナー

出国前最後のディナーはこちらに決定。3度目か4度目のリピ。「なるべく、行ったことない店に行こう」という指針でお店選びをしている中、こんなに行くのは相当好きってことです。このブログにも過去2度紹介してますね。過去最多です。

ル・クール(千葉)とは

千葉県のフレンチです。

  • 食べログ評価3.77(2022年11月)
  • 千葉駅から徒歩10分、全16席
  • 今回はディナーで訪問
  • 季節のお任せコース+ワインペアリング 19,000円をオーダー


シャンパン含むペアリング4杯込みでこのお値段って、コスパ神です。税サ込ですよ!ちなみにランチだと、なんとペアリング付きで12,000円。

ル・クール(千葉)で食べたもの

本日のコース内容はこちら。翌平日だったからか、店内は混んでませんでした。空いてる日も、混んでる日も、リラックスできる雰囲気のお店です。

まずはペアリングのシャンパンをいただきます。甘めな優しい印象。この気前の良さ!ちなみに食前酒はシャンパンか、シャンパンカクテルかを選択できます。たーちゃんはカクテルを選択、梨がゴロゴロ入っててこちらも美味しそうでした。

今回は出国前のラストレストラン。「は〜、美味しいものゆっくり食べるのも、しばらくお預けだね」、なーんてしみじみしてました。しかしタイに引っ越した今、Google Mapでバンコクミシュランを片っ端から「行きたい」登録しています。今年は星2つが6店舗、星1つが26店舗らしい。全部いこーっと。

アミューズ。左からホウボウ、ブーダンノワール、はまぐりです。王道的などっしりフレンチ。ブーダンノワールにはリンゴが混ざっててほんのり甘い。ホウボウって魚、初めて聞いた気がします。調べてみるとすごい見た目。蝶々みたいなお魚です。

パンはホカホカ提供。丸いやつがお菓子みたいな甘やかさ。お腹いっぱいになんないように、いつも抑えるようにしているのに、マルっと食べちゃった。

なんもつけなくても美味しいのですが、なんかつけても美味しいです。左のチョコみたいなのがバター、真ん中のは豚のリエット。たーちゃんはパンお代わりしてました。

続いてアルザス、ゲヴュルツトラミネール。トロピカルでハチミツみたいな甘さ。試験に出ても答えられそうなくらい、ゲヴュルツトラミネールって感じ。とか言いながら、実際の試験ではヴィオニエと間違えて答えられなかったんだけど。

「秋刀魚のムース 柿のサラダ添え」。なんて美しい。秋刀魚の骨も身も何もかもをムースにして、その上にお魚型のサクサクが2匹。影も形もないのに、しっかり秋刀魚の味で面白い。そりゃそうなんだけど。下にはキューブ型のお肉。豚足って言ってたかな?点々としてるのが、肝のソース。肝を渋くて美味しいと感じ、大人になったなと思いました。

ボルドー白。スッキリさと甘いフルーツの香りがバランスしてる。ボトルが可愛いですね。

「牡蠣のムニエル シェリーヴィネガー風味」。前回不完全燃焼だった牡蠣、図らずもリベンジ!マッシュルームが添えられてました。丸い舌触り、塩味と甘味。これが食べたかったんだよ〜。もっとバターっぽいワインと合わせても美味しいかも。

続いてブルゴーニュ白。ラドワの白??あんまり見たことない気がします。

お魚と合わせます。「甘鯛のポワレ 海老のソース」。皮が逆立ちパリパリです。松笠焼き?上にテロンと乗っているのは里芋です。葉っぱは甘味のあるハーブって言ってた気がします。見た目通りの海老の濃さで最高に美味しい。

メインは5,6種類から選べました!私は鴨を選択です。こういう時、を選びがち。フルコース、お腹いっぱいになるので脂身とろりん系のお肉はなるべく避けたい。期待通り、半熟みかんが添えられさっぱり!筋肉質なお肉も大変上品なさっぱりさ。

ペアリングワインはメインによって変わります。私のはこちら。シラーだったかな?見覚えあるなと思ったら、前回来た時にこれの白をサーブしていただいておりました。

たーちゃんは羊。エシャロットソースって言ってたような。違ったかも。

ワインはボルドー。男性的なのがあまり得意じゃないたーちゃん、顔を思いっきりしかめてました。こういう人でも、高いやつ飲めばうまー!ってなるのかなぁ。5大シャトー飲んでみたい。

デザートはクリームブリュレ or チーズから選べます。たーちゃんはブリュレ。ままごとみたいにカワイイ。

私はチーズ!3種類の盛り合わせ。

デザートワインのオファーをいただき、ソーテルヌをいただきました。チーズって、ワインがあって初めて美味しいと感じる。ロオジエで水といただき虚無感に包まれたのを思い出す。

ラストデザート、こちらは選択制ではありません。和栗と洋栗のモンブラン。ふんわり軽やかにいただけます。記念日利用と伝えておくと、メッセージ+オルゴールしてくれました。

コーヒーにて〆!ラストの日本でのご飯に全く悔いなし!!!

小菓子までキッチリ美味しいです。これも、コーヒーと合わせて初めてお口の中でいい感じの甘さにバランス取れる。

ル・クール(千葉) まとめ

何度行っても「本当に美味しかったし楽しかった...」ってポーッとなれるのってなんだろう。すごくない?ちなみに前回・前々回のはこんな感じ。
↓1回目。結婚記念日らしいです。

↓2回目、元旦。ペアリングがゴージャスでよく覚えてます。

なんやかんや、年1で行ってるようです。これからも、一時帰国のたびに行こ〜!