ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

稲荷茶寮(京都)に行ってきた。伏見稲荷でいただく和パフェ

たーちゃん(夫)がインドネシアから帰国しました。「日本っぽいことしたい!日本っぽいところに遊びに行きたい!和!和!」との訴えにより、安直に京都へと旅行してきました。

稲荷茶寮(京都)とは

f:id:yuka_1:20220407192853j:plain

伏見稲荷大社内にあるカフェです。

 

伏見駅で「カフェ」と検索かけると、バアーっとたくさんお店が表示されます。中でも評価が高く、アイスやパフェなど洋物なスイーツに惹かれてこちらを選択。

稲荷茶寮(京都)で食べたもの

京都に来たのは3度目くらい。かつての2度はそれぞれ修学旅行・社員旅行と受動的で義務的な旅行であったため、記憶がほぼない。伏見稲荷も、これが初めてな気もするし、前に来たことがある気もする。

f:id:yuka_1:20220407192912j:plain

「今回の旅行はちゃんと覚えてられると良いな〜」と、ボンヤリ適当にお散歩。千本鳥居を1/5くらいで諦めて、お目当てカフェに移動です。最初の鳥居から5分くらいのところにあります。

f:id:yuka_1:20220407192750j:plain

こんな感じでお店は広々。ほぼ貸切に見えますが、この日は天気が良く、テラス席が人気なのでした。

f:id:yuka_1:20220407192743j:plain

テラス席はこんな感じ。うむうむ、圧倒的にこちらの方が気持ちよさそう。ちなみに奥の方は無料で利用できる休憩所になっていました。

f:id:yuka_1:20220407192805j:plain

テラスの角席を陣取り、いただいたのは「稲荷パフェ(1,300円)」、「京都紅茶(600円)」です。映えますな。

f:id:yuka_1:20220407192818j:plain

こちらのスイーツ、ビジュアルが強いだけでなく、味もハナマル。抹茶アイスはしっかり抹茶、しかし白玉、麩菓子の上品に甘さと中和する。食べ進めるに連れ、抹茶ゼリーにパフにクリームとわかりやすく食べやすいものが詰まってます。

f:id:yuka_1:20220407192830j:plain

紅茶はアイスにていただきました。注文時ドリンクで迷っていると、「今日、暑いですよね。冷たい紅茶だとこれとこれとこれがあって〜」と店員さんがニコニコ話してくれました。接客もとても良し。

f:id:yuka_1:20220407192842j:plain

「鴨だ!」ー鴨だねえ。「泳いでる!」ー気持ちよさそうだねえ。「カラスもいる!」ーうんこかけられないといいね。など、ほのぼの会話。

f:id:yuka_1:20220407192812j:plain

ちなみにお茶やお水はこちらでフリーでいただけます。セルフ形式。

f:id:yuka_1:20220407192824j:plain

お散歩しつつ、絵馬を眺めるなど。自由に狐の顔を書けるタイプのようで、いろんな表情の狐さんがズラリ。こんな一部分だけを見ても「プロ?」と思うほどのタッチの絵がたくさんあり、日本ってほんとすげ〜としみじみした。

f:id:yuka_1:20220407192735j:plain

神社を出て、市街を少しお散歩し、ホテルへ戻りました。道中、酒を飲みタバコを吸いながら大声で叫び通行人に絡みまくるオジさんにエンカウント。気持ちよさすぎてウケる。

稲荷茶寮(京都) まとめ

可愛く美味しく、接客も朗らかで大満足です。何年後になるかわかりませんが、伏見稲荷に来たらまたお邪魔したい。

お次は京都ので泊まった宿をご紹介。↓ここです。どこでしょう。

f:id:yuka_1:20220407192901j:plain

そうそう、お腹を空かせて向かうべき、あのホテル!お楽しみに。