ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

麺屋ひょっとこ(有楽町)に行ってきた。百名店の和風柚子ラーメン

ペニンシュラからの帰り道、ラーメンでも食べよと伺ったこちらのお店。さすがは人気店、14時過ぎに到着するも10人程度の列ができていました。

麺屋ひょっとこ(有楽町)とは

f:id:yuka_1:20210930144536j:plain

有楽町・交通会館の地下にあるラーメン屋さんです。

柚子乗せがウリ?の、さっぱりラーメンです。

麺屋ひょっとこ(有楽町)で食べたもの

お店は飲食店が立ち並ぶB1Fの角にあります。カウンター式で7席のみ、屋台のような感じです。食券を購入してから列に並ぶ。10人ほどの待列でウエエと思ったのですが、回転は早くスルスル進む。席のすぐ後ろに列が形成され、並び客に見守られる感じで食べることになるからかもしれない。圧を感じ、のんびり食べる気には全くならない。

f:id:yuka_1:20210930144529j:plain

店主のおじいちゃんは機械のよう。無駄ひとつない動きだけれど、気を張っているわけでも、忙しそうにしているわけでもない。とてもリズミカルで、まるで散歩しているかのよう。

半径1mのこのカウンターを、来る日も来る日も、何年も、何十年も往復する人生。すごいなあ。わたしだったら絶対にできないなと思う。いくらラーメンを作る行為が好きだったり、夢が自分のお店を持つことだったりしたとしても、飽きて発狂する気がする。

f:id:yuka_1:20210930144523j:plain

わたしの「和風柚子ラーメン(760円)」。120円追加でワカメを乗せました。着丼直後から柚子の良い香りが優しく広がる。

f:id:yuka_1:20210930144518j:plain

つるっとした細麺。透き通る系のスープ。味も透き通る...。なんちゅーか、お吸い物みたいな感じ。物足りない気もする。柚子を溶かすとその味をちょっと楽しめるのですが、何かもうちょっと旨味があっても良いかもと思う。決して味濃いものが好きなわけではないんだが。

f:id:yuka_1:20210930144506j:plain

こちらはたーちゃんの「和風柚子焼豚ラーメン(960円)」。立派な焼豚が3切れつきます。味はおそらく変わらず。先に食べ終え、さっさと立ち退いていました。待ってられる雰囲気ではない。

f:id:yuka_1:20210930144513j:plain

「い〜らっしゃいませ〜」「はいどーぞ〜」「あーりがとうございました〜」と息するように淡々と挨拶する店主。ゼンマイ仕掛け?と思い後ろにネジがないか確認する。が、見えたのは腰に巻かれたコルセット。腰、辛いのに、こんな美味しいラーメン作ってくれてありがとうございます、という気持ちになる。

麺屋ひょっとこ(有楽町)まとめ

期待通りに美味しかったけれど、期待は超えてこなかったという感想(何様だ)。超期待して行って、その期待を大幅に上回った飯田商店ってすごいなあと再認識。値段も3倍したけどさ。

とはいえ、有楽町の美味しいラーメンで760円というのはとってもお手頃。さっぱりしているからか、女性客が半数程度を占めていたのも印象的。通りかかったらまたぜひまた行きたいな。