ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

27歳・Travel Writer

京王プレリアホテル札幌の宿泊記①ツインルーム部屋紹介

ビジネスホテルとシティホテルの定義については色んな説がありますが、「寝るだけでOK」がビジホ、「ホテルステイを楽しみたい」場合はシティホテルというイメージです。こちらのホテル、一休にてビジホカテゴリにありましたが、「いや寝るだけじゃ勿体ないでしょ」というほどの充実ぶりでした。

京王プレリアホテル札幌とは

f:id:yuka_1:20211113135801j:plain

札幌駅近くのホテルです。

  • 一休評価4.64
  • 札幌駅徒歩3分、全337号室
  • 今回はツインルームへ1名宿泊
  • 1泊1名朝食付7,535円

 

新しく綺麗で、おしゃれ朝食、大浴場付、個別アメニティ有など、ホテルステイを目的に滞在しても十分に楽しめそうな素敵ホテル。

>>一休から京王プレリアホテル札幌を予約する

>>楽天トラベルから京王プレリアホテル札幌を予約する

京王プレリアホテル札幌の宿泊記 部屋紹介

滝のような雨が降る中、18時過ぎに到着。1Fロビーにてチェックイン。6人ほどのお客さんがおり、その全てが出張中のようなオジさんでした。エレベーターは4機、大きなホテルです。床が雪柄?カワイイ。

f:id:yuka_1:20211113140055j:plain

アサインされたのは818。8Fですね。こちらのホテル、シングルルームの用意がなく、1人滞在でもツインorダブルルームへと案内されます。

f:id:yuka_1:20211113140037j:plain

入ってすぐはこんな。左手がバスルーム。

f:id:yuka_1:20211113135812j:plain

じゃーん。なんかやや窮屈そうに見える写真ですが、広々なんです。20平米。

f:id:yuka_1:20211113152352j:plain

シングルサイズが2つ。新しいホテルだけあって、家具がピカピカ。ここは2019年5月開業、前日に滞在したホテルメッツとほぼ同時期。

f:id:yuka_1:20211113152405j:plain

ベッド側から見るとこんな。テレビで朝食混雑状況とかコインランドリー使用状況とか見れました。YouTubeとかアマプラ見れるとかの機能はなし。

f:id:yuka_1:20211113135841j:plain

ベッド脇。映ってませんがコンセントもありました。Kindleでは本を読めなくなっている自分に気づき、紙媒体の新書を購入。読書灯がありがたい。どうしてか、今、全共闘にとても興味を惹かれており、その辺を読んでみる。

f:id:yuka_1:20211113135833j:plain

一度たりとも「社会を変えたい!」と思ったことのないわたし、彼らがどういう気持ち、モチベーションだったのかさっぱりわからん。わたしの周りにも「社会を変えたい!」「これが不満だ!おかしい!」と主張する若者なんてほぼいない。非政治的というか、無力感しかないというか。時代の空気というものか。

f:id:yuka_1:20211113135931j:plain

お仕事ですくもしっかりあります。カラシ色の椅子といい、上の写真のワサビ色のソファといい、なんだか落ち着く配色です。

f:id:yuka_1:20211113135923j:plain

机の横はこんな感じ。充電器、除菌シートがあるのが嬉しい。

f:id:yuka_1:20211113135917j:plain

ミニバーはテーブル下に。Matsuzakayaの文字が見えますね。欲に勝てず、クリスマスコフレを買ってしまった模様です。ポーラのリンクルショットとDiorのカプチュール。いいんだもん、前から使ってるし、どうせいつか買うんだから、お得な今、買った方がいいんだもん...。

f:id:yuka_1:20211113135856j:plain

メイク系を購入しなかった自分を褒めたい。一生使いきれないもんね

京王プレリアホテル札幌の宿泊記 部屋紹介 ミニバー

ミニバーと言っても非常にちんまり。しかし、マグやグラスの形がカワイイ。

f:id:yuka_1:20211113135908j:plain

お茶はこれだけー。コーヒーなし。しかし、ここのホテルでは1Fのレストランが宿泊者用にフリーラウンジと開放されており、そこでいくらでもコーヒーをいただけるのです。ラウンジの様子はまた次回ね。

f:id:yuka_1:20211113135901j:plain

お水は2本。常温にて用意されています。ホテルオリジナルですね。

f:id:yuka_1:20211113135848j:plain

クローゼットは玄関入ってすぐ左手に。部屋の設計終わってから「あっやべ、クローゼットつけ忘れた!」と思い出して慌てて付け足したかのような狭さ。

f:id:yuka_1:20211113135947j:plain

その代わりか?壁掛けできる感じになっています。

f:id:yuka_1:20211113135939j:plain

↑3年くらい着てるコート。今年は新しいの買うぞ〜!と思ってたのですが、来月から真夏の国へ滞在する予定ができたので来冬に延期。

京王プレリアホテル札幌の宿泊記 部屋紹介 バスルーム

すごくビジホ然としたバスルームへのドア。お邪魔しましょう。

f:id:yuka_1:20211113135955j:plain

ユニットバスですが、けっこう綺麗ではないでしょうか。広めです。しかしここのホテル、大浴場がついているのでお風呂は使わず。

f:id:yuka_1:20211113140002j:plain

アメニティはかなり充実。ボディタオルとコットンがあると、豪華だ〜と感じる。どっちも使わないんだけれど。

f:id:yuka_1:20211113140011j:plain

そして!すごいのはこちら。ホテルオリジナルとはいえ、この価格のホテルで持ち帰りOKアメニティが2セット置かれるのは中々ない。La Bottegaと表記されており、ペニンシュラで抱いた「これってあのボッテガと関係あるの?」という疑問が解消された。全然関係ないメーカーですね。

f:id:yuka_1:20211113140019j:plain

お風呂場からお部屋を見るとこんな感じ。

f:id:yuka_1:20211113140028j:plain

パジャマはグレーのセパレート。サラッとした着心地◎大浴場もこの格好で行ってOKでした。

f:id:yuka_1:20211113140427j:plain

ドライヤーはパナソニックのこれ。大浴場にも同じものが置かれていました。大浴場についてはまた次回。

f:id:yuka_1:20211113140434j:plain

ベッドはシーリー製らしい。どっしりぐっすり眠れました。

京王プレリアホテル札幌の宿泊記 部屋紹介 まとめ

大満足です。今回、札幌駅近隣のホテル5つに宿泊したのですが、ここが最も良い意味でギャップがあった。「いうてビジホレベルだし」と思っていたのですが、お部屋は広いし清潔だし、朝食もとても美味しい。ラウンジサービスまであるなんて。おすすめです。

>>一休から京王プレリアホテル札幌を予約する

>>楽天トラベルから京王プレリアホテル札幌を予約する

続いて次回は超充実の朝食&大浴場をご紹介。朝ごはんの手の込みように感動したなー。

Japanese Ramen Noodle Lab Q(札幌)に行ってきた。

非・ちぢれ麺、非・味噌という札幌ラーメンの型を完全スルーしながらも、食べログトップのこちらのお店。シェフが情熱大陸で取り上げられたらしく、大繁栄でした。

Japanese Ramen Noodle Lab Qとは

f:id:yuka_1:20211105184156j:plain

札幌のラーメン屋さんです。

  • 食べログ評価3.73
  • 百名店2021
  • 札幌駅から徒歩5分、全18席
  • 今回はランチで訪問

 

お店の決め手はその人気高騰度、それから女性1人でもOKそうな雰囲気、食後に「ラーメン食っちまった...」という罪悪感が低そうなあっさりさ。予想通り、女性1人客も多く、胃もたれすることもありませんでした。

Japanese Ramen Noodle Lab Q 待ち状況

Google Mapの口コミにて、行列必至との情報を発見。並ぶのが嫌いなわたし、1巡目で入りたい。平日でしたが念には念を、11:00オープンに対して10:30に到着するという張り切りぶり。しかしすでにこんなに行列!18名の待ちができておりました。

f:id:yuka_1:20211105184209j:plain

わたしが並んだ後も、グングン伸びる行列。ひょえー、早めに来てよかった。11:00少し前に開店した模様で、先頭から少しずつお店に吸収されていきます。ちなみにお店は地下にあります。

f:id:yuka_1:20211105184203j:plain

カフェと見紛うおしゃれロゴ@地下へと続く階段。

f:id:yuka_1:20211105184221j:plain

こんな感じでおすすめメニューボードもカフェっぽい。この近くに食券機がありました。

f:id:yuka_1:20211105184227j:plain

何やかんや、11:00前には着席できました。無事1巡目ゲットです。情熱大陸放映直後だったからか、特に混んでいるタイミングだったっぽい。

Japanese Ramen Noodle Lab Qで食べたもの

店内はけっこう広い。わたしのような1人客は厨房が見えるカウンター席に案内される。オーダーたのは「醤油ちゃあしゅう麺(1,450円)」。オーダーしてから着丼までがけっこう長く、20分ほどかかりました。しかしこの美しさ!

f:id:yuka_1:20211105184233j:plain

ちゅるんとまずは麺をいただきます。んまー、細麺。ツルツルシルキー、かなり柔らかめです。揖保乃糸系

f:id:yuka_1:20211105184244j:plain

お肉についても店員さんに説明を受けたのですが、急いでたのかマスクをしていたからなのか、ほとんど聞き取れず。後から調べると「ルスツもち豚チャーシュー」のバラ、ロース、上ロース各部位が入っている模様。

f:id:yuka_1:20211105184250j:plain

さらに「炭焼き豚内もも肉」「鶏むね昆布〆チャーシュー」「豚肉内ももかぶり」も入ります。多種多様な種類・調理法のお肉たち。麺よりこちらが主役かも。厨房フロントの席につき、そこで炭火焼きの良〜い香りが直撃します。

f:id:yuka_1:20211105184256j:plain

なんちゅーか、ひとつひとつのお肉は美味しいし、コクと塩気の主張が両立するスープも旨い。でもなー、やっぱラーメンはラーメンや...感動は5口目くらいまで...と思ってしまった。さらに店主が体育会系なのか、スタッフに対する「それ違うだろ!」と冷たい怒号が聞こえ、一気に美味しくなくなる。ビビるからやめてくれ。ラーメン屋って怒りっぽいん?

f:id:yuka_1:20211105184302j:plain

ふー、何はともあれ満腹です。この満足感は、美味しいものを食べたことによるものなのか、それとも有名な話題のお店を体験したことによるものなのか。後者な気がしてきて、自分の中に潜むミーハー精神を恥じる。そして恥じたことを自覚して、斜に構えてんなーと自省する。

帰り道、大丸きのとやでケーキを購入して、札幌駅近くに住む祖母宅に寄ってみた。シャインマスカットケーキ!ばーちゃんち感満点のスプーンがイイ味出してる。

f:id:yuka_1:20211105184315j:plain

ばーちゃんちのネコ、ムギちゃん。スコスコ眠っておりました。ごはん大好き、5kgもあるらしい。ぷくぷくムチムチで愛おしい...。

f:id:yuka_1:20211105184322j:plain

「いま、デブって言ったにゃ!?」

f:id:yuka_1:20211105184330j:plain

カワイイイィィ!猫アレルギーのわたし、涙と鼻水を垂れ流しながら愛でました。

Japanese Ramen Noodle Lab Q まとめ

 1.400円と強気価格なラーメンですが、全然納得です。手の込みようがすごいです。各チャーシューは、それぞれベストな柔らかさで提供されているように感じました。けれど、わたしは、麺やスープに大感激!って感じはしなかったかも。

オーダーを聞いていると、ワンタン麺も人気のよう。今度は行列がもう少し短くなってからお邪魔したいな。

オーベルジュドリルサッポロに行ってきた。アルザスランチ&ワインペアリング紹介

札幌旅行記、本日はフレンチランチのご紹介。ひらまつ系列のオーベルジュドリルサッポロへのランチ訪問です。今回は弟2人との3人でのお食事。ほっこり美味しいアルザスフレンチ、ワインもガバガバ飲みました。

オーベルジュドリルサッポロとは

f:id:yuka_1:20211105182601j:plain

札幌にあるフレンチ店です。

  • 食べログ評価3.76
  • 円山公園駅から徒歩5分
  • 今回は6,655円のランチコースで訪問
  • ワインペアリング付3名総額35,000円

 

2年前ほどに1度弟と訪問し、美味しさと居心地の良さに感動して再訪です。ちなみに総額は株主優待の20%OFF適用後の価格です。3人でデザートワインまでたらふく飲んだ。

オーベルジュドリルサッポロで食べたもの

アルザスの豪邸のような素敵な外観&内観のこちらのお店。今回は2Fの席をご用意いただいているとのこと。ギャン!採光も広さも素敵やん〜。鎮座する鹿首が北海道ぽい。

f:id:yuka_1:20211111181712j:plain

弟たちとはお店集合。全員集合してからご挨拶とコースの説明をいただきました。大学生&社会人1年目の弟たち、そしてわたし。圧倒的若く舐められそうな客層ですが、懇切丁寧に接客してもらえました。

f:id:yuka_1:20211111181656j:plain

メニューをいただき、まずは泡でカンパイ。シャンパンもクレマンも彼らにとっては同じでしょうと判断し、後者を選択。

f:id:yuka_1:20211111181735j:plain

アミューズ。左から牛パテ、in チーズのシュークリーム、ピザ、白身魚のコロッケ。この時点で「うま...うま...」と声を漏らす3人。

27歳のわたし、寿命まで生きるとしたら死ぬまでにランチを食べられるのは、残り21900回という計算らしい(参考はこのサイト)。 具体化されると「毎食絶対に美味しいって思いたい」という気持ちになる。

f:id:yuka_1:20211105182542j:plain

メニューはこんな感じでございます。これで6,000円ってランチ&北海道がなせる技。

f:id:yuka_1:20211105182610j:plain

一瞬で泡を開けた我々。ワインリストを貰う雰囲気でもなかったので、ペアリングでお願いすることに。グラスワインも千円台から、けっこう種類豊富にあった印象です。最初はボルドー白。

f:id:yuka_1:20211105182627j:plain

フロマージュフラン」。帰り道、「何が一番美味しかった?」という会話をしたのですが、わたしのNo.1はこちらでした。ふわふわこっくりのチーズが味覚・嗅覚・視覚すべてにガツンと訴えかける。うんめー!

f:id:yuka_1:20211105182632j:plain

パンも登場。熱々、硬め。学生時代の2倍くらいの大きさになってしまった社会人の弟、1人で3回ほどパンお代わりしていて、さすがでした。「生活する中で食べることしか楽しみがなくなった」らしい。

f:id:yuka_1:20211105182637j:plain

リュリーの白。樽香がしゅごい。甘美なランチの良いお供。

そいえばこの日の夜、ワインエキスパートの結果発表がありました。無事合格!6月にその存在を知って申し込み、7月末の1次、10月の2次も独学にて一発合格。天才か?

f:id:yuka_1:20211105182646j:plain

「サーモンと茄子のガトー仕立て」。美味しかったランキング1位を争ったほどの美味しさ。底はクスクス、その上にサーモンが広げられ、上にちょこんと点在するのは柚子のクリームです。秋の料理。

f:id:yuka_1:20211105182641j:plain

「鮮魚のポワレと小海老のフライシュナカ」。フライシュナカとはアルザス地方で「かたつむり」という意味らしい。下段、パイ生地の中にエビが詰められています。しっとりお魚の上には、サッと揚げられたブロッコリー。カボチャのソースで、やっぱりこれも秋の皿。

f:id:yuka_1:20211105182651j:plain

先程のリュリーの赤。華やかで無難なピノノワール。登場するワイン、どれもこれも、エチケットやボトルにHiramatsuとの表記がある。

f:id:yuka_1:20211105182701j:plain

最後のお肉は「豚フィレ肉のロティとしいたけのタルト」。お腹いっぱいになるにつれ感動が薄まるわたしに対し、弟は「皿が変わるたび、美味しさがアップしている」と言ってました。

f:id:yuka_1:20211105182707j:plain

チーズワゴンも登場。わたしと大学生の弟は「お腹いっぱいなので...」と断る中、巨漢と化した弟のみ「おねしゃーす!」と注文。奢られてる身なのに!いや、奢られてる身だからか?ブリアサヴァランを選択してました。

f:id:yuka_1:20211105182748j:plain

デザートワインを提案され、お願いします。サーブした女性から「スペインの...ポートワインです」と謎発言がありましたがご愛嬌。凝縮感あり、デザートワインとしてはさっぱりめ?

f:id:yuka_1:20211105182754j:plain

プレデセールはブドウのジュレ。けっこう濃い目のブドウ味。

トークテーマはおすすめの映画。弟「ねーちゃんが好きそうなのは〜、岬の兄妹、MOTHER、子宮に沈める、らへんかな?」。わたしを何だと思っているんだろう。確かに興味は惹かれるけれど。

f:id:yuka_1:20211105182759j:plain

〆のデザート「栗のムースとバニラアイス」。

ちなみにわたしが今年見てイイ...と思った映画は情婦。ビリーワイルダーってすっげえや!と思って他も観てみたけれど、そこまでハマらず。すごいのはクリスティなのか。

f:id:yuka_1:20211105182806j:plain

さっくり割るとこんな感じ。ケーキは見た目よりもあっさりめ、アイスクリームは見た目よりもこっくりめ。アルコールで雑になった味覚を落ち着ける。

f:id:yuka_1:20211105182816j:plain

コーヒーをいただきごちそうさま。生キャラメルもこっくり甘うま。たっぷり3時間もかけちゃった。

f:id:yuka_1:20211105182811j:plain

帰り道、ホテルまでお散歩してみました。紅葉が鮮やかすぎて、テレビ塔も擬態できそう。あっぱれ、秋晴れ。しかし、札幌はほんとに整然かつゆったりとした街並みです。居心地良い。

f:id:yuka_1:20211111195131j:plain

わたしみたいに写真撮ってる人もけっこういて、観光客が戻ってきてるのかなと嬉しくなった。

オーベルジュドリルサッポロ ランチ まとめ

東京の系列店でも感じましたが、王道で安心できる美味しさがあります。北海道だからかもしれませんが、肩肘張らずリラックスして食事を楽しめる居心地の良さもあり。開放感のあるお店と付かず離れずな接客がそうさせるのかもしれません。

美味しかったー。季節感もありありだったので、お次は秋以外にお邪魔しよっと。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記②Sauce72での朝食&ディナー

札幌駅徒歩2分のこちらのおしゃれビジネスホテル。今回は朝食&ディナーのご紹介です。前回記事はこちらから↓

コロナも減って、観光ムードになってきて嬉しいな。インバウンド相場に戻る前に、色々ホテル泊まらなきゃ。

>>一休からJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

>>楽天トラベルからJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 朝食

朝食会場はホテル1Fに入居するレストラン「Sauce72」。こんな感じでけっこうちんまり。しかし内装がオシャレでテンション上がる。こういう飴みたいな電気、めっちゃ好き。

f:id:yuka_1:20211105183940j:plain

↓ぎっしり飴ライト@アブダビのハイアット。カワイイ!また行きたーい。

f:id:yuka_1:20211110134628j:plain

ビュッフェ形式です。札幌はビジホでも朝食ビュッフェのクオリティがものすごいことで有名ですが、ここは普通...かも...。まずはサラダコーナー。

f:id:yuka_1:20211105183954j:plain

こちらが北海道グルメコーナー。いや、ビジホにしては美味しいんだけれど、なんせ札幌の他のホテルのビュッフェの種類豊富さが異常なもんでなあ。

f:id:yuka_1:20211105184000j:plain

海鮮丼ではなく、海鮮チラシ。米8:海鮮2な感じから、コストカットの思いが伝わりゅ...。

f:id:yuka_1:20211105184007j:plain

パン&ドリンクコーナー。夜はバーになっているらしく、雰囲気は良い。

f:id:yuka_1:20211105184111j:plain

パンは種類少なめながらも美味しそう。ミニサイズなのもありがたい。と褒めつつ、いただかなかったのですが。

f:id:yuka_1:20211105184118j:plain

おかず系のビュッフェ台がこんな感じ。近隣のソラリア西鉄ホテルとかを経験していると、狭っ!少なっ!と思ってしまうのです。

f:id:yuka_1:20211105184127j:plain

散々サゲてきましたが、わたしは朝からそんなモリモリ食べられないので別にいいんですがね。この日はフレンチランチの予定があり、控えめメニューに。スクランブルエッグが甘々で旨々でした。

f:id:yuka_1:20211105184139j:plain

スイーツも特になかったな。ヨーグルトとフルーツがあったので、それをいただき。ハチミツたっぷりかけて、とろりん幸せ。

f:id:yuka_1:20211105184145j:plain

昨年、こちらのお店にはディナー訪問していて、とても美味しかった記憶があります。なので期待値が高すぎたのかもしれません。まあ、フツーのビジホの朝食だなという感想。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 Sauce72ディナー

せっかくなので、昨年訪問したディナーの写真も載っけておきます。朝はカジュアルな感じですが、ディナータイムはちょっとかしこまった雰囲気でした。

f:id:yuka_1:20211109152303j:plain

コースメニューでオーダー。札幌に住むお友達の結婚お祝いでした。ミニホールケーキ・スパークリング付きで6,600円のコースなり!お得!お酒飲まない友達だったのでノンアルでしたが、ペアリング5杯3,000円って破格だな。

f:id:yuka_1:20211109152256j:plain

「鴨のトリュフ、ファグラ」。友達との食事はいつもそうだけれど、お喋りメインであんまり味を覚えていない。おそらく、ふつーに美味しかったのでしょう。

f:id:yuka_1:20211109152249j:plain

「甘エビ、フルーツトマト、いくら」。このお皿、めちゃめちゃ美味しかったのを今でも覚えている。エビがめちゃめちゃ甘くて幸せ。というかわたし、エビを使ったこういう系の料理を絶賛しがちな気がする。単純にエビが好きなだけかもしれない。

f:id:yuka_1:20211109152226j:plain

「知床鶏のブラーチェアーリオオーリオ」。けっこういきなりパスタくるな!?と思っていると...

f:id:yuka_1:20211109152241j:plain

ズワイガニ、ホタテ、カラスミのリゾット」。炭水化物ダブルパンチ!ぐへー、だからお得価格なのか〜。でも濃い目の味付けでしっかりウマい。若者向けの店って感じするな。

f:id:yuka_1:20211109152234j:plain

蝦夷鹿のロースト」。ビジュアルセンスが良い!すべでボルドーカラーのお野菜で統一。お肉選べるフレンチでも鹿肉をチョイスしがちなので、嬉しかった。ムチムチ筋肉質なお肉でした。

f:id:yuka_1:20211109152219j:plain

最後のデザートはカタラーナ。このあと、ホールケーキはHappy Weddingの文字を書いてお出ししてもらいました。上品な感じのサプライズで非常によし。

f:id:yuka_1:20211110144416j:plain

という感じで、かなり満腹になりました。オシャレディナーを楽しみたい人におすすめです。予約も比較的取りやすいはず。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 まとめ

お部屋は狭いものの、綺麗でおっきなお風呂がついて、快適に過ごせました。展望があまりにも、あまりにも...という感じでしたが、リクエストすればマシな部屋に変えてくれるのかな。

朝食は、付けても付けなくてもどちらでも良いと思います。わたしが泊まった時は、朝食有無の差額が1,000円程度だったので付けてみました。一休より予約です。

>>一休からJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

>>楽天トラベルからJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

というわけで、まだしばらくは札幌編が続きます。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記①スーペリアシングルルーム

札幌は駅近に新しくっておしゃれなホテルがたくさんある。良いホテルを見つけるポイントは、予約サイトで「ビジネスホテル」にカテゴライズされているものもよくチェックすること。ビジホに分類されているからって、全てがアパホテル然としてるわけじゃない。

JR東日本ホテルメッツ札幌とは

f:id:yuka_1:20211105182828j:plain

札幌駅北口にあるホテルです。

  • 一休評価4.66
  • 札幌駅徒歩2分、全206室
  • 今回はスーペリアシングルルームに宿泊
  • 1泊1名朝食付5,605円

 

おしゃれホテルですが、一休ではビジホ扱いになっていました。安いから?

>>一休からJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

>>楽天トラベルからJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 チェックイン

GoogleMapを見ながらホテルへ到着。エントランスを見てハッとする。去年のちょーど今くらい、1FにあるSource72というイタリアンに来ていたのでした。旨かったー。ホテルフロントは2F、エスカレーターで向かいましょう。

f:id:yuka_1:20211105182958j:plain

ちっちゃいですが、フロントロビーはこんな感じ。ライトがハロウィン仕様になってる!カワイイ!チェックインは機械にてピピっと。とはいえ有人で、丁寧に説明してもらえました。

f:id:yuka_1:20211105182847j:plain

「アメニティはお部屋にないので、こちらからご自由にお取りください〜」。入浴剤やら基礎化粧品やらがたっぷりです!入浴剤が特に嬉しいな〜2つも貰っちゃった。お茶は煎茶とほうじ茶の2種類あり。

f:id:yuka_1:20211105182841j:plain

「コーヒーはあちらのものが無料ですので、ご自由に〜」。ワーイ、蓋付き紙コップが置かれているので、ここで淹れてお部屋でいただきました。

f:id:yuka_1:20211105182938j:plain

マシーン左手のシルバーのパーティ帽みたいなやつはスピーカー。めちゃ高音質でジャズが流れていました。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 部屋紹介

さてさて、お部屋に向かいましょー。本日は7Fなり。RPGのアイテムが置かれる。月の石的な。

f:id:yuka_1:20211105183003j:plain

左手はドアも含めて真っ黒、右手は真っ白。コントラストがおしゃれっぽい。

f:id:yuka_1:20211105182951j:plain

わたしはホワイト、718号室。

f:id:yuka_1:20211105182944j:plain

オープンです。ちょっと暗い&狭く見えるんですけれど、

f:id:yuka_1:20211105183009j:plain

このドアをガラッとするとやや広く見える。ちなみにこちらはバスルーム。後ほど紹介。

f:id:yuka_1:20211105183013j:plain

お部屋はこんな。17㎡ということで、全然広くはありません。超主観的感想ですが、壁紙の色合いと家具の感じが今住んでいるお家と酷似していて、とてつもなく落ち着きました。

f:id:yuka_1:20211105183019j:plain

テレビも壁掛けなので広く感じる。こんな感じでYouTubeも視聴OK。VODでは飛行機内で観れそうな感じの映画が数本ラインナップされていました。

f:id:yuka_1:20211105183926j:plain

ベッド脇には読書灯&置き時計&コンセント。「6分の読書で68%のストレスを軽減できる」と何かで読んで、本を読もうと思うのだけれど、驚くことに6分も集中力が続かない。昔はハリーポッター徹夜で読めたのに...と自分に絶望。Kindle for iPhoneで読んでるのがあかんのか...無意識にTwitterを開いている。

f:id:yuka_1:20211105183240j:plain

ベッド左側はこんな感じ。空気清浄機と、申し訳程度についた窓。どれどれ景色を拝見しましょう...

f:id:yuka_1:20211105183245j:plain

ちーん。こんなに壁しか見えないこと、ある?札幌って都会なんだなあとしみじみした瞬間です。

f:id:yuka_1:20211105183251j:plain

デスクはこんな。お部屋の広さの割には結構大きくて、仕事したいわたしには嬉しかったです。

f:id:yuka_1:20211105183023j:plain

コンセントもバッチリ。

f:id:yuka_1:20211105183215j:plain

椅子も結構しっかりとした感じ。安定感あり◎

f:id:yuka_1:20211105183227j:plain

左から消毒液、ロビーでもらったコーヒ、無料のお水(500ml)、買ったお水(2L)。無料のお水は1本のみ。わたしは水を大量に飲むのでコンビニへと買い足しに出かけました。ところがなかなか水が売られていない。「水、売ってないな〜なんで?」と思いながらやっと見つけたのですが、よく考えたら札幌って水道水飲めるんだった...。

f:id:yuka_1:20211105183221j:plain

こちらの棚に冷蔵庫やらコップ類やらが収納されておりました。

f:id:yuka_1:20211105183255j:plain

引き出し上段が充電器類。前日泊まったホテルiPhoneの充電器を忘れてきたわたし、大歓喜

f:id:yuka_1:20211105183301j:plain

お茶淹れようと、ポッドを取り出すと同時にハラリとちぢれた毛が落ちてきてゾッ。しかし前日にミッドサマーを鑑賞したわたし、「誰かわたしに惚れてるんか」と考える。ポジティブでえらい。

f:id:yuka_1:20211105183307j:plain

冷蔵庫内の豆乳は購入したものです。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 部屋紹介 バスルーム

続いてバスルーム紹介です。こんな感じで、風呂トイレ別。このホテル、全室こうらしい。ユニットバスだとイマイチ清潔になった気がしないので嬉しいです。

f:id:yuka_1:20211105183637j:plain

アメニティはフロントに置かれるため、洗面台は極めてシンプル。コップ2つに、

f:id:yuka_1:20211105183644j:plain

ハンドソープ(蛇口、美しい...)、

f:id:yuka_1:20211105183656j:plain

そして歯ブラシ。珍しく、温度計が置かれていました。鈍感なわたしはちょっとくらい熱くても冷たくてもええわ、と思うので使わず。

f:id:yuka_1:20211105183721j:plain

ドライヤーはパナソニックのionity。でしょうね、という感想。

f:id:yuka_1:20211105183716j:plain

タオル類はこちらに収まります。全て人数分のみ。

f:id:yuka_1:20211105183710j:plain

お風呂はこんな。人んち感がものすごい。しかし、2019年オープンなだけあってとっても綺麗。掃除もきっちりしてあります、という感じ。
f:id:yuka_1:20211105183728j:plain

シャンプー類はオリジナルボトルに詰め替えられていたため、どこのものか不明。使いませんでした。

f:id:yuka_1:20211105183908j:plain

お風呂から洗面台を見るとこんな。大きな湯船に入るのって、やっぱり気持ち良いな。

f:id:yuka_1:20211105183650j:plain

おトイレはこんな。スッキリ綺麗。

f:id:yuka_1:20211105183920j:plain

お風呂上がりはパジャマに着替えてゴロりん。セパレートタイプで快適なり。

f:id:yuka_1:20211109151809j:plain

外食続きにつき、摂生すべくディナーはなし!お茶を飲みつつ、持株の決算発表を見て過ごす。

JR東日本ホテルメッツ札幌の宿泊記 部屋紹介 まとめ

広さはないものの、綺麗でおしゃれで満足度は高めです。安いし。何より風呂トイレ別なのが嬉しかったな。

>>一休からJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

>>楽天トラベルからJR東日本ホテルメッツ札幌を予約する

お次はSauce 72での朝食を紹介。ついでに同レストランで昨年ディナーをいただいたときの様子もご紹介します。

金寿司(札幌)に行ってきた。百名店のハイコスパおまかせ寿司

札幌旅行、到着日から気合を入れてお寿司です。「安い!うまい!ハイコスパ!」と名高い、こちらのお寿司屋さんにお邪魔しました。

金寿司(札幌)とは

f:id:yuka_1:20211105182349j:plain

札幌のお寿司屋さんです。

  • 食べログ評価3.77
  • 寿司百名店2021
  • 今回はディナーで訪問
  • お任せ16貫6,050円を注文

ハイレベルなお寿司屋さんが群雄割拠する札幌において、食べログ寿司ランキング9位にランクイン。実力店です。

金寿司(札幌)で食べたもの

札幌駅からトコトコ歩いて20分ほど。ちと遠く、地下鉄で行けば最寄りは「バスセンター前駅」です。札幌ファクトリーのすぐ近く。道すがら、ファクトリーのビアホールをパシャリ。9月末で閉店しちゃったらしい。燃えるような紅葉!

f:id:yuka_1:20211105182055j:plain

予約ぴったりに到着です。閉店が19:00だか20:00だかと時短営業をしているため、17:30と早めにスタート。今回は大学生の弟と一緒。まずはビールで乾杯です!生中770円、寿司屋にしてはお得ー!

f:id:yuka_1:20211105182342j:plain

ガリは最初にドッサリ系。注文取りに来るオバさんが何度も「彼女さんはビール?」「彼氏の方は?」と繰り返すので「兄弟なんですけど」と訂正する。「あらヤダー!アタシったらwwww」と手を叩く。イラッ。品もサービスもあったもんじゃない。給食のオバちゃんかよ。

f:id:yuka_1:20211105182334j:plain

メニューはこんな。圧巻の安さ。口コミを見ていると、ここが高評価されている大きな理由はそのコスパの良さにある模様。おまかせ16貫でお願いしました。

f:id:yuka_1:20211105182217j:plain

訪問日の2週間前に予約するも「テーブル席しかなくて...」とのこと。OKしたものの、カウンター2席がずっと空席、結局、後から予約なしの2名客がカウンターに案内されていた。え、空いてるならそっちが良かったんですけど〜!

f:id:yuka_1:20211105182223j:plain

1皿目。下段左手から「ヒラメ・カツオ・エビ・タイ・帆立貝」。先程のオバちゃんがネタ名だけ言って走り去る。どこのどういう魚で、どうやって仕込んだか話してるのが羨ましい。

f:id:yuka_1:20211105182205j:plain

しかし、どれも手が込んでいるのが伝わります。ヒラメは柑橘っぽい感じがした。ホタテは細かく切れ目が入り、とっても柔らか。う、うまい...。ご飯にネタ乗っけました!ってのとは全然違う。

f:id:yuka_1:20211105182159j:plain

にしても、こんな美味しいお寿司屋さんに大学生を連れてくるなんて、なんて良い姉なのでしょう。自画自賛するのも無理はない。弟は高級寿司高級焼肉高級旅館も人のお金で楽しんでいます。羨ましい。

f:id:yuka_1:20211105182153j:plain

あら汁。姉の道楽に付き合うまま、ワインも「あ、これおいしー(高いブルゴーニュ)」「これはいらないかな(コンビニワイン)」と言ってのける弟。味がわかるのは良いことですが、ナマイキですね。

f:id:yuka_1:20211105182211j:plain

2皿目。下段左から「スズキ・赤身・タコ」。タコはそのアイデンティティを失ったかのようなサックリ食感。漬けも風味豊かでお酒が進む。

f:id:yuka_1:20211105182141j:plain

神棚があったり、カレンダーがお札のようにぺたぺたと貼りまくられていたり、実家感のある店内。いろんな取引先からカレンダーもらって、どれか1つに選べなくて、全部飾ることにしたんだろうな。優しいんだろうな、店主。

f:id:yuka_1:20211105182235j:plain

3皿目は炙りです。下段左手から「ホッキガイ・中トロ・ブリ」。ブリが脂身たっぷりでとても美味しい〜。入れ歯でも食べれるとろけ具合。中トロも同様。ホッキ貝は甘く感じた。

f:id:yuka_1:20211105182134j:plain

ちなみに弟は美味しいものをたくさん食べていますが、普段は食に無頓着のよう。いつも何食べてるの?と聞くと「ふりかけごはんかなー。あとキャベツ」とのこと。「家に何もない時は塩とか舐めてるよ。お腹いっぱいになる気がする」らしいです。何の修行?

f:id:yuka_1:20211105182122j:plain

4皿目。お腹がかなりいっぱいに。「シメサバ・イカ・アジ」。イカに乗せられるのは青唐辛子。シメサバは上にシートのようなものが乗っていますが説明なし。昆布?どれも味ついており、お醤油つけずにそのままいただきます。

f:id:yuka_1:20211105182116j:plain

最後のお皿「いくら・アナゴ」。ぶちぶちぶちっと弾ける立派なイクラちゃん。やっぱり普段から食べる機会の多い食材は「うまい/そうでもない」の判断がしやすい。ヒラメの良し悪しはそこまでわからないけれど、イクラは圧倒的に美味しく感じた。

f:id:yuka_1:20211105182110j:plain

LINE登録するとおまけでもらえるトロたく。腹16分目、惰性で食べるにはもったいない美味しさ。

f:id:yuka_1:20211105182104j:plain

サクッとお茶を飲んで退店。ふう満腹。ありがとーございましたーとか、そういうのはありませんでした。ショボリン。

金寿司(札幌)まとめ

評判違わず、ハイコスパ。こんなに食べてお会計は1.4万円でした。そりゃー人気ですわという気持ち。

しかし残念な気持ちが残ってしまうのは、やっぱり接客のオバちゃん。ファミレス店員の方がずっとマシなくらい雑。コート預かりとかもテーブル席(わたしたちだけ?)はなかったです。一方、大将たちはとても愛想良さそうでした。行くならぜひ、カウンターで。

クロスホテル札幌の宿泊記③hacheでの和朝食紹介

ブログを書くようになってから、ホテル滞在時は可能な限り朝食付きプランで予約するようになった。というわけで、クロスホテル札幌での朝食をご紹介です。前回記事はこちらから↓

コロナ前はビュッフェ形式だったようですが、現在はセットメニューでの提供でした。

>>一休からクロスホテル札幌を予約する

>>楽天トラベルからクロスホテル札幌を予約する

クロスホテル札幌の宿泊記 朝食

朝食会場は3Fです。hache(アッシュ)という名のレストラン、ランチ・ディナーでも営業している模様。レゴブロックで作られたみたいな真っ赤なピアノがパッと目を引く。

f:id:yuka_1:20211031165827j:plain

会場はこんな。45席とかなり広く、写真右手の方には窓際テーブルなどもあり。が、どのテーブルも片付けられておらず、渋々中央の席に移動。お客さんはそれほど多くなさそうなのに、散らかりまくって萎え萎えです。

f:id:yuka_1:20211031165840j:plain

朝食は和or洋の2択です。その場で選ぶのではなく、チェックイン時にどちらにするか問われます。そんなあ、明日朝に米が食べたいかパンが食べたいかなんて、明日朝になってみなきゃわからんぽよ...と思いつつ和を選択。こんな感じでメニューの紙を渡してくれます。かわええ〜。

f:id:yuka_1:20211031165846j:plain

到着。やっぱりスタッフ不足?すごく時間がかかりました。「納豆いらん」って言ったのに出てくるし...。が、おしゃれ!テーブルが黒いだけでなんだか映えるな。

f:id:yuka_1:20211031165851j:plain

真っ赤なコップはサラダが詰められていました。一手間加えてカポっとやります。和洋共通のようでした。ここのウリは「野菜ソムリエを持つシェフ」のようですが、コンビニの100円野菜と大きな違いはないような。

f:id:yuka_1:20211031165925j:plain

それから2皿目。ほっけと牛肉!お肉よりもジューシーなお魚でとっても満足。全体的な感想は「無難」って感じ。特にめちゃ旨!ってものがない。普通に食べると2,310円らしく、高く感じると思う。

f:id:yuka_1:20211031165907j:plain

あっでもデザートは良かった。デザートのみビュフェ制度で、こちらから選択できます。スタッフがいて取ってもらう形式。「ぜ〜んぶちょうだい!」と言いたいところでしたが、周りはビジネスおじさんばかり&食事を半分残していた後ろめたさで控えめに。

f:id:yuka_1:20211031165919j:plain

選ばれしスイーツたち。メロン、マスカットゼリー、ガトーショコラ。ゼリーもショコラも甘すぎず、おいしかったです。食後、周りのオジさんたちがコーヒーを注文していたのだけれど、それはサービスなのかしら。言えばもらえた?何かと説明不足で、難しい。

f:id:yuka_1:20211105200741j:plain

忙しそーだしササっと出ようと思います。見て見て、エレベーターの右上の「↑」マーク、プロジェクタで照らされてて、チカチカするの。かわいいポイント。

f:id:yuka_1:20211031165948j:plain

おまけ。フロント横にいた鹿。こう見るとカワイイが、野生の実物と対面すると、デカくて恐怖の対象なんだよな。

f:id:yuka_1:20211105182822j:plain

オコジョ。真っ白な動物ってそれだけで愛でられる気がする。シロクマもアザラシもウサギもそう。カバだって真っ白でフカフカだったら人気者になれるかもしれない。

f:id:yuka_1:20211031170058j:plain

フロント横にはこんな感じで動物アートがずらりです。

f:id:yuka_1:20211031170036j:plain

そのほか、購入可能なホテルセレクトグッズの販売も。気の迷いで手に取りそうになるので、遠目にパシャリ。

f:id:yuka_1:20211031170023j:plain

こだわるねえ!と思った自販機。クラリネット柄。この楽器、中学の時部活でやっていたのだけれど、好きじゃなかった。疲れる上に、移調楽器。絶対音感のわたしは訳がわからず発狂した。

f:id:yuka_1:20211031170045j:plain

次のホテルへと移動中、時計台を通過。青空に暖かい白が映えますね。「百葉箱じゃん」と言われてしまえば、それな、という感じなのですが、そんな悪いもんでもないと思う。

f:id:yuka_1:20211031170051j:plain

札幌ってほんと、程よい都会。札幌駅〜大通りの地下歩道とか、すごくピカピカでゆとりあって、本当に素敵。大きなデパートもたくさんあるし、美味しいものもたくさんあるし、ライブツアーだって札幌なら来てくれる。1年くらい住んでみたいな。

クロスホテル札幌の宿泊記 朝食 まとめ

ここ、HPの宣伝文句が「札幌・大通のスタイリッシュなホテル」なのですが、嘘偽りなし!クロスフロアとそれ以外のフロアの差額がそこまで大きくなかったので、ぜひクロスフロアへ宿泊を。アメニティにテンション上がるし、豆からコーヒー作る乙な自分を楽しめます。

>>一休からクロスホテル札幌を予約する

>>楽天トラベルからクロスホテル札幌を予約する

というわけで、しばらく北海道編が続きます。観光客も多くてなんだか嬉しかったなー。getting back to normal!