ユカログ

食レポ・旅行記を中心に発信します。

ユカログ

28歳・Travel Writer

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記②ディナー&朝食紹介

都内ワーケーションにて滞在したこちらのホテル。ディナーに朝食にと、かなり満喫してきました。前回記事はこちらから↓

>>一休からザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する
>>楽天トラベルからザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 ディナー

ディナーはホテル1Fに入居しているレストラン「Anchor」にていただきます。一休評価もなかなか高くて期待大。

ニコニコした感じの良い若いスタッフのお兄さんが「お好きな席へどうぞ♪」とご案内してくれました。平日の早い時間だったのでガラりん。奥まったこちらのお席を陣取ります。隅田川ビューのテラス席もなかなか素敵そうでした。

一休特典のロゼワイン。無料でいただけてありがたーい。机も広く、お料理が到着するまでお仕事です。

じゃん。「本日のパスタ」を選択です。今日は牛頰肉とチーズのパスタとのこと。トロリンと柔らかーく煮込まれたお肉が最高。麺ももちもち系で好みです。ちなみに注文時に「本日のパスタ、何すか?」と聞いたところ、「牛肉とチーズのパスタですが、お好みで多少アレンジも可能です!」とのことでした。

パンもセットで。割とソフトで酸味あるオリーブオイルがうまー。

さらに一休特典にて食後のコーヒーも無料でいただけました!空いてたので、食後そのまましばらくお仕事タイムです。

そろそろお部屋に戻ろうとお会計をお願いすると、「お部屋でもコーヒーいかがですか?」とのご提案。お願いするとカワイイカップにカワイイメッセージを書いていただけました。カワイイ女子大生みたいな子が手渡してくれてきゅん。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 ルーフトップバー

屋上には宿泊者が自由に使えるルーフトップバーがあるとのこと。マムのボトルがお出迎え。

こんな感じでかなり広々なくつろぎスペース。写真のもっと左手に屋内バーが併設されてます。平日17時につきお客さんは皆無。暇そうなバーテンが虚な目でこちらを見ていて写真を撮れず。

雷門店と同じくスカイツリービュー!距離はちょっとあるけどね。

陽が落ちればカップル御用達になるだろうなというソファもあり。スカイツリー眺めつつ、のんびりシャンパン飲むのも乙ですね。

そのほかオープンなソファもあり。左にスカイツリー、右には国技館を臨めます。雨降ったらどうすんだろ?

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 朝食

朝食はレストラン or お部屋でのお弁当を選べました。レストランの場合はエッグベネディクト or フレンチトースト or スモーブローから選択可。なるべく長く寝たいわたしはもちろんお弁当を選択です。

指定時刻になると↑の立派なボックスが届けられます。開けるとこんな!すごくない!?なんてゴージャスな弁当なんだ。伊勢丹で3,300円で売られてそう。

ドリンクはコーヒーとオレンジジュースをお願いです。冷たいものは冷たく、温かいもの(トーストとかウインナーとか)は温かく感動。

フルーツも底までぎっしり。いつも朝ごはんはコーヒーなので、だんだん苦しくなってくるほど。

溢れ出る卵サンド。3種あったサンドウィッチは食べきれず、お持ち帰りです。もうムリと思うくらいに超お腹いっぱいになるのを幸せと感じます。アンサスティナブル。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 まとめ

というわけで、部屋もレストランも朝食も全ておすすめです。雷門店で見切りつけなくてよかったー。もし今後、雷門付近に宿泊する必要がある場合、雷門のゲートホテルではなくちょっと足を伸ばして両国のゲートホテルに泊まると思う。

>>一休からザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する
>>楽天トラベルからザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する

ゲートホテルはあとは東京駅と京都にあるみたい。両方評価高いみたいだし、次は東京駅店に行ってみようかしら。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記①エッセンシャルダブル部屋紹介

系列店のザ・ゲートホテル雷門、部屋のダークネスさにウーンとなったものの、一休評価のあまりの高さに惹かれて懲りずにこちらの両国店を予約です。結果、大正解!!!部屋は広くて明るくて、朝食も超ハイクオリティでした。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICとは

国技館すぐ近くのホテルです。

  • 一休評価4.72 (2022年9月)
  • 両国駅から徒歩3分、全126室
  • 今回はエッセンシャルダブルルームを1名利用
  • 1泊1名朝食付13,817円


一休ダイヤモンド会員特典は以下。

  • コーヒー無料提供
  • ザ・ゲートホテルオリジナル ロゼスパークリングワイン
  • ウェルカムチョコレート盛り合わせ


素泊まりなら2名8,000円台から宿泊可。でも朝ご飯おいしーから食べるべき。

>>一休からザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する
>>楽天トラベルからザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 チェックイン

ロビーは2F。ファーストフロアはご覧の通り丸ごとエレベーターホールです。

カウンターにてチャチャっと手続きして、お部屋へGO。フロントのある2Fにはレストランがあったり、最上階にはルーフトップバーがあったりするのですが、その様子はまた次回。宿泊フロアはこちら8Fです。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 エッセンシャルダブル部屋紹介 

お部屋を開けるとこんな!「え、広っ!」と思わず声を上げました。両国店の狭苦しさが記憶に新しいため、余計にびっくり。

じゃーん。 24㎡らしいのですが、もっとある感じがする。ヨガも余裕でできました。タップダンス、フラダンスくらいなら余裕でできそう。ブレイクダンスはややキツイか。とにかく1人じゃもったいないくらいの広さです。

壁紙は白いに尽きる。清潔感はホテルの最優先事項です。

景色はこちら!ちょっと前に伺ったナベノイズムを思い出す隅田川ビュー。ちなみにこのタイプの客室、両国国技館側と隅田川側の両方にお部屋があります。なので事前に「できれば隅田川側で!」とリクエストを送っておきました。叶えてもらえてありがたい限り。

窓側からお部屋を見るとこんな感じ。広いよね??

ベッド脇はこんな感じ。充電コードが充実してるのがありがたーい。もちろん持ってきてるんだけど、出すのめんどくさいんだよ。忘れて帰るし。

反対側はこんな感じ。スイッチひとつで部屋中の電気を操れます。

空気清浄機はお馴染みシャープのプラズマクラスター

ベッド前にはテレビが埋め込まれ、その前にミニテーブル。テレビはVODやらYouTubeやら見たりミラーリングできたりする便利なやつでした。DIIVを観たよ!

エルメスカラーなこちらの箱は、一級特典ウェルカムギフト。

じゃーん。チョコレートアソートです。マカロン、ガトーショコラ、生チョコと豪華で嬉しい。製造元未記載でしたが、ホテルで作ってるのかな。美味しかったです。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 ミニバー

テレビコーナーの横がミニバー&クローゼット。

常温のお水が2本とネスプレッソ4カプセル。ダイヤモンド特典でレストランにて美味しいコーヒーを無料でいただけるので、消費せず。

冷蔵庫は空っぽです。

カップはこんな。必要最低限という感じです。

その下の引き出しにはポッド&アイスペール。

一番下の段は丸ごと金庫。

クローゼットはこんな感じ、ハンガー、スリッパ、消臭スプレー、荷物置き。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 バスルーム

お風呂場はこんな感じ。洗面・トイレ・お風呂と全部独立ですサイコー。

洗面台はこんな感じ。機能的です。

ゲート(門)柄タオルが可愛い。海外のお客さん、これが漢字だってわかんないだろーな。

アメニティはこちら。歯ブラシやブラシのほか、バスソルトとハンドクリームがありますが、基礎化粧品はありませんでした。言ったらくれるのかな?

ドライヤーはこちら。コードがすげーキチッと巻かれてて気持ちが良いです。新品みたい。

お風呂はこんな感じのダブルシャワー。椅子・桶完備のジャパニーズスタイル。

シャンプー類は系列店同様、備え付けのオリジナル。前回も思いましたが、やっぱりパサみがやや気になる・・・

お手洗いはこんな感じ。バスルームコーナーにドアがありますが、洗面所とトイレは筒抜けです。まぁ1人宿泊なのでドアなんていらないんですが。

ザ・ゲートホテル両国 by HULICの宿泊記 部屋紹介 まとめ

というわけで広くてキレーなお部屋に大満足でございました。雷門店とは全然違うホテルと感じます。

>>一休からザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する
>>楽天トラベルからザ・ゲートホテル両国 by HULICを予約する

今回はディナーも朝食もホテルで頂いたので、次回はその様子をご紹介。

パークホテル東京の宿泊記。アートを楽しむクイーンルーム&朝食紹介

またも1人で東京宿泊。実はたーちゃんがタイ出張へ行っていたのです。だったらこっちもワーケーションしたろ!と思い、津々浦々、行きたいホテルリストを消化している次第です。いいご身分ですこと。

パークホテル東京とは

汐留のホテルです。

  • 一休評価4.32 (2022年9月)
  • 汐留駅直結、全 270室
  • 今回はシングルルームを予約→クイーンにUG
  • 1名1泊朝食付13,448円


一休ダイヤモンド特典は以下。手厚い!

  • アーリーチェックイン1時間 
  • レイトチェックアウト2時間
  • お部屋の無料アップグレード

>>一休からパークホテル東京を予約する
>>楽天トラベルからパークホテル東京を予約する

パークホテル東京の宿泊記 チェックイン

ロビーが25階のこちらのホテル。駅直結のビルからエレベーターに乗り込みます。

前泊地のレイトチェックアウトが十分に利用できなかったため、13時前という気が早すぎる時間に到着。手続きだけして、お部屋できるまでここのロビーで仕事してよ...と思ってたのですが「お部屋できてるので、早いですがお入りください」とのお言葉!

というわけで通常15時チェックインのところ13時にお部屋入れていただけました。ええーんありがとうございます!神!評価爆上がりでございます。ちなみにロビーからは東京タワーがバッチリです。

こちらが今回の宿泊フロアの32F、エレベーターホール。見ての通り美術館な雰囲気です。

吹き抜けでぐるっとお部屋が設置される感じ。そして廊下には絵画がズラーっと並びます。構造と重厚感がTHE BASICS FUKUOKAを彷彿させる。

絵画はフロアによってテーマが異なるらしく。9フロアにわたって計400点以上が展示されてるらしいです。

わたしのお気に入りアートは最後に紹介。まずはお部屋に入りましょー。

パークホテル東京の宿泊記 クイーンルーム 部屋紹介

3227号室なり。なんとなくだけど、早い時間に行ったほうが上のフロアにアサインしてもらえる確率が上がる感じがする。上の部屋から清掃してんのかな。

じゃーん。22㎡と広くはないものの、シンプルで解放感溢れます。

一人用ソファもどーん。硬めで居心地良い。ここで体育座りしてオンライン英会話受講しました。ちゃんと続けててエラい。

パークホテル東京の宿泊記 クイーンルーム 景色

しかしこの週は忙しかった。日々やってくる締め切りをハードル選手のようにヒョイヒョイ飛び越えました。やっぱりエラい、お疲れ様!ミニボトルをぐび、ぐび、ぐび〜。

昼は無機質なビルビューですが、夜になると途端に幻想的に。なんの橋かわかりませんが、青いラインがキレーに浮かぶ。

もう一つ、カーテンがボルドーなのも素敵ポイント。まるで演劇場のカーテンみたいじゃない?

パークホテル東京の宿泊記 クイーンルーム ベッドルーム

壁紙は大ぶりなお花柄。蓮?さすがアートホテルです。

ベッドの向かいはこんな感じ。お仕事するにピッタリ机。デスクライトも完備で◎

引き出しはパンフ類。THANNのスパが入居してるらしいです。後に紹介しますがアメニティももちろんTHANN。

パジャマはこちら。ブルーのセパレートだった気がします。

玄関横にクローゼット。部屋に対して広く感じる。場所柄ビジネス長期滞在者も多いのかしら。

パークホテル東京の宿泊記 クイーンルーム ミニバー

ミニバーはお部屋の隅に。この配置珍しい気がするね。

紅茶、緑茶、コーヒーが2パックずつ。

グラス系は2種類。必要十分でございます。

お水はエコな紙パック。輸入品みたいに見えますがJAPANって書いてる。初めて見た。

パークホテル東京の宿泊記 クイーンルーム バスルーム

バスルームはこちら。唯一ウーンと思う点は、バストイレセパレートじゃないところ。慣れれば平気なのですが、どーしてもユニットバスでシャワーしても体が綺麗になった感じがしない。うんこエキスが混ざった空気でリラックスできない。

しかしこちらのお風呂は30cm先がトイレだとは思わせない清潔さ。シャワーで済ませてしまいましたが。

アメニティはこちら。THANNが輝いて見えますな。

1名宿泊でも2名分置かれててサービス◎もちろんお持ち帰りさせていただきました。

ハンドソープもTHANNなり。大ボトル。

撓りがかわい〜。何柄なのでしょうか。ゴルフティー

ドライヤーはこちらなり。所有したことはないけれど、人生で100回くらい使ってる気がする。

パークホテル東京の宿泊記 館内アート

せっかくなので、ちょっと館内をお散歩しました。一番目立つのはこちらのでっかい旗みたいな絵画。投影されてるらしく、時間によって変わるのです。この時間は夏の美白美女。

ステンドグラスみたいでカワイイ♡と思った竜。おに?

少女漫画の表紙みたい。と思いきやその下にはサーファーみたいな絵があったりと、脈絡なく並んでるよーに見えます。

好みすぎる絵。色合いと右の子の表情が良〜。「は?なんで怒ってるかわかんない?自分の胸に手を当てて聞いてみな」って言ってる。私のよう。

夜のロビー。人も少なく、スタッフもいい感じに放っておいてくれるので、自由にくつろげそうな雰囲気です。

パークホテル東京の宿泊記 朝食

朝食会場はこんな感じ。バシッとスーツを着たスタッフさんが接客してくれます。

カフェラテでお腹のおめめを覚まします。カップが素敵で思わず接写。

エッグベネディクト or アメリカンブレックファストから選択可能で、前者をチョイス。まずはセットのコーンスープ。

程なくメインが到着です。正直、写真を見る限りそんな期待はしてなかったのですが立派で嬉しい。逆詐欺や。むっちりエビが数尾、そしてもう一方には甘め卵としょっぱいベーコンの良コンビ。

ジュースとフルーツ、ヨーグルトもいただけて、すっかりお腹いっぱいです。

パークホテル東京の宿泊記 まとめ

ダイヤモンド特典のレイトチェックアウトを適用し、14時にのんびりチェックアウト。25時間も滞在させてもらいました。とにかくコスパが良いと思う。
景色&アートを踏まえると価格低すぎなのでは??と思うほど。

>>一休からパークホテル東京を予約する
>>楽天トラベルからパークホテル東京を予約する

このホテル、蜷川有紀など色んなアーティストが壁中に絵を描いた「アーティストルーム」というものがあります。人の正気を感じそうだけど、次はそっちに泊まりたい。

キンプトン新宿東京の宿泊記②カクテルタイム&ディナー&朝食紹介

ここのホテル、クラブフロアの設定はありませんが17時から1時間、お酒とフィンガーフードが振る舞われる「カクテルタイム」が開かれます。レストランは館内2ヶ所。どっちもいい感じに映えて、いい感じに美味しかったです。

>>一休からキンプトン新宿東京を予約する
>>楽天トラベルからキンプトン新宿東京を予約する

キンプトン新宿東京の宿泊記 カクテルタイム

会場は16Fの宴会場みたいなところでした。こんな感じでドリンクがずらり。ジュース3種、自然派っぽいワイン3種。欲しいものを言うと注いでくれます。

フードはこんな。小規模ですがあるだけ嬉しい。別料金のラウンジとかじゃないもんね。

女性1人客は見渡す限りわたし1人。それを気遣ってかスタッフの方が色々話しかけてくださいました。そしてパソコン持ち込んでるのを見て、奥の方のこぢんまりした席へご案内いただく。

さらに「チャペルあるんですが、よければご覧になりますか?」とご提案まで。写真も撮ってくれました。「ここ、コナンの映画の舞台になったんですよ〜。観ました?え、観てない?僕も観てないんすよね〜w」。心地の良いフレンドリーさです。

小さなテラスもあって、立ち飲みであればそこでお酒をいただくこともできます。秋のお空が綺麗です。

昼と夕方の境目みたいな絶妙な空色!しかし1人で立ち飲みも気まずく、写真を撮って退散です。ちなみにカクテルタイムは17時〜18時の1時間。おかわりはし放題です。私はロゼと白をいただきました。

キンプトン新宿東京の宿泊記 The Jones Cafe Bar

続いてやってきたのは1Fのカフェバー「The Jones Cafe Bar」。一休特典の2,000円を使ってディナーをいただく作戦です。

こんな感じで雰囲気◎。平日夜につきお客さんは少なめ。
私の隣に座ってた、内定出た4男×2女みたいな男女の会話があまりに地獄のミサワでゾワゾワした。

「おれ昔から目立っちゃってさー、なんかインターンの時から目つけて貰ってたみたいで、アッサリ内定出ちゃった」「え〜やっぱすごいですね♡」「てかバイトも忙しくて。実は昨日もオールなんだよね(笑)今日もてっぺんかなー」「寝てくださいよォ」こんな奴、本当にいるんだと感動した。女の子、無料ホステスしなくてええんやで。

会話のレベルが高すぎて、お仕事進まなそうなのでそっとイヤホンを差し込みます。オーダーしたのはこちらのリースリング。なみなみ注いでくれて気前良し。

ご飯はこちら。1,400円くらいなのが半額になってました。この時間、残ってる軽食系は全部半額みたいでした。アボカドとエビのサンドウィッチ。あったかくってめちゃうまです。

お仕事しながら3時間ほどかけてチンタラ食べるとお腹いっぱいに。合計1,800円くらい。2,000円クレジットをうまく使えてご満悦。

キンプトン新宿東京の宿泊記 朝食

今回は朝食付きプランでのご予約でした。こんな感じで左列からメインを、右列からドリンクを選びます。ドリンクはおかわりし放題。

会場は2Fの「District」。空間を贅沢に使う感じと自然が溢れる感じがアメリカっぽーい。

まずはコーヒーとお目覚めのジュース。目覚しジューは3種類から選択可能でした。

こちらはどれを選んでも付いてくるシリアル。後ほど牛乳かけてもらえます。ココナッツが甘うめー。

こちらも問答無用でついてくるフルーツ。わたしキウイが食べ物の中で唯一嫌いなのですが、別に残せば良いと思いレストランでは「苦手なものはないです(キッパリ)」と宣誓する。しかし事前に申告すれば地球上で破棄されてしまうキウイを減らせるのかしら...それは私の生涯でキウイ15個分くらいにはなるのでは...と思い始めている。多分申告しないけど。

パン。全部で5種類です。フツーに無理だろこれ完食するの、と思う。ホイップバターは美味しかったものの、クロワッサンのみいただきギブ。

サラダも自動的に付いてきます。ちなみに朝食会場も犬だらけでした。みんな金持ちの家の犬って感じで品が良かったです。見た目が良い。

メインはこちら、蕎麦粉ガレット!ふわふわチーズが美味しそ〜。

とろりん。写真撮りそびれですが、中に甘く炒められた玉ねぎやベーコン、ほうれん草などが入っててボリュームありあり。

おかわりで紅茶もいただきました。一番人気と書かれていた「ホットシナモンスパイス」。名前から想像できる味そのままです。好き。

パンは食べきれないのでお包みしてもらいました。しかし、なんでパンって冷えると急激に旨味が消えるんだろう。蒸発してる?

12時までのレイトチェックアウトを堪能して、ゆっくりお腹を休めました。

キンプトン新宿東京の宿泊記 まとめ

雰囲気も食事も接客もバランスの良いホテルですね。高級ホテルほど気張らないけど、全部平均以上に良い。この価格ならまたぜひ泊まりたい。

>>一休からキンプトン新宿東京を予約する
>>楽天トラベルからキンプトン新宿東京を予約する

デザインなどは若い人向けという気がしましたが、客層は40代以上が多かったように感じました。犬を飼えるくらいの資産を形成している人が来るのでしょうかね。来世もし犬になったら、ここに泊まりに来れるくらいの家に飼われてえなと思いました。

キンプトン新宿東京の宿泊記①エッセンシャルルームキング部屋紹介

日本で唯一のキンプトン。泊まってみたいリストの上位にあったのですが、なかなか高額。しかしある日一休から「朝食付き2万以下」というワンダフル価格のメルマガをいただき、即予約。やったね!

キンプトン新宿東京とは

都庁の近くのホテルです。

  • 一休評価4.42(2022年9月)
  • 都庁前から徒歩3分、全151室
  • 今回はエッセンシャルルームキングを1人利用
  • 1名1泊朝食付き19,250円


一休ダイヤモンド会員特典は以下。

  • レイトチェックアウト13:00まで (通常11:00)
  • 館内レストラン・テイクアウト商品で利用可能なクレジット3,000円分 


新宿駅から遠いんですが、平日ならタクシー代キャッシュバックしてくれるらしいです。私はノコノコ歩きましたが。今知ったよ、こんなサービス。

>>一休からキンプトン新宿東京を予約する
>>楽天トラベルからキンプトン新宿東京を予約する

キンプトン新宿東京の宿泊記 部屋紹介

重いドア(物理的に)を開けて、15時過ぎにチェックイン。バーカウンターみたいな高い椅子に座りながらご案内いただきました。フロントとカフェが繋がっているのですが、どちらも犬だらけでびっくりした。全室犬OKがここのウリらしい。

一休特典に13時までのレイトチェックアウトがあるのですが、次の予約があるという理由で12時まででよろしいですか、とのこと。よろしいですが、しょぼりんです。トボトボお部屋へ向かいましょう。エレベーターホールは割と地味。

というわけで早速お部屋をご紹介。28㎡らしいですが広く感じます。白いから?

洗面台のミラーでなんとなーく部屋を仕切る、ハイアットリージェンシー横浜とかに似た構造。キャリーバッグは部屋まで運んでもらえます。

洗面台の向こうに立つとこんな感じ。広く見えるよね?

昨夜とあんまり変わらない、THE新宿ビューでございます。

コイルみたいな電気がかわええ。タッチパネルではご飯や追加アメニティ注文できます。基礎化粧品とお水の追加をオーダーしました。両方無料。

窓から見るとこんな感じ。洗面台の鏡は、両面ミラーとなってるのです。

一つだけ困ったことが、お仕事用デスクがないこと。この頼りない丸テーブルしかなくて、しかも立て付け悪く文字打つ度にガタガタガタ。結局、1Fレストランに引きこもり仕事してました。

反対側のベッドサイドにもコイル電灯。よく見て、吊るされてるんだよ、可愛くない??

スピーカー。未来のペットみたい。そう思うと急激に気持ち悪く見える。これが意思を持って懐いてきたら嫌だ。

ハードケースに収納されたリモコン。時計のみ、お部屋のテイストと異なる感じ。カワイイけれど。

俯瞰で見るとこんな感じです。

ベッドに置かれたプレゼントは、アルコールセット。手をつけず。

キンプトン新宿東京の宿泊記 ミニバー

テレビおよびミニバーはこちら。バイカラーチェスト、カッケーです。

お水、お茶、ネスプレッソ。お水はタブレットで追加すればいくらでも持ってきてくれるみたいでした。私はカバのようにガブガブ水を飲むのでありがたい。瓶入りでエコ志向。

左のパックは緑茶、右のカップには砂糖とミルクが入ってました。

ウェルカムお菓子はこちら。Fat Witch Bakeryというお店とのコラボブラウニー。アメリカのお菓子って感じの甘さ。カロリーがすごくて(200kalくらい)気絶しました。

冷蔵庫内はこんな。持ち込み品入れるスペースないくらいビシーっと並んでます。

無料ネスプレッソは4カプセル。そのほかお菓子は有料でしょう。

2段目引き出しは豊富なカップ類、そして急須。このあたり、高級ホテルだなーと思う。

お隣の引き出しは丸ごと金庫。

パジャマ&アイロン。アイロンまでスタイリッシュ。どこのなんだろ。

お隣はこんな感じのクローゼットとなっております。バスローブが白くなくてカワイイ。クロゼットの奥の壁含め、やたら鏡の多い部屋でした。とても良い。

玄関横にもミニクローゼット。こんな感じで浴衣・ヨガマット・傘・スリッパ・昔のユニクロみたいな絵画が綺麗にセットされてます。

浴衣と同じ柄のセンスも。エアコンあるし使う人いんのかな。写真用かも。

キンプトン新宿東京の宿泊記 バスルーム

バスルームはこちら。すたいりっしゅ〜。

テーブルにポンと置かれたベイシンがカワイイ。

アメニティは引き出しにぎっしり。手前にあるのは固形石鹸とボディクリーム。ハンドソープ、シャンプーなど全部同じブランドでした。

シャワーキャップの下には立派な刺繍セットまでありました。

こちらは電話して持ってきていただいた基礎化粧品。洗顔・化粧水・クリームは2包ずつで朝晩使えます◎

ドライヤーはカワイイ袋に入ってた。テスコムです。

体重計があったのですが、どーやっても使い方がわからず。犬用なんか???

お風呂はこんな。コンクリートカラーです。この感じの電気(コーブ照明というらしい)、風呂場で見るの初めてかも。

帯のような水の流れがあまりに美しく。

シャンプーはこちら。「MALIN+GOETZ」が作ったキンプトンオリジナルブランド。シャンプーは烏龍茶、コンディショナーはゼラニウム、ボディソープはマンダリンの香りとのことですが、全部すげー爽やかな柑橘に感じた。烏龍茶ってほんと??

下に丸い容器はバスソルト。1回分くらいの量が入ってました。

キンプトン新宿東京の宿泊記 部屋紹介 まとめ

という感じで洗練されたお部屋でございました。あとは仕事デスクがあれば完璧です。

>>一休からキンプトン新宿東京を予約する
>>楽天トラベルからキンプトン新宿東京を予約する

このホテル、クラブフロアはないのですが、全員参加可能なカクテルタイムがありました。次回はその様子とカフェでのディナー、そしてアメリカンな朝食をご紹介。

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記。ビジホを超えたビジホです

1人で新宿に宿泊です。選んだホテルは一休ビジホカテゴリの中でやたらと評価の高かった、こちら。高評価も納得のサービスでした。1泊7,000円なのにドライヤーがReFaなんだよ。すごくね?

ダイワロイネットホテル西新宿とは

新宿にあるホテルです。

  • 一休評価4.65(2022年9月)
  • 西新宿駅から徒歩5分、全280室
  • 今回はスタンダードダブルを1名利用
  • 1泊1名素泊まり7,102円


オフィス街ど真ん中、新宿駅からはちょっと歩きます。

>>一休からダイワロイネットホテル西新宿を予約する
>>楽天トラベルからダイワロイネットホテル西新宿を予約する

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記 チェックイン

ロビーまでのアプローチはこんな。オフィスビルっぽいけど高級感ある。

ロビーはこんな感じでくつろぎスペースも。東京の観光ブックがたくさんありました。平日17時前でしたが2,3人の待ちが出来てて、人気な模様。オフィス街だしね。

嬉しかったポイントその1、充実しすぎなアメニティバー。入浴剤3種、基礎化粧品はもちろん、マウスウォッシュやヘアオイルまであります!太っ腹〜!ヒュー!

コーヒー紅茶もここで持ってくシステム。コーヒーはダイワロイネットホテルと印字してありました。

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記 部屋紹介

さてお部屋です。4Fの喫煙ルーム!間違って喫煙ルームにしてしまったのです!チェックイン時にその旨伝えると「禁煙ルームが空きがなくて、1,000円追加でアップグレードすれば広めの禁煙ルームに案内可」とご案内いただけました。なのに何故かケチって「じゃー大丈夫ですー」と言ってしまった。部屋に入って後悔、こんな臭いんか。

お部屋はこんな。21㎡。心なしか煙でモクモクしてるように見える。完全に気のせいですが。空気清浄機フルフルにして一晩過ごしました。

まあ間違って喫煙ルームにしたのは10000億%こちらの責任であり、部屋の設備は完全に満足。だって見てよ、マッサージ機あるんだよすごくない?嬉しいポイントその2です。ビジホカテゴリでこんなの初めて見た。

景色はこんな。新宿ビューですね。みんなカーテン閉めてるからか、景色見てると通行人と目が合います。やぁこんにちは。

窓から部屋を見るとこんな。テンション上がらんTheビジホですね。しかしブラウザ閉じるのは待ってくれ、風呂がすごかったんやここは。

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記 デスクまわり

デスクはこんな。やっぱりビジネス客が多いからか椅子がパソコンする人仕様で大変良い。腰も背中も痛みません。

デスクライトも完備です。

ちなみにいただいたアメニティはこちら。欲張りすぎた...けど入浴剤以外は使い切りました。その辺のDHCの基礎化粧品を有料提供するケチケチホテルは見習うべき。

1名宿泊にも関わらずお水は2本!けっこう嬉しい。

ベッド横にテレビです。その横が無休で働かされた空気清浄機。

引き出しにはこちら、洗濯袋と大きめ手鏡!お化粧するときに大変ありがたい。

パジャマはさくさく素材の上下セパレート。

隣のドアにポッド&アイスペール。

コップたち。なんでこんなにブレたの?消えそうじゃん。

冷蔵庫は空っぽです。

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記 バスルーム

バスルームは玄関横です。立派なアイロン台があるのもスーツの人には嬉しいでしょう

廊下の壁がクローゼットになってます。割と広々。

そんでこちらがバスルーム!右手がお風呂で、きっちりセパレートタイプです。

アメニティはこんな感じ、必要最低限。それ以上のものはロビーでたっぷりいただけるもんね。

タオル類は棚の下に。

嬉しいポイントその3、見て!!!ドライヤーがReFa!すごくない?3万円くらいするイイやつです。この値段のホテルならパナソニックの3,000円のやつって思うじゃん。値段も嬉しさも10倍や。

嬉しすぎて光ったバージョンも撮っちゃった。メカメカしくて好みです。

お風呂はこんな。なんか写真が狭く見えるかもですが、足伸ばしてちょうど届くくらいの広さでした。

シャンプーはこちら。トリプルCというもの。ペリカン石鹸らしいです。

浴室にも嬉しいポイントがあるのよ...シャワーヘッドまでReFaなのです!なにこのこだわり!感動!これも3万円くらいするやつ。ミストにして顔にかけるとそれはそれは気持ちよく。朝洗顔もわざわざこれ使いました。

今回は素泊まりプランにて予約。次の予定まで時間が空いてしまい、2F「カフェテラスロイ」にてブランチ。ご飯いただきつつ4時間くらい仕事させてもらいましたが、Wi-Fi早いしいい感じに放っておいてくれて快適でした。

「エビとサーモンのドリア」。上のサラダ・コーヒー・スープがついて1,200円です。大満足。

ダイワロイネットホテル西新宿の宿泊記 まとめ

というわけで、嬉しいギャップがありまくりのホテルでした。「まじで全室ReFa置いてんの?」と思い調べてみると、「レディースルーム」はReFa仕様らしい。しかしHP見る限り喫煙女性ルームは存在せず、また私は「スタンダードダブル」を予約したのでどうなってんだろ。

>>一休からダイワロイネットホテル西新宿を予約する
>>楽天トラベルからダイワロイネットホテル西新宿を予約する

確実にReFaドライヤーが良い人はレディースルームが良いかもです。まあそれ抜きにしても価格に対して満足度が異様に高いホテルでした。

麺屋yoshiki(新小岩)に行ってきた。トリュフの乗った鴨出汁つけ麺

ローソンでカップ麺が売ってる「麺屋一燈」。そこで働いてた人が独立して出したというラーメン屋さんです。場所も一燈のすぐ側、徒歩30秒くらい。食べログで見た端正なビジュがあまりに美味しそうで、平日夕方にたーちゃんと訪問です。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)とは

新小岩のラーメン屋さんです。


「割と並ぶ」との評判を目にしますが、平日のオープン18時ちょうどに伺ったところ、1回転目で入れました。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)で食べたもの

メニューはこんな。左下の赤字で「トリュフ付」「キャビア付」って書いてるのが名物らしい。そーゆー言葉に弱い私たちはまんまと1,500円もする高級ラーメンをそれぞれオーダー。数量限定らしいです。

食券を提示すると「つけ蕎麦だと20分くらいお時間頂戴します」とのこと。だから行列が出来やすいのかな。全然構いませんよー、と席につくといろんなトロフィー。Japan Menu Awardって初めてみた。調べると店を表彰するんじゃなくて、「この店のこの料理!」ってのを表彰するらしい。皿で勝負という感じが良いですね。

20分の待ち時間を持て余し、空港価格なスーパードライ(350円)。すぐそこのコンビニで買えば半額以下なのに...との思いが拭えないけど我慢もできない。てかスーパードライ、パッケージ変わったんですね。ノンアルみたいに見える。

じゃーん。20分待って登場した「特製鴨出汁つけ蕎麦(塩)」。「まずは麺だけで食べてください」との指示書きがあります。第一印象も一口目の印象も「パスタ!」でした。豆乳とか生クリームとかそんな感じ。

トッピングは鴨のチャーシュー4枚、卵、ネギ、春菊、メンマ、レモン。鴨がレアな感じでかなり好み。ビール注文してよかったと心から思う。

麺はこんな。太麺ストレート、上に乗るのは白トリュフ?しっとり柔らかでした。写真で伝わるかわかりませんが、ボリューミーすぎる。後半、レモンしぼったり味変を試みるも、それでも多い。

鴨出汁スープは奥行きがありつつ上品。しかしたっぷりクリームソースに絡めた麺を投入すると鼻も口もバグってしまい、鴨感は遠のく。それはそれで美味しいんだけど、後半は何食べてんのかわからん感が押し寄せてきた。

こちらがたーちゃんの「特製鴨出汁つけ蕎麦(醤油)」。同じく1,500円!こちらはキャビアと桜エビが乗っています。透き通るスープが美しい。左下のは別途注文したリゾットです。

キャビアはポロポロとスープにこぼれ落ちてしまうのですくい食べるのが大変そーでした。一口いただきましたが、完食するとなるとこっちの方が好みかも。エビが良い風味を出してます。

そういえば店員さん、ワンオペだからか、すげー疲れた様子でした。まだ1回転目なのに大丈夫かいな。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki新小岩)まとめ

なんだかはっきりしない感想をつらつら書いてしまいましたが、まぁなんだかはっきりしない食後感でした。一口目は美味しいし、超お腹いっぱいにもなる。しかし1回行ければ良いっちゃ良い。というかつけ麺を普段食べなさすぎて、経験からの批評ができない。お茶を濁して締めとしましょう。